2010'09.21 (Tue)

ご神体、ピラミッドと夏至の謎

遥拝所

近畿の五芒星の一端をになう元伊勢皇大神社の本殿から200m程行くと、
そこは、ご神体遥拝所になっています。

そこから見える景色は圧巻です。

わずか数百メートル先に、皇大神社のご神体と言われる、なんとも美しい
ピラミッドが現れます。

ピラミッド

その名は日室岳。 少しずつ発音を曖昧にして行くと、

ひむろだけ。

ぴむろっだけ。

ぴむろっど。

ぴらむっど。

ピラミッド。

言霊的には、つながって来ますね~。

それとエネルギーがとても強い。これが本物のパワースポットです。

この日室岳は太古に偉大な力によって立てられたピラミッドだとも
言えそうです。

人間には造ることのできない、この偉大な力は、いったいどこから
やって来たのか?

そう考えると神々の存在を感じざるを得ません。

    天皇陛下も訪れた

この遥拝所のすぐ手前に、天皇皇后両陛下ご訪問の碑がありました。

この場所が天皇家とも深くつながっている場所であると伝えようと
しているかのようです。

ということは、この地はそれなりに深い意味を持つ場所だと言えます。

遥拝所につくと、不思議なことに、先程、本殿でお話した宮司さんが
突然現れました。

なぜ、ここに??

そして宮司さんは、こんなことを教えてくれました。

「夏至の日にはこのピラミッドの山頂に、夕日が沈むんですよ。
 熱心な人は、夏至の日の日の出を伊勢 二見浦(ふたみがうら)で見て、
 それからここまで、日室岳山頂に沈む夕日を見に来るんですよ。」

二見浦夫婦岩
(c)Wikipedia

そ、それは、夏至の最強の過ごし方!!

確かに伊勢の二見浦を辞書で調べてみると、

二見浦での風物詩は、夏至の「サンライズ」である。それは江戸時代より
二つの岩の間より昇る、「日の出」が観測されている。

などの記述がありました。

伊勢の二見浦からこの元伊勢と言えば、あの五芒星の一片と重なりますね。
(五芒星については、前回の記事をご参照ください)

日室岳

日室岳は古くから禁足地となっており、足を踏み入れることができません。

今も原生林が育つこの神奈備(かんなび)の山頂には、天照大御神と
ご縁のある倭姫の住居跡?磐座(いわくら)もあるとのことですが、
調べる術もありません。

夏至のサンセット、宮司さんは、訪れた人たちとともに、この場所で
大祓祝詞を唱えるらしいです。

その昔、元伊勢として鎮座された時、天照大御神がこの神奈備に降臨
されたのでしょう。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログの殿堂
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング ブログセンター ブログランキング【くつろぐ】
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 日室岳 ピラミッド てんごく。 ひふみ 二見浦

23:23  |  元伊勢皇大神社  |  TB(0)  |  CM(8)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |