てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


★9月16,17日土佐高知、トーク&ライブツアー★

詳細、お申込みはこちらから。間もなく【早割終了】





●レムリアの愛×シャスタの龍【W】ヒーリング●

詳細はこちらから。限定特典間もなく終了です。




高崎神社、水の収めと火の収め

�B-L--�B (1)

ちょっと前のことになりますが、淡路島、伊弉諾神宮(いざなぎじんぐう)
湯立神事が行われていたタイミングで、私は淡路には行かずに上州群馬高崎に
いました。

街中(まちなか)を歩きながら、ふとMAPを見ると、すぐ近くに高崎神社が
あるとのこと。

神社を目当てで来た訳でもなく、たまたまの偶然。ちょっと立ち寄ってみます。

ただいつもながら偶然の恐ろしさと言うのは、本当に偶然はないと思わされるほど
必然的な意味づけがなされたり、不思議なご縁に導かれたりします。

それは、後々になってからわかる、なんてこともしばしばです。

ここ高崎神社もそんなこんなで、偶然訪れることになりました。

神明鳥居に導かれて拝殿に近づくと、この神社の祭神が伊邪那美命(伊弉冉大神)で
あることがわかりました。

高崎神社ホームページ

奇しくも、淡路島では伊弉諾大神(=伊邪那岐命)の祀られる神宮で神事が行われ
そのタイミングで、伊邪那美命(伊弉冉大神)と出会うことになろうとは。

もともと、淡路は水の神事、上州群馬は、日本で一番暑くなる地域ですので
火の神事というインスピレーションがありましたが、それがここで具現化したのです。

高崎神社は正直なところ、境内の造りやバランスは、鳥居や拝殿の造りも含め変則的で、
ちょっといびつな感じになっています。

しかし。。。

�B-L--�B (2)

鳥居をくぐり、手水でお浄めし、拝殿に向かい、心をひとつにするととても柔らかな
ご神気がしんしんと伝わってきます。

写真からでも少しはそのエネルギーが伝わりますでしょうか。

上の写真を5秒くらい見つめてください。

�B-L--�B

拝殿の中は、外から見るのとはまったく違い、やはりご神気が満ち満ちた
神聖な雰囲気が伝わってきます。

淡路では水の収め、高崎では火の収め、奇しくも伊弉諾大神(伊邪那岐命)
伊弉冉大神(伊邪那美命)という国産みの大神の神社がそれぞれの役割を
果たしたのです。


もう高崎に行くことはありませんが、というより、なぜ私が高崎に行くことに
なったのかも含めて、出だしから不思議な流れです。


実は、高崎には、2010年に一緒に富士山に登った友人がいます。
富士山で地上3000mの、あの光の扇を私と一緒に見た男性です。


この日の前日、せっかく高崎を訪れるので、軽く直会(なおらい)でもやろうかと
その友人に声をかけました。

その友人は「明日は埼玉の川越まで仕事だから、帰りが遅くなるかもしれない」
と言いました。

こりゃ、難しそうだな。。。

ま、無理ならしょうがないし、必要なら出会えると思い、あまり過度な期待は
しなかったのですが、なるようにしかならないと言う持論の元、その日を迎えました。


すると、その日、友人は埼玉に向かったのですが、高速に乗ると急に雨が降ってきて
仕事ができないので今日は休みにして引き返してきた、というのです。

そんなこんなで夕方からじっくり時間をかけて、高崎で、直会を行いました。

その後、泊まらずに横浜まで帰ったのって、ちょっとすごいです?笑

日帰り上州群馬、です。それにしても気温37度くらいあって暑かったです。笑


※ちなみに直会(なおらい)とは、神様のご神饌を頂きながら、神様と一緒に
 弥栄なお食事をさせて頂くことです。簡単に言えば飲み会なんですが。笑


※伊弉諾神宮では、伊弉諾大神、伊弉冉大神 と表現されています。
 高崎神社では、伊邪那岐命、伊邪那美命 と表現されていますので、
 本文中では、それぞれの表現に合わせて両方記載しています。


では、今日はこの辺で。^^



あ、高崎と言えば、これです。

結婚式のお祝いやプレゼントに!寄せ書きにも!



上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」更新しました。

■9月、10月、11月の朔弦望(今回の新月は!!!)
■9月の太陽系惑星配列

■911と916の持つ意味は(その暗号を解く)
■地震に注意の報、秋から冬にかけて

■火山と滝に隠された秘密と、祈りとは
■木花咲耶姫と瀬織津姫あらわる
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはここから


★てんごく。さんのスピリチュアル最新情報(メールマガジン)

メルマガ配信は不定期、おもにこのブログと上位版ブログの更新情報や、
その時々の情報などをお届けしています。

右のサイドバー上部の申込みフォームから、ご登録ください。
登録は無料です。

登録後1分以内にメルマガが届かない場合は、アドレス入力を間違えている
可能性がありますので、今一度正しいアドレスを入力お願いします。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:神社仏閣 - ジャンル:学問・文化・芸術

★二荒山神社・高崎神社 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME |