FC2ブログ

2011'12.13 (Tue)

メテオシャワー(ふたご座流星群)極大

2011-12-13_214820.jpg
↑クリックで拡大

ふたご座流星群はふたご座α星(カストル)付近を放射点として出現する流星群で、
12月5日頃から12月20日頃にかけて活動し、12月14日前後に極大を迎えます。

しぶんぎ座流星群、ペルセウス座流星群と並んで、年間三大流星群の1つとして
有名な流星群でもあります。

このブログでもかなり取り上げて来ましたから、もう皆さんおなじみですね。


今年は、12月14日から15日にかけて、満月の後のまぶしさにもかかわらず、
ふたご座流星群が極大になり、ピークを迎えます。


皆既月食を経て12月12日までの収束のエネルギーを、ここで一気に転換させる
かのように流れを変えて行くふたご座流星群のメテオシャワー。


観測に最も適した時間は、12月14日(水曜日)の夜から12月15日(木曜日)の朝。

極大は15日の午前2時頃。


天気が良ければ、水曜日から木曜日にかけて、1時間当たり最大40個の
流星群を見ることができるでしょう。

※ふたご座流星群は1時間当たりの出現数 最大50~60個とも言われますが、
 40個はNASAによる今年の流星群の予測数値です。


ふたご座の放射点から放射されるふたご座流星群は、ふたご座を中心に
広範囲に流れるので、夜空の広い範囲で見ることができます。


ふたご座流星群のもとになる母天体は、近地球小惑星(3200)ファエトンです。


小惑星フェアトンは1.43年毎に太陽に近づいて来て、水星の内側まで入り込み、
太陽に接近します。

惑星だけでなく、このような小惑星も太陽を中心として楕円軌道を描いて
廻っており、単純な法則では解明できない宇宙の神秘を思わせます。


2009年に、小惑星はチリの塊を噴出した可能性があるため、最近の流星群は
明るさが倍増しているとNASAでは考えているようです。

いずれにせよ、三大流星群のひとつであるふたご座流星群は、流れ星を見るには
絶好の流星群です。

いよいよ2012年に向けての調整の時です。



2012年のウォッチングはこれですね。

藤井旭の天文年鑑 スターウォッチング完全ガイド 2012年版



★上位版blog

■12月.2012年1月.2月の朔弦望
■12月の太陽系惑星直列(恒星、準惑星含む)
■2011年(今年)12月21日に起こること

■2011年12月29日から2012年1月1日のグランドクロス
■日輪神社はピラミッドコントロールセンター
■飛騨のピラミッド群が16菊花紋で繋がった
 ↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールド 


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
お越し頂いた皆さんに、愛と光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ふたご座流星群 メテオシャワー 双子座流星群

22:26  |  流 星 群  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |