2010'09.06 (Mon)

雲海の「光の扇」、神さまは現れた

今年、木花之佐久夜毘売命(このはなのさくやひめ)の象徴としてピンクの
リボンを、瀬織津姫(せおりつひめ)の象徴としてパープルのリボンを金剛杖に
結んで登ったことは既にお伝えしました。

東の空に

ひふみ祝詞をかみしめながら、空気の薄くなった登山道を、まるで自分の心臓の
鼓動と戦うかのように、気を振り絞って登ります。

7合目の山小屋に着き、太陽が西の空に沈むころ東の空に一筋の光が現れました。

地上3000m、雲海の上での出来事です。

光の扇

その光は、あっという間にピンク、パープルと光を添えて放射状に光を
広げて行きました。

光の扇と月

太陽は西の空に沈む夕暮れ時、その反対側の東の空に現れた光の扇。

その隣には、間もなく満月を迎える月があります。
太陽のすぐ近くにある月は弓月、三日月になります。

ですから、こんなに大きな月のそばに太陽がないことは明らかです。

つまりこの放射状の光の扇の中心が、ご来光や沈む夕日の夕焼けではない
ことがわかります。

月

月の大きさと、光の強さを比べると、この光の扇が人工的に作られた
ものではないことがわかります。右下の黒い部分は富士山の一部です。

須走口7合目 東の空

光の大きさや距離感がわかるように、富士山も写真に入れてみました。
昼間起こった、神々の宴は虹をもって光のショーとなり、この光の扇で
クライマックスを迎えました。

光の扇の中心から、こちらに向かってオーブが出ているのが見えます。

今回の富士登山は、まさに神との遭遇を果たすべく、登ったんだという
実感が湧いて来ました。

神さまはいつもそこにいる、そして私たちを見守ってくれている。

本当にそう思うことができた瞬間でした。

須走7合目

この光は、約10分程度現れた後、少しずつ薄くなって、普段の色に戻り
東の空は青く染まって夕暮れを迎えました。

このblogを書いている時、パソコンの画面の上,、この文字を覆うかのように
ピンクとパープルの光が現れました。


カムナガラ タマチハエマセ。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに、神さまの幸せの光が届きますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 神さま ひふみ祝詞 富士山

21:07  |  2010 奉納富士登山  |  TB(0)  |  CM(10)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |