てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


「龍音シンギングボウル」音源&動画、220ページ電子書籍プレミアム版
光の画像など限定特典 先着300名様にプレゼント♪
   ↓
【無料メルマガ】真善美☆アセンションワールド


霧の中、いざ位山へ




はっきり、言いましょう。道がまったくわかりません。笑

とりあえずモンデウススキー場まで霧の中を上がって来ましたが
山頂へと向かう道はなさそうです。

ここまで来るのに、→P:山頂駐車場 なんていう看板はないし、
二股の分岐路もありません。

しいて言えば、脇道というか、小道のような分岐がひとつだけ。。。



そこには小さな、白根神社がありました。

強烈なフォトンエネルギーを受けて、道を進みます。


しかし、あまりにも細い道のため、山頂駐車場とかいうイメージは
まったくありません。

でも、そこ以外に上に向かう道はないのです。

とりあえず、その道を行ってみましょうか。

真っ白で10m先も見えないような霧でしたが、8時を過ぎて太陽が
少し上がって来たので、霧も晴れるでしょう。

それにしても、道が細く、アスファルトの舗装がなくなって、完全な
砂利道というか、山道です。

10cm以上の大きな石がごろごろしている。

車一台が通れるやっとの広さの道です。



両サイドから車のフロントガラスにあたる、もさもさのススキを
かき分けるようにして、林道を進みます。

ナビも効かないし、地図もない。

やっとのことで5kmくらい走ったでしょうか。

山道の先には、ほんの5~6台止めたら一杯になってしまうだろう
小さな駐車場がありました。

やったー!!

この道であってたんだ。

独りで来ると、けっこう心細いです。



なんとか山頂駐車場に辿り着きました。


これだけ道が悲惨だと、観光客は来ません。多分途中で引き返すでしょう。

ということは、静かに登れますね。

いよいよここから、車を置いて、徒歩で上がります。



★上位版blog

日輪神社での日輪大神様ご降臨 動画
限定公開中
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら





今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★位山・丹生川村 | コメント:0 | トラックバック:0 |

水無神社にあった草薙の剣



第二次世界大戦。

神の道を外れ、謝った道を進んでしまった日本は、戦争に負ける
ことになりました。

日本の強さ。

アメリカ軍が最も驚異に思ったのは、日本の神の国たる所以、
天皇を中心に一体にまとまる国民性でした。

日本が再び団結して大国となる事を防ぐには、天皇制を解体するのが
最も良い。

アメリカ軍がそう考えるであろうと、当時の政官財界人であれば、
容易に考えたことでしょう。


天皇が天皇たる所以、それは古くから伝えられる天皇即位の儀式と、
三種の神器でした。

敗戦国となった日本は、万が一の不測の事態、米軍の天皇制解体に備えて、
三種の神器のひとつである、名古屋熱田神宮のご神体 

草薙の御剣(くさなぎのみつるぎ)=天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)

を、戦後まもなく1945年8月21日から9月19日まで、遠く離れた場所に
避難させました。



その避難先がこの岐阜高山、古くは宮村と言いましたが、この地にある、
飛騨一ノ宮 水無神社(みなしじんじゃ、みずなしとも読みます) です。

水無神社は飛騨国の一ノ宮としてその歴史は古く、すでに古代 延喜式に
記されています。

御祭神は
水無神(御歳神)
配祀  大己貴命 三穗津姫命 應神天皇 高降姫命 神武天皇 須沼比命
     天火明命 少彦名命 高照光姫命 天熊人命 天照皇大神
     豐受姫大神 大歳神 大八椅命

とてもたくさん祀られていますが、どうも後付けで作られた感じがします。



明治時代には 作家:島崎藤村の父・正樹が、宮司を勤めていた神社と
しても有名です。

この水無神社の奥宮は、位山にあり、鳥居はありますが、本殿はありません。
その位山自体が奥宮であり、また、ご神体でもあるのです。

水無神社参拝の後、今回のメインでもある位山へ、向かおうと思うのですが
ふもとの水無神社で、かなり霧が深く、気温は7度C。



この霧で山に登り、視界が悪く、更に気温が下がったら、かなり危険です。

早朝7時、悩みどころです。


★上位版blog

日輪神社での日輪大神様ご降臨 動画
限定公開中
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら
近日公開:2011年11月11日の特別な満月の3つの秘密 
     2012年アセンションシリーズ(続)  他



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。

テーマ:神から人へ - ジャンル:心と身体

★位山・丹生川村 | コメント:0 | トラックバック:0 |

ランナウェイ~愛する君のために



ランナウェイ~愛する君のために

新しく始まったTBSドラマ。

冤罪で刑務所に入った囚人・葛城アタル(市原隼人)が、娘が難病に
冒されたことを知り、娘の命を助けるため、仲間と一緒に刑務所から
脱走するストーリーです。

刑務所の外の空気を、俗に、シャバの空気などと言ったりしますね。


ちょうどこの日、数日振りに病院から自宅に戻った私は、隔たれた空間から
解放されたような感じでした。

久し振りに吸う外の空気。シャバの空気?笑

いつもはテレビドラマなどほとんど見ることはないのですが、たまたまその夜、
テレビを見ていたら始まったのが「ランナウェイ~愛する君のために」でした。

刑務所と病院は違っても、外に出た時の空気は同じような感じなのでしょう。

なんだかダブって、そのままドラマを最後まで見てしまいました。
(1時間だと思ったら、なんと2時間もやりました)

明けて今日、久し振りに「空が呼んでいる」ような気がしました。



ふと空を見ると、そこには、躍動感のあるエネルギーが、形になっていました。

月に数回、このような神々しい波動が形をなす時は、天からのメッセージが
降りて来やすい時です。

それは意識すれば聞こえるでしょうが、意識しなければ聞こえません。



いよいよ2011年も最後の2ヶ月を迎える今、私も大きなチャレンジの中にいます。

一人ひとりが大きな夢に向かって、また目の前の壁を乗り越えて光へと
向かって行く時です。

こんな雲が現れているときは、携帯やスマホの電源を切って、大自然と
お話してみましょう。

きっと答えをくれるはずです。


★上位版blog

限定連絡事項その1、その2(本日更新)

日輪神社の拝殿内部の様子と、
祝詞奏上後の日輪大神降臨の不思議、公開中。
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド




今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★波 動 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ご神体、ピラミッドに登る



夢の中では、拝殿の右側に廻って、拝殿に近づいていました。

この、日輪神社も、拝殿の右側に裏山に繋がる小道があり、
やはり、右手から上がるようです。

拝殿の横に廻って、近づいてみます。

ピラミッドを削り、その中心、地中に立つかのように奥深く存在する本殿。

なるほど~。

夢と現実を行ったり来たりするかのような不思議な感覚。

くらくらするようなエネルギーの高さ。



まさに異次元との扉がここにはあると言っていいでしょう。

さて、拝殿の横から本殿を見ながら、裏山、つまりご神体でもある
ピラミッドに登ってみます。


けっこう急な坂ではありますが、この日輪神社の拝殿が既にかなり
高い位置にあるため、現在いる地点でもかなり山頂に近いと思われます。

     

本殿のちょうど真裏にあるこの巨木は、途中からふたつに分かれて
天高くそびえたっています。

私が出会った中で、この日輪神社のもっともパワフルな生命エネルギーを
発していたのは、この木です。

これぞ、本殿の裏手にそびえたつご神木です。


しかし、山頂付近は禁足地になっており、網が張り巡らされており
ここから先へ行くことはできませんでした。



山頂に上がっても、樹木がうっそうと茂っているので、見晴らしが
いいと言うより、ひっそりと磐座か、小さな祠があることでしょう。

ほんのちょっとした偶然から見つけた、この日輪神社。

IMG_0158.jpg


私にとっては、とても大きな心の故郷のようになった、そんな場所でした。

またいつの日か、訪れることになるでしょう。


日輪神社 拝殿に入り、祝詞をあげると不思議な現象がりました。

本来あまり公開するべきではないでしょう。

ただ、今回はその様子を動画で限定公開しています。
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら

この動画は、一定の期間で、削除する可能性があります。
あらかじめご了承ください。

それにしても、こんなことが起こるのですね。

★上位版blog

日輪神社の拝殿内部の様子と、
祝詞奏上後の日輪大神降臨の不思議、公開中。
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド





今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★位山・丹生川村 | コメント:2 | トラックバック:0 |

日輪神社は高波動スポット

日輪神社

日輪大神ご降臨の瞬間 限定で動画公開しました。

詳細は編集後記で♪(ありませんでしたね。笑)

*********

坂の階段を上がって、境内にやって来ました。

人気(ひとけ)のない神社の境内で、一人、エネルギーを感じている人がいました。

両手をお腹の前で軽く広げて、気功のような振る舞いをしています。

場を乱してはいけないと思い、階段の最後の一段を上がらずに、しばらくその様子を
見ていました。


数分後、ワークを終えたその人は私に、

「拝殿に入ってお参りできますよ」

と親切に教えてくれました。


遠くからきたのか、地元の方ではないようでしたが、リュックをかついで
その人は神社をあとにしました。

まるでその人は、神社と私をつないでくれるためにいた水先案内人のようでした。

この境内は、古代信仰の中心とされてきたのがわかるほど、
エネルギーの高い場です。

私はかつてこれ以上に高いエネルギーを受けたことがありません。

目を閉じて、深く深呼吸をするだけで、一瞬にして、くらくらと、違う世界へ
連れて行かれてしまうようでした。

日輪神社拝殿


日輪神社 拝殿に入り、祝詞をあげると不思議な現象がりました。
日輪大神様は降りました。

本来あまり公開するべきではないでしょう。

ただ、今回はその様子を動画で限定公開しています。
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら

この動画は、一定の期間で、削除する可能性があります。
あらかじめご了承ください。

それにしても、こんなことが起こるのですね。

★上位版blog

日輪神社の神さまご降臨
公開中。
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド





今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。



★位山・丹生川村 | コメント:0 | トラックバック:0 |

夢に現れた日輪神社 参道から結界へ

IMG_0160_20111016133841.jpg

日輪神社の参道は、最初は石段です。

拝殿、本殿は、思ったよりも上、ピラミッドの中腹辺りにあり、歩いて、
石段を上がります。

IMG_0163.jpg

そして、階段を上がると、そこには大杉の自然の門、これがこの神社の
結界と思われます。つまりここからが神域です。

結界をくぐると、今度は、自然の土がむき出しになった、簡素な参道を
上がります。

杖をつきながら上がって行きますので、歩けるようになったとはいえ
バランスを崩さないようにして行かないと、けっこう大変です。^^;

参道を上がりきると、やっと拝殿なのでしょう。

上に、建物が見えますね。

IMG_0167.jpg

やっとのことで、長い参道を上がりきりました。


位山を調べていたら、現れて来たこの神社。

その名も「日輪神社」。


日輪神社という名前は、全国で、ここにしかないと言われています。

そして、その場所が、また、丹生川であるだけにその深い意味を
感じざるを得ません。

IMG_0168.jpg

謎が謎を呼ぶ、不思議な繋がり。

いよいよ、拝殿に迫ります。




★上位版blog
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。

テーマ:スピリチュアル - ジャンル:心と身体

★徒然日記 | コメント:4 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT