FC2ブログ

2008'12.23 (Tue)

厳島神社奥の院 御山神社へ

原生林に横たわる巨岩の間を進みます。

天使ちゃん、幼稚園の時からこんな霊山に登れるなんてうらやましい限りですよ~。

そんな天使に先導されて、わたしは横向きゆっくり歩行~。
杖がなかったら、今日は歩けなかったなぁ。

獅子岩からは標高が一旦ぐ~っと下がってまた上がります。

下りと上りが今の私には一番辛いのです~。笑
で、横歩き。笑

IMG_1577.jpg

そこそこ登るとやっと見えて来たのは霊火堂。
ここは1200年前、空海が点した火が、今も消えずに燃えているらしいです。

霊火堂はとにかく煙い。

IMG_1609.jpg

霊火堂の後ろには巨大な磐座(いわくら)。
今にもお堂にめりこみそうです。
空海はこの磐座に不動明王を見たのでしょうね。

IMG_1610.jpg

霊火堂と向き合うように、空海が求聞持法を会得したといわれる弥山本堂があります。

ここで天使ちゃん達とお別れ。独り、山を下ります。
天使ちゃん達は山頂へ。 私は御山神社を目指します。

IMG_1605.jpg

あ、紅葉のじゅうたんで鹿さんがくつろいでいました。
こんな風景なかなか見られませんよ~。

10分くらい下って、やっと御山神社へ。

IMG_1590.jpg

「御山神社」と書いて「みやまじんじゃ」と読みます。
「御山」は「みせん」とも読めますね。ここは厳島神社の奥の院。

IMG_1594.jpg

ここも宗像三女神をお祀りしており、こじんまりとした社殿が3つあります。

厳島神社の派手さとは一味違い、ひっそりと山肌に鎮座しています。
なぜかここだけは外せない場所です。

その昔、神々はここに降臨されたのでしょう。


では、厳かに「ひふみ祝詞」を。

   ひふみ よいむなや  こともちろらね

   しきる  ゆゐつわぬ  そをたはくめか

   うおえ  にさりへて  のますあせゑ ほれーけー


IMG_1598.jpg

御山神社の境内から見た鳥居の外側は、絶景です。

さて、再び上へ向かって、山頂の磐座(いわくら)を目指しますか。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓下記のランキングに参加しています。^o^
 皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】 Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

22:41  |  宮島(厳島神社)  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'12.22 (Mon)

守護天使と出会い、弥山山頂へ

IMG_1538.jpg

厳島神社をあとにして、いざ、弥山山頂を目指します。

今回、わたしの宮島入りを知り、偶然同じ日に宮島に登る予定だという
広島在住の Organoさん からメールをいただきました。

もう宮島に来ているとのことで、五重塔の下で合流、お会いすることに。

前回に続き、また宮島での出会いが。
摩訶不思議、ありがたいことです。

Organoさん は二人のお子さんと登るんだそうです。

子供達、すごいですねぇ~。
それも小学3年生の男の子と幼稚園年少さんの女の子ですよ~。^^

でも結構子供の方がパワーあったりします。

今回は私が両足を引きずりながらの登頂になるので、先導の守護天使が
現れてくれたんですね~。

ありがとうございますっ。

IMG_1560.jpg

ロープウェイで獅子岩まで登ります。
獅子岩からの眺めは絶景。うん、やっぱり懐かしい。

IMG_1564.jpg

瀬戸内の海はキラキラ、まるでダイヤモンドダストのよう。
獅子岩から少し行くと自然木の「杖」があるので、それを持って足の友に。笑
(前回、ここに杖があることはチェック済だったんです)

IMG_1572.jpg

世界遺産の原生林の中を進みます。
まるでキーホルダーのぬいぐるみのような、3cmくらいのまん丸のネズミがいました。
写真撮る前に逃げちゃいましたけど・・・。^^

IMG_1567.jpg

巨岩の合間をぬって、子供たちに導かれ、ゆっくりと山頂を目指します。

少年の誕生日はちょっと特別な意味を持ち、今回の出会いをサポートして
くれていることを改めて感じました。

子供達が先に行くことで、登山道に光のじゅうたんを敷いてくれたんです。

たぶん独りで登っていたら、寒さと足の痛みできっと辛い、味気ないものに
なっていたかも知れません。

IMG_1570.jpg

あ~、子供たち行っちゃった。天使は足早いですね~。^^;)

さて、まずは厳島神社の奥の院と言われる御山神社へと向かいます。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓下記のランキングに参加しています。^o^
 皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】 Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

22:51  |  宮島(厳島神社)  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'12.21 (Sun)

厳島神社・大鳥居の表と裏

IMG_1525.jpg

干潮時の大鳥居。その根元まで行ってみます。その大きさには圧巻!
この大鳥居は、鳥居の重さのみで立っているとも聞きますが、そうだとしたら神業です。

大鳥居中央の上部に掲げられている額も、鳥居の海側と島側では額に書かれている
神社名が違うと聞いたこともありますので、実際に確かめてみます。

IMG_1521.jpg

まずは宮島(厳島神社本殿)側の額。「伊都伎島神社」と書かれています。

で、今度は、足もとの寄せる波を気にしながら海側に回り込んで、海側の額を見てみます。

IMG_1523.jpg

すると、「厳嶋神社」とあります。本当に違うんですね~。
さて、この違いの意味はいかに。神々の謎はいつもミステリアスです。

大鳥居の上部の両端には、片側に「月」、片側に「太陽」のマークも刻まれており、
これは陰陽道の名残とも言われています。

あ、思わぬところで時間取り過ぎました~。 さて、島に戻って厳島神社に参拝。

IMG_1531.jpg

平成3年9月の台風19号では神社、能舞台などの建物が被害を受け、平成16年9月の
台風18号では左楽房が倒壊するなど、数々の苦難をも乗り越えて世界遺産に登録され、
今日の日までその美しい朱塗りの社殿を守ってきた厳島神社。

IMG_1541.jpg

「厳島」は「斎き島(いつきしま)」。

「斎き島」とは「神の島」の意。

ここに祀られているのは宗像三女神と言われる三柱の神々(市杵島姫命、田心姫命、
湍津姫命)。市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)を祀ることから、「いつくしま神社」と
なったとも言われています。

IMG_1535.jpg

神々の精妙な波動に心を合わせ、いよいよ弥山へと向かいます。 


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに斎き島の光が届きますように。

↓下記のランキングに参加しています。^o^
 皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】 Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 宮島 厳島 弥山 プレアデス 波動

21:33  |  宮島(厳島神社)  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'12.20 (Sat)

宮島はまさに観音様の寝姿!



宮島は、その存在自体が観音様の寝姿になっており、神の島と言われています。
前回訪れた時はその話を、夜の海上遊覧船で聞いて、鳥肌が立った記憶があります。

上の写真でいうと、左側が頭で、右側があご。真ん中の大きくくぼんだ所が目のあたりで
大鳥居の上が鼻と上唇になります。
ちょうど目の位置には、土石流が起こり、山肌に観音様の目が開眼しています。

ほんと、神の島という以外に言葉が見つかりません。

わかりにくい方は首を90度左に傾けてみてください。
それでも??という方は、もう少し3次元での修行が必要なようですね。^^;)

IMG_1476.jpg

島に渡る前は一面、重い色の雲だったのですが、桟橋に着くとうっすらと太陽が
見えてきました。

IMG_1467.jpg

そして、島には光の柱が立ち、まさに光に包まれた島であることを体現させられました。
フェリーで10分ほど、いよいよ神の島へと渡って行きます。
今日もかなり寒いです。広島もきっとこの冬最高の寒さなのでしょう。

IMG_1515.jpg

島に着くと参道で鹿さんがお出迎え。
人間と鹿が違和感なく同じ空間の中で生活をしています。なんだか、ほのぼのとします。^^

IMG_1507.jpg

↑この石碑の中を覗くと、厳島神社の大鳥居が見えるようになっています。

IMG_1517.jpg

今日はちょうど干潮の時刻のようで、大鳥居のそばまで歩いて行けるようですね。
前回は遠くからしか鳥居を見ることができなかったので、今回は歩いて鳥居の下まで
行ってみることにします。

フェイタス(湿布薬です^^)のを両ひざに貼ってなんとか歩いて来ていますが、まだまだ
普段の3倍の時間がかかります。

足の痛みは、「一歩いっぽ噛みしめて歩きなさい。地に足をつけてじっくりと進みなさい」、
という神の声のような気がして、まさにこれからの人生に対する指針を頂いているようで、
本当にありがたく感じます。

そう思うと、痛みはあっても辛くないんです。
では、ゆっくりと進んで参りましょう。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓下記のランキングに参加しています。^o^
 皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】 Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

22:07  |  宮島(厳島神社)  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top

2008'12.19 (Fri)

逆境の教え。日々の奇跡に感謝(番外編)

torii.jpg
(C)KAZUKI OKADA          無断転載はご遠慮下さいませ。



貴船神社を後にする頃には、左膝の痛みはかなり増してきました。
左足をかばいながら引きずるようにして、貴船の里を後にします。

この後、右膝も痛くなり、夜にはついに歩けなくなってしまいました。
10センチくらい足を出すのがやっとで、コンビニからホテルまでの200mを、
タクシーを拾おうと真剣に思ったほどでした。

今日、悠々ひと山越えてきたのに、今、100mが進めない。

こんなことは初めてでした。

でもそのおかげで、五体満足であることへの感謝、健康であることへの感謝、
「普段当たり前と思えることが実は奇跡の連続であり、感謝に値すること」を
改めて再認識することができました。

なんとありがたいことでしょう。


 「神も仏も元つ神はひとつなり。

  求める心と現れの必要性によってその時と場に顕現するなり。

  また己の内側に神の鎮座する魂の宮殿のありしことを認め、
  その深意を読み取らん。

  神の心、仏の心、いずれも偉大なる宇宙の法則なり。」

1日いちにち、1歩いっぽが学びです。
両足をひきずりながらも、いよいよ神の島 宮島へ出発、弥山山頂を目指します。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
心より御礼申し上げます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓下記のランキングに参加しています。^o^
 皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】 Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 宮島 貴船 鞍馬

23:23  |  鞍馬山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top
PREV  | HOME |  NEXT