てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


★9月16,17日土佐高知、トーク&ライブツアー★

詳細、お申込みはこちらから。間もなく【早割終了】





●レムリアの愛×シャスタの龍【W】ヒーリング●

詳細はこちらから。限定特典間もなく終了です。




さようなら 河童の棲む島

いよいよお別れの時間がやって来ました。

遠く横浜から想いを馳せていたこの島に、いまこうして来ています。
まさか、こんなに早く訪れることになろうとは思いもしませんでした。

最後に、国宝 都久夫須麻神社の本殿裏手に廻ってみました。

IMG_3199.jpg

かなり古い造りの本殿でしたが、緑に囲まれ、ゆったりと時が流れている
ようでした。なんだか小さい頃過ごした田舎の初夏を思い出させられます。


神の斎くふ島、竹生島、その語源は言霊的に見ると、若干展開は違うものの、
厳島(いつくしま)とまったく同じです。

そして、その言霊を裏で見ると、ご祭神の市寸島比売命(いちきしまひめ)
→竹生島、厳島 となっています。

つまりこの2島(神社)については、そのご神体そのものが言霊として現れている
ということです。

神の斎(いつ)くふ島 → 竹生島 ← 市寸島比売命(いちきしまひめ)
神の斎(いつ)く島  → 厳 島  ← 市寸島比売命(いちきしまひめ)

そんなことを思いながら、いよいよ島を離れる時が近付き、気持を整理します。

すると、

「また、来なはれや~。 達者でな。 道中、気いつけて行きや~。」

え~っ!? 振り返るとそこには

IMG_3204.jpg

河童がいました。

河童さんも、人間と同じように、水がないと生きられないですからね~。
でもここに住む河童さんは幸せでしょうね。
この島は、日本で一番水が豊富な環境なのかもしれません。

河童さんも、参拝客が帰ったら、こっそり瑞祥水(ご神水)まで行って
お皿の水を足して、ゆっくりして下さいね~。

では、また参ります。 ありがとう、竹生島。 さようなら、竹生島。

IMG_3267.jpg

そして、私は、島を後にし、再び琵琶湖の湖上の人となったのでした。

湖上では天津祝詞と、ひふみ祝詞を唱え、琵琶湖の水がさらに美しく、
そして竹生島の神々がさらに弥栄ましますよう、お祈りさせて頂きました。


今回の日記では、あえて書いていないところもいくつかありますが、それは
行かれた時のお楽しみ、ということで、その時までとっておきましょう。

竹生島日記、最後まで閲覧くださり、ありがとうございました。

では。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに竹生島弁財天の光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

★竹生島 | コメント:4 | トラックバック:0 |

夢のお告げが正夢になった(瑞祥水)

     IMG_3226.jpg

宝厳寺本堂参拝のあと、三重の塔へ。緑の中、天に向かってそびえ立つ
三重の塔の朱が映えます。

そう言えば、宮島には厳島神社のとなりに、同じように朱の美しい五重の
塔がありました。

宝物殿を見学したあと、階段を下り、一番始めの大鳥居のところまで
やってきました。

IMG_3216.jpg

すると、島に着いた時はまったく目に入らなかったのですが、そこに
「瑞祥水」というご神水が沸いていました。

このご神水は、島がカワウの被害に悩まされていた頃、宝厳寺管主の
夢枕にご本尊の弁天様がお立ちになり、「この場所に井戸を掘りなさい。
そうすれば水が出ます」というお告げがあったそうです。

IMG_3215.jpg

島は花崗岩の一枚岩ですから工事は大変です。湖の真ん中でもあり、
さすがに清浄水は出ないだろうと思いながらも、管主はお告げの通り
井戸掘りを進めたのです。

約1年をかけて230メートル掘り進んだとこから、なんと弁天様のお告げ通りに、
飲むことのできる清浄水が出たというのです。

やはり水を司る弁天様だけだけありますね~。弁天様のお告げは現実に
なりました。

IMG_3214.jpg

このご神水を頂いたところ、山の岩清水のように、冷たくておいしい水でした。

いよいよ島を離れる時間も近づき、名残を惜しむように、再び都久夫須麻神社
へと向かい、次はいつ来られるかもわからないこの場所に、別れを告げる時を
静かに過ごしたのでした。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★竹生島 | コメント:6 | トラックバック:0 |

国宝 船廊下 と 不動明王

IMG_3191.jpg

都久夫須麻神社から宝厳寺へと続く通路は、国宝に指定されている「船廊下」です。

舟廊下は朝鮮出兵の際、秀吉のご座船として造られた日本丸の船櫓(ふなやぐら)を
利用して作られたそうで、これも桃山様式の貴重な遺産とされています。

IMG_3173.jpg

外から見るとこんな感じになっていまして、決して平地に簡単に建てられたものでは
ないことがわかります。

船廊下を抜けて、階段を上がって宝厳寺(ほうごんじ)本堂へと向かいます。

IMG_3220.jpg

宝厳寺は、西国三十三ヶ所観音霊場の第三十番札所でもあり、そのご本尊の
弁財天は日本三大弁財天ともされている、偉大な存在です。

本堂前には、深紅の火焔に身を包み、人間の煩悩を焼き尽くすと言われる
大日如来の化身、不動明王像がありました。

IMG_3221.jpg

最近は、もっぱら神社参拝が多かったので久し振りでしたが、マントラを唱えます。

**不動明王真言**

「ノウマクサーマンダ バーザラダンセンダ マーカロシャーダ ソワタヤ 
 ウンタラター カンマン」

10年たっても20年たっても、こういう真言(マントラ)って忘れないものですね。
身体が覚えているというか、音が染みついているというか。

やはり、この世界は音霊、言霊、数霊なのですね~。

このお不動さまの前で不動明王真言を唱えた時、雲が晴れ、暑い日差しが
差し込み、まさにお不動さまのエネルギーが降り注いだように感じました。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

★竹生島 | コメント:2 | トラックバック:0 |

竹生島は宮島のひな型

都久夫須麻神社すぐ下にある摂社を見て、びっくりすると同時に、私は
嬉しくなりました。

江ノ島、宮島をつなぐという、今回の竹生島訪問の目的が達成されたか
のようだったからです。

それは、↓

IMG_3188.jpg

なんと厳島大神、江島大神(ともにご本神は宗像三女神)がいらっしゃる
ではありませんか。

IMG_3187.jpg

三大弁財天の宮がここ竹生島で勢揃いしたのです。

この島に近付いて来た時、私は、竹生島こそが宮島のひな型であることを
知りました。

それは、島の形にも現れ、またコトダマにも現れています。

竹生島は宮島の何十分の一の小さな島なんですが、桟橋の位置や
神社の位置などはほぼ同じです。

また島の形も、まさに宮島のひな型となっています。

不思議なようですが、この世界はすべてフラクタル、ひな型となっているのです。

そしてこの島にも、宮島を開山をした空海がやって来ており、その瞑想の場所は
今も弘法の明星跡として祀られています。

IMG_3202.jpg

    IMG_3203.jpg

ここで空海が見て瞑想を行った大同2年の仲春は、とても寒い時期でしたが、
ちょうどその年も最近と同じように金星が火星と重なるコンジャクションの時で、
明けの明星が輝きを増し、大きく見えていました。

大いなる時を越えて いま紡ぎ出される神秘の世界。
明け方、ふと訪れたら、今も空海がそこで瞑想をしているかも知れません。

竹生島は小さいながらも、本当にふところの深い神の島です。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに 幸せの光が 降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:神社めぐり - ジャンル:旅行

★竹生島 | コメント:8 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT