2009'02.26 (Thu)

海面上昇はルーリン彗星の影響 !?

sea.jpg
(C)KAZUKI OKADA     当blogからの無断転載はご遠慮下さいませ。

九州や奄美地方で、突然、海面が上昇していますね。

**********

◇九州沿岸で潮位急上昇=「副振動」で漁船転覆・沈没も◇
 (2月26日19時52分配信 時事通信)

九州沿岸の港や湾内で24日深夜から25日早朝にかけ、潮位が短時間で急上昇
する現象「副振動」が発生した。鹿児島県では漁船が転覆・沈没、床下浸水などの
被害も。

26日も副振動は続いており、長崎海洋気象台は海岸や河口などの周辺地域に注意を
呼び掛けている。

同気象台によると、副振動は気圧の変化で海面がゆっくり上下する振動(長波)が、
入り組んだ湾内でより振幅を増す現象。九州沿岸で観測されるものは、東シナ海域の
気圧変化が大きな要因とされ、冬から春にかけて多く発生する。

24日深夜、長崎港(長崎市)で約160センチ、枕崎港(鹿児島県枕崎市)で約140センチ
の潮位の振幅を観測した。

被害が特に大きかったのは薩摩川内市で、24日から25日にかけ係留中の漁船などの
小型船8隻が沈没した。これを含め、いちき串木野市や南さつま市など6地区で計30隻が
転覆・沈没するなどした。

人的被害はなかったが、薩摩川内市では住宅8棟が床下浸水した。 

********** 以上転載


神々による世の中の立て替え直しが始まると(既に始まっているとも)言われています。

また、昔沈んだ大陸が隆起して現れるとか、海に沈んでしまう国もあるとか、立て替え直し
の起こり方もさまざまなことが言われています。

それはそれとして、今回の海面の上昇は、そのひとつにルーリン彗星の接近と、
衝(今日2月26日、太陽・地球・ルーリン彗星が一直線に並んでいます)が影響して
いるのではないかと思います。

たとえば満月は太陽と月の衝ですが、その時は海の水が満ち潮(大潮)、つまり
潮の干満差の大きい状態です。

新月も同様、大潮となりますから、太陽と月の位置関係で、地球上の水は何らかの
影響を受けているということです。

ですから今回、ルーリン彗星が太陽と衝になっている星の配置と、地球上の水への
何らかの影響があっても不思議ではないですね。
そろそろルーリンさんも地球から離れて、遠い宇宙へと旅立って行きます。

今度来るのは1700万年先らしいです(周期については諸説ありますが・・・)。

もうしばし、夜空の神秘に意識を向けていたいものです。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング ブログランキング【くつろぐ】 FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング
人気blog Ranking Air Ranking JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : ルーリン彗星 あびき 副振動 海面上昇

23:50  |  不思議なできごと  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |