てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


★9月16,17日土佐高知、トーク&ライブツアー★

詳細、お申込みはこちらから。間もなく【早割終了】





●レムリアの愛×シャスタの龍【W】ヒーリング●

詳細はこちらから。限定特典間もなく終了です。




和をもって貴しとなす

8629217.jpg

昔々、その昔、西暦604年、聖徳太子が制定した「十七条憲法」。

その第1条に ”和をもって貴し(とうとし、たっとし)となす” という条項があります。
第1条といえば、もっとも大切にしなければいけない重要な条項です。

今から約1400年以上も前に「和」を重んじるべき項目を憲法に取り入れた聖徳太子。

当時、太子は30歳。
30歳といえば立派な大人ですが、そうはいってもなかなか悟れるものではありません。

だからこそ、歴史に名を残す人物になったのでしょう。


古くから重要視されてきた「和」の精神。
日ノ本の民の心、それは「和」の精神であるといっても過言ではありません。

自分のことよりも相手のことを思うからこそ、そこに和の精神は生まれてきます。


今私たちが生きているこの世界にも、善・悪、悲喜こもごもたくさんの現象が生まれます。

感動する出来事、うれしいこと、楽しいこと、またその一方、事件、事故、犯罪など。

私たちが限られた人生のページをめくっていく中で、やはり大切なことは、ひとを気遣う
思いやり、譲り合い、そしてエゴを律する心 です。


目先のことよりも もっと先のこと。

小さなことよりも 大局のこと。

自分の保身よりも 世界の平和。


和の精神、それを具現化するには、そこに存在する人たちの「愛」がなくてはなりません。

小さなことにばかり目を奪われていると、大切なものを見過ごしてしまうこともあります。

たとえば過去世を知ったとしても、それで今生がどうなるのでしょう?
今、今生でいかに霊性を高めるか、そのことが大切であり、目指すべき道でもあります。

言ってしまえば、どのようにしたら、自身の魂が成長できるか。その一点に尽きます。

道を誤らないことです。

全ての人がつまらない競争や戦いをやめ、自己保身をやめ、目先の小さなことから脱却し、
大きな視点を持って、この世界を高い次元へと導く標(しるべ)にならなければなりません。

私もまだまだ道半ば、です。ともに霊性の向上を目指して進んで行きたいものですね。


今日本から世界へと、和の精神のメッセージは広がりつつあります。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

一日も早く被災地の復興が成し遂げられますように。


【NEW!! 4月、1回目更新しました!もっと知りたい限定blog】

■大震災はなぜあのタイミングで起こったか、その4つの理由
■新燃岳と東北関東大震災の関連
■今こそ私たちが進めなくてはならないこと
■4月の惑星の直列
■4~6月の朔弦望
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking 【トレミー】人気ブログランキング
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング PINGOO!メンタルヘルスランキング
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング blogram投票ボタン
ブログセンター メンタルヘルスランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。

テーマ:日本文化 - ジャンル:学問・文化・芸術

★元津国 日ノ本再興 | コメント:0 | トラックバック:0 |

最新!東北関東大震災についての神示

IMG_5152.jpg

2011年3月16日、ひふみともこ先生に下ろされた、東北関東大震災(3月11日発生)に関する
神示をお伝えします。

心を整え、一言一句を厳粛にお受けとめ頂きたく存じます。

**********

神から人へ、人から神へ。
神の願いを人に伝える、此度(こたび)の震災、津波なり。

人の重ねし 積年の罪。償えぬほどの汚(けが)れは積もり、最早 浄化も 間に合わぬほど。
なれど此度は最後の機会。人がこれにて いかにまとまり、堅く結ばれ、立ち上がれるか。

人は試され、測られむ。己の御魂(みたま)の清さ、強さを。
全ての人の思いが大切。個々に離れしままには かなわず。

一つに心を合わせて集えよ。大和(やまと)の民の大和(だいわ)を示せよ。
古来の民の強さの元は、勤勉、忍耐、不屈の魂。

諦めることも、退(ひ)くこともなく、目の前にある己の課題を、ただこつこつと、
営々(えいえい)と、真摯(しんし)に、謙虚に、日々繰り返す。

犠牲も時には 必要ならむ。
失われしは尊き魂。なれどそれらは 徒(あだ)にはならず。
必ず残りた者たちが、無念の思いを 晴らしてゆかむ。

人はこのとき、神の試しに、試され、磨かれ、鍛えられむ。
鋼(はがね)の強さは、打たれればこそ。

大和の民の真の強さは、折れることなき しなやかさなり。
その元なるものが、心の強さ。己を律する心こそ、最後の勝者に 欠かせぬものなり。

なれば此度の震災により、人は示せり 心の強さを。
いかなるときも冷静に、いがみ合うこと皆無なる。

永きの年月、風雨に耐えて、互いを思う心こそ、生き残る術と 学びし叡智(えいち)よ。

未曾有(みぞう)の災難、国難なれど、災禍(さいか)のときこそ、失うなかれ。
弱者の優しさ、いたわりこそは、強き者のみ 可能なものなり。

今 試される真(まこと)の強さ、真の優しさ、真の清さ。
人の苦しみ 悲しみは、常に神と共にあり。

落とせし命を、勇気に変えて、明日には別の命を生きよ。
流せし涙を、希望に変えて、後の世までも潤(うるお)せよ。

消えし御魂(みたま)は光に変わり、暗きを照らす標(しるべ)とならむ。
人類全てが受け止めよ。

厳しき神の 問いなれど、答は必ず 導き出されむ。
いかなる答えを神に返すか。問われしことは 重大なり。

神の求める答を探せよ。
絶望の底にも、光あり。

悲痛悲嘆(ひつうひたん)の中にありても、雄々(おお)しく耐えて立ち上がり、
人の持ちうる霊性の 高き極(きわ)みを示すべし。

そこそに日本の使命あらむ。
日本の復興、復活は、世界に希望と勇気を与えむ。

神の望みに応(こた)える意味を、今こそ己に問いかけるべし。
神は必ず、手を差し伸べむ。求めて伸ばす 人の手に。

神は必ず 救い賜(たま)わむ。祈り捧げる 人の心を。

********** 以上です。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。


上位版blog
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら


下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking FC2blog ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。
★神から人へ・神誥記 | コメント:4 | トラックバック:0 |

立て替え直しについての神示



ひふみともこ先生に下ろされた、立て替え直しについての神示です。

******

(人の世界の終わり、あるいは立て替え直しは、どんな状態として現象化する
 のでしょうか。立て替え直しの始まりと終わりを、どう判断すればよいので
 しょうか)

さても答の難しき問い。神の世界の立て替え直しは、心の次元と同じなれ、
神の世界の浄化と昇華は、目に見えわかるものになし。

なれど人の世界の事象は、日々に現れ、起こりゆくもの。
小さき事象の一つさえ、立て替え直しの現象なれば、全ての終わりはまだ先のこと。

地球の全ての浄化を終えて、一つの汚れもなきまでに、禊ぎ終えるは予測し得ず。

なれど浄化は一度になければ、これにて終わるの順番になし。
全てが関連、相応し合えば、連鎖のごとく続きゆかん。

連鎖の終わりは次なる世界に、境界もなく、続きゆかん。
なれば人の世界も変わらず、続きて見えるが正解なり。


(では、地球の立て替え直しの終わりは、目に見えるのではなく、現象化するのでは
 なく、認識できないうちに終わっているということでしょうか)

さにあらず。立て替え直しの終わりは明白。なれど確かに終わり行くも、気付かぬ
次元の世界のことなれ、今教えるも無駄なこと。

次元の上がり、昇華せば、必ずそこに残りし者には、たやすくわかり、明らかならん。


(禊ぎ、浄化とは、魂のレベルでのことなので、目に見えないという意味でしょうか)

さにあらず。次元の昇華は目に見えずとも、次元の上がりし御霊には、御霊の次元で
見えるものなれ、物質世界の次元にはなし。

次元の上がりし魂ならば、その次元にて、見えるものなり。

さにて本日、難しき問い。説明し難き問いなれど、必ずいつかは明らかとなり
わからぬ世界も見えてこん。

さにて。    
                            「続・神誥記」より。
****** 以上です。


神様は人間一人ひとりの心の浄化、魂の昇華(しょうげ)こそが大切であり
それが地球の浄化、次元の上昇につながる道だと説かれています。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

被災地の復興が1日も早く成し遂げられますように。



もうひとつのてんごく。blog

■2010年1月より大地震に注意を促してきた理由
■コトダマ「ひふみ」の秘密・奥義
■2012年12月21日の銀河系配列はこうなる   他
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking 【トレミー】人気ブログランキング
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング PINGOO!メンタルヘルスランキング
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング blogram投票ボタン
ブログセンター メンタルヘルスランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。


★神から人へ・神誥記 | コメント:6 | トラックバック:0 |

裏ひふみ 雨の春分の意味するものは

yamatodamashii.jpg

今日は3月21日、裏ひふみの日(321⇔123)。

春分の今日、関東を中心にして広範囲に、雨でしたね。自然現象のなかで
必ず毎日触れるもの、それは天候です。

春分の日については、とかく太陽が真東から昇るということで太陽が話題の
中心になります。

今年の春分は、もし健康だったなら、あるところに行って、日の出を拝み
そのエネルギーを受け取り、今後につなげたいと思っていましたが、先般の
震災でベッドの上での生活となり、行くことは断念しました。

しかし、春分の日の数日前に、今年の春分の日の出は見ることができない
のではないかという気がしてきました。

それは、包括的には先般の地震とも関係があり、私たちにとって、今こそ
大切にしなくてはならないものに気付け、ということでした。

簡単に言うと、異次元のポータル(扉)を開くその春分の光、太陽はまだ今の
私たち多くの日本人には見せられないというメッセージでした。

もう少し正確にいうと、いまひとつ魂の昇華が足らぬ故、春分の太陽の光が
見えぬことでその不足に気付き、高めるべし、ということです。

東北関東を襲った大震災、大津波。
これからが復興の本番、始まりです。

この出来事は、日本国にとっても不幸な出来事ではありましたが、この10日間、
被災地の皆さんの大和魂を見せられ、何度となく涙しました。

それは、辛く悲しい出来事だ、ということだけでの涙ではありませんでした。

想像を絶するような恐怖と体験、失ったものは大きく、被災地の人々のご苦労は
計り知れません。

しかし、そんな状況においても、皆さんは、助け合い、不平不満(本当はいっぱい
言いたいこともあるはずなのに)を言うこともなく、積極的に前向きに建設的に
生きようとみんな頑張っています。

これこそが私たちが忘れていた日本人の本質なのではないでしょうか。

あまりにも文明が進歩し、物質が豊かになり、投機マネーに踊らされ、泡の中に
おぼれていた私たちは、遠くはるか昔より受け継がれてきた和の精神、そして
戦後の復興を遂げてきた尊い建設的な大和魂を忘れてしまいました。

今、日本中がひとつになって大和魂の復活(というか遺伝子に刻まれたその魂を
思い出すだけなんですけれど)を遂げるために、和の精神、大和の心を持って
立ち上がらなければならないのです。

まだ日本全体としてはそのレベルに達していないが、今が気付きの正念場じゃ!
目覚めよ!ということのようです。

今日晴れていたら、本来行くはずであった場所にいけない私は、また少し違う
面持ちだったかもしれません。

しかし、大自然の大いなる叡智をこうして感じることができるというのは、本当に
この上ない喜びです。

今日の雨にはそんな大きな意味があります。


今回のこの震災は、私は身をもって体験し、またその中からともに立ち上がって
行かなければならない使命を感じています。

ですから、特に運が悪かったとは思っていません。
人それぞれ、通らなくては行けない道があります。

確かに、両足の使えない生活は不自由です。

でも今日は、看護師さんの補助を一度も借りないで、車椅子に乗ってみました。

まずは第一関門クリア。

そしてトイレに行ってみました。

さーて、トイレには着いたけど、ここからどうするの!?

1人でトイレに行くのがこんなに大変なことだなんて。

こうして今までの恵まれた生活への感謝を数倍にして、上半身の筋肉痛も
数倍にして(笑)、日々を過ごしています。


私たち一人ひとりに、まだまだできることはあります。

古きよき伝統を守り、和の精神を重んじ、大和魂を思い出しながら、未来を
切り拓くべくチャレンジして行く。

「温故知新(おんこちしん)」、古きをたずねて新しきを知る、とはそういう
ことなのです。

そして、今、宇宙(神様)が人類に、その中でも日本人に期待してくれて
いることはとても大きいです。

私たちはそれを感じて、前に進まなければなりません。

日本復興は、地球再生につながり、ひいては太陽系のバランス、大宇宙の調和を
保つためのミッションでもあるのです。

多くの人が、ハッ!!として、今こそできることを前向きに行動に移して行って
欲しいと思います。

私もその中の1人です。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

被災地の復興が1日も早く成し遂げられますように。





■2011年1月より、大地震を気にしていた理由
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

★元津国 日ノ本再興 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT