てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


「龍音シンギングボウル」音源&動画、220ページ電子書籍プレミアム版
光の画像など限定特典 先着300名様にプレゼント♪
   ↓
【無料メルマガ】真善美☆アセンションワールド


コノハナサクヤヒメが現れた

IMG_3918.jpg

ご来光を目にし、まどろむような意識の中、ご来光に意識を集中します。

すると、ご来光は、その色を黄金色に変え、まばゆいばかりの光と、
独等の神聖な空気を醸(かも)し出しました。

 ひふみ よいむなや  こともちろらね  
 
 しきる  ゆゐつわぬ  そをたはくめか

 うおえ  にさりへて  のますあせゑほれけん。

IMG_3920.jpg

そのご来光に重なるように、両手を広げて舞い降りる、コノハナサクヤヒメの
お姿が現れました。

『古事記』では木花之佐久夜毘売、『日本書紀』では木花開耶姫、他にも
木花咲耶姫など、その表現はいろいろですが、ここでは、コノハナサクヤヒメ
と表記します。

富士という山は、不思議なエネルギーに包まれているご神域ですが、
改めてその偉力を感じさせられます。


ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここのたり。
ひと、ふた、み、よ、いつ、むゆ、なな、や、ここのたり。


いよいよ最終、なんとしても登りきらなければなりません。
あと1合で、山頂です。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking FC2blog ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★2009 奉納富士登山 | コメント:8 | トラックバック:0 |

夜間登山 9合目からのご来光

IMG_3845.jpg

深夜1時、3200M、8合目白雲荘を出発、深夜なのに、たくさんの人が
山頂を目指して登っています。

睡眠も取らずに、徹夜で山頂まで登るのは、さすがに無謀ですね~。
我ながらそう思いますが、もうしょうがありません。

8合目を過ぎ、振り返って下を見ると、延々と登山者の列が光って見えます。

IMG_3851.jpg

夕方には、木星が一番星として大きく輝いていましたが、この時間、プレアデスが
美しくその姿を見せ、私たちの後ろから光を注いでいます。

オリオン座が地平線から上がって来る頃、私たち3人はふたつの道に分かれました。

というのは、やはり、一睡もしなかった私は、体力の限界を感じ、途中、本8合目の
山小屋の外のベンチで、少し休むことにしたのです。

ただでさえ人が多く、登山道の合流もあり、渋滞も予測される9合目から上。
2人は、私と離れて先に山頂を目指すことに。

ここから、また、単独登山になりました。少し休んだ私は、体調も回復し、また
少しずつ上を目指して上がって行きました。

しかし、ひとりになったこともあって、今年は、山頂に行かず、9合目からご来光を
見ることにしました。体力的にも時間的にも、ベストな選択をしようと思ったのです。

IMG_3853.jpg

すでに気温は10℃を切る、深夜の富士。寒い風が吹いてきます。
ちょうど、ご来光を拝むには良い場所があり、そこに座って夜明けを待ちます。

腰を落ち着けて、ご来光の方向、東を向いて撮った写真には、たまゆらが
写っていました。

ここでうっすらと夜が明けるのを待ちます。
眼下には地上の山々が雲海の中から顔を出し、なんだか高天原を見るようです。
神々しい光が、富士山と周辺の景色を照らし始めました。

IMG_3867.jpg

そして午前5時を過ぎたころ、美しい太陽が顔を出しました。ご来光です。
霊峰富士から見るご来光は、やはり下界とはひと味もふた味も違います。

今年は特に、そのエネルギーの変化はめまぐるしく、ご来光の瞬間には
私たち人類に対する、おおいなるメッセージが現れていました。

IMG_3898.jpg

しばし、ご来光に没頭。しかし、まだまだ山頂まで、渋滞を越えて登る行が
残されています。

まずは、この美しさを身体いっぱいに受けてエネルギーを補給し、いよいよ
山頂を目指します。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログランキング【くつろぐ】
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★2009 奉納富士登山 | コメント:2 | トラックバック:0 |

8合目、限界への挑戦

IMG_3821.jpg

本七合目の鳥居をくぐるともう夕方が近くなって来ました。
まだまだ今回予定している八合目の山小屋までは時間があります。

IMG_3826.jpg

ごつごつとした溶岩の岩肌をつかみながら歩くような道なき道。

吉田口は、道が整備されているものの、どのルートから登っても、
溶岩道は富士山ならではのお決まりです。

IMG_3824.jpg

途中、影富士や夕焼けを見ながら夜間登山に備えます。

そこから2時間、やっとのことで8合目。太子館は標高3100M。

IMG_3838.jpg

いよいよ周囲は薄闇に包まれ、ヘッドライト登場、夜間登山開始。

IMG_3842.jpg

富士八合目から上は、浅間大社のご神体であり、まさに神界。

ここからが登山者にとっては心臓破りの佳境でもあります。

白雲荘に到着いたのは夜8時。
長かったな~。かなり上がって来たけれど、まだ標高3200M。

山小屋について、明日のご来光を目指すのなら夜9時には就寝、
12時半には起床して深夜1時には山小屋を出発しなければなりません。
山頂でのご来光は5時。

しかし、今年も私は一睡も出来ませんでした。
どうも霊気の高いところで食事をすると、合わないらしいのです。

これは去年も同じでした。
来年以降、もし富士に登るのであれば、8合目から上での食事は抜きに
したいと思います。

あ、これは私だけに限ったことで、体調管理のためです。

ということで山小屋についたものの寝床には入らず、ずっと広間の端で
ひとり座っているうちに11時、12時、あ、もう1時。

ということは、ここから山頂まで、一睡もせずに上がるんですね? はい。

そのために今年は金剛杖も買ってきたでしょう? はい。

では行きましょうか。

ただでさえ9合目から頂上までは、ルートが須走口と合流、ふたつのルートが
ひとつになりますから、ご来光前の人渋滞は普通。

さて、金剛杖にじゅわ~~っと焼印を押し、8合目白雲荘をいざ出発。

まだこの時点では、3名揃って山頂へ向けて出発したのでした。

この時点では?ということは、ここからどうなるんでしょうね??


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログランキング【くつろぐ】
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★2009 奉納富士登山 | コメント:0 | トラックバック:0 |

雲のトンネルを抜け、7合目へ

IMG_3777.jpg

まずは、ほんの少し緑の中を抜けて行きます。五合目から六合目は
まだまだ緑が豊かです。

霊峰富士に咲く草木は、いったいどんな気分なんでしょう?
一生、富士に根を張っているなんて、すごいな~、とか思いながら。

IMG_3782.jpg

富士では、いきなり雲の中に入ることも珍しくありません。
というか、下から雲がもわ~っと一気にやって来ます。

もう既に五合目で標高は2350メートル、酸素濃度は下界と比べると
薄くなっています。身体を高度順応させるために、ゆっくりと歩きます。

7合目くらいからは、草木もめっきり減り、だんだん岩肌が露出して来て、
少しずつ砂漠みたいな感じになって行きます。

IMG_3796.jpg

まだまだ出発したばかり。とにかく今回の吉田口は人が多く、渋滞が
予測されます。この調子だと8合目に着くのは夕暮れ時ですね~。

IMG_3798.jpg

まだまだ先は長いですが、身体を高度順応させながら、ゆっくりと歩を進めます。

富士登山道は、コースを間違えないように色分けされていて、吉田口のカラーは
黄色です。その他、須走口は赤、御殿場口が緑、富士宮口が青となっています。

看板を見て、改めて今から向かうべき場所と、これからの道程の厳しさを感じ、
身を引き締めて一歩一歩登って行きます。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログランキング【くつろぐ】
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m


テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★2009 奉納富士登山 | コメント:0 | トラックバック:0 |

吉田口5合目、小御嶽神社

今年の登山道は吉田口(河口湖口)。
昨年の富士宮口は静岡県側でしたが、今回は山梨県側からの登頂です。

富士山スカイラインで五合目までバスで上がります。

一番人気のコースとあって、人、人、人。
ここ五合目が一般的な富士登山のスタートです。もうすでに雲の上。

IMG_3775.jpg

昨年は、単独登山でしたが、今年はひょんなことから江ノ島で出会った
3人組で登ることになりました。

吉田口は、麓の富士北口浅間神社が一合目。
そこから山頂まで続いているのが吉田口ルートです。

丑寅(艮・うしとら)から山頂へと開いていくコース。

IMG_3764.jpg

五合目には、小御嶽(こみたけ)神社があります。
富士山が富士となる前には、小御嶽だったという言い伝えもあります。

IMG_3765.jpg

まずはスタートラインに立てたことを感謝し、参拝。

今年は、昨年よりハードな登山になることは目に見えていたので、
いよいよ山頂へと向かう準備をし、心を整えます。

IMG_3768.jpg

実は、昨年2008年の富士登山の時も、ストック(杖)を持って行ったのですが、
そのストックは江ノ島、江島神社の参道で手に入れたものです。

富士へは、今年もそのストックを持って行ったのですが、今年は金剛杖で
上がれ、とのことで、五合目で金剛杖(こんごうつえ=富士登山では
おなじみの、自然木で作られた八角形の杖)を買いました。

IMG_3783.jpg

では、ひんやりと涼やかな富士霊場の空気に包まれ、金剛杖の鈴の音に守られて、
いよいよ登山道を先へと向かいます。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
どうぞよろしくお願いいたします。m(_ _)m
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログランキング【くつろぐ】
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★2009 奉納富士登山 | コメント:0 | トラックバック:0 |

富士の方角に立った虹の柱


(c)伊勢志摩経済新聞

mixiやメールなどで、三重県伊勢志摩に現れた「虹の柱」のメッセージが届きました。
お送りいただいた皆様、ありがとうございます。

たまたま私が富士山頂にたどり着いた8月23日、三重の伊勢周辺から、富士の
方角に虹の柱が立ったとのことでした。

神島の先に、富士。そして虹の柱。偶然というにはあまりにも出来すぎた一致。
神々の営みは、あまりにも美しすぎます。

伊勢志摩経済新聞のニュース記事

<以下 上記ニュース抜粋>

伊勢-鳥羽を結ぶ観光道路=伊勢志摩スカイラインの朝熊岳の頂上から8月23日、
夏に見ることは珍しい富士山が現れ、その後三島由紀夫の「潮騒」の舞台にもなった
神島と富士山の方角から虹が出るという自然現象があった。

伊勢音頭の一節「お伊勢参らば朝熊(あさま)をかけよ、朝熊かけねば片参り」と、
詠まれ伊勢神宮の奥の院として親しまれてきた金剛證寺(こんごうしょうじ)が山頂に
建つ標高555メートルの朝熊岳の頂上から富士山までは直線距離で約200キロ。

「外気温が低い冬場の早朝に富士山を見ることは珍しくないが、夏場に見ることは
珍しい」と説明するのは伊勢志摩スカイラインを運営する三重県観光開発(津市)の
西村さん。

珍しい自然現象は17時ごろ、富士山のシルエットが突如現れた。その後18時10分
ごろ虹のかけらが富士山の真上に現れると同時に富士山が消え、虹の架け橋が長く
伸びていった。虹は富士山と神島の辺りから志摩半島まで伸びていった。18時30分
ごろ西の空が夕日で黄色に染まると虹は消えていった。

<抜粋ここまで>


25日、この話は、ニュースとしてYahoo!のトップページにも掲載されていたので、
ご覧になった方も多いと思います。

Yahoo!ヘッドライン

以前、伊勢の浅間山(朝熊山)と富士が、伊勢神宮を挟んで、レイラインとして
繋がっている、というの日記を書きましたが、今回はまさにそのライン上に虹が
見えたようです。

line8.jpg
(c)Fujigoko.tv

富士と伊勢のレイラインの日記

このレイラインの日記を書いたのは今年の2月2日、奇しくも浅間山が噴火した日
でもあります。

虹=22=富士

富士=浅間大社(せんげんたいしゃ)、富士山頂には浅間大社奥宮があります。

浅間大社=浅間山=2月2日噴火=22=富士=虹 と繋がります。

1251171528_b.jpg
(c)伊勢志摩経済新聞

伊勢からは、夏にはほとんど見えない富士が、この日ははっきり見え、虹が
現れていたそうです。中央、遠方が富士。

今年の富士のエネルギーは、昨年以上にそのパワーを増していて、改めて
その存在感には圧倒されます。

改めて神々の世界を見せられたような気がします。

やはり、この日、富士山頂に上がったことは、少なからず意味を持ったと実感
できました。

こうしてひとつひとつ、わかりやすいメッセージが私たちの目の前に現れて来る
時代になったのです。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックで、てんごく。blogへのエネルギーを与えて頂ければ幸いです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログランキング【くつろぐ】
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★2009 奉納富士登山 | コメント:3 | トラックバック:1 |
| HOME | NEXT