てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。

新・龍神の岩戸アクセスヒーリング
88名様限定 募集開始!
お手軽分割対応いたしました。



★龍宮祭の日、志賀海神社から宗像大社を望む

糸島からUFOに乗って!?金印の島、志賀島へ。

っていうか、福岡上空に真面目に出ましたからね!UFO。


志賀島。漢委奴国王の金印が出た島。

西暦57年、倭の奴国王が後漢に朝貢し、光武帝より印綬を受けたという

「後漢書」東夷伝に書かれていると言われる金印。


2000年も前のこと故、実態はわかりませんが、かなりミステリアスです。


龍宮祭の行われた志賀海神社。

今日は写真展。笑

IMG_9019.jpg

なかなか素敵な拝殿。

IMG_9014.jpg

エネルギーの高い所はいつもこんな風。

IMG_9024.jpg

遥拝所。

IMG_9027.jpg

亀石。というか。。。陰陽統合セット。

IMG_9039.jpg

これは龍宮祭の日ならではの?菊のご紋があります。

IMG_9034.jpg

刀 他。

IMG_9049.jpg

海の向こうには、宗像大社。

そうだ、島を一周して、宗像大社に行こう!


この島は、いつかまた来なくちゃ、だな~。



【受付中!間もなく締切】

★11月9、10日 ニコニコ☆けいこ&てんごく。

銀河のスペシャルハーモニーin天川村 

宮司さんのスペシャルトークもありますよ。


イベントのお申し込みはこちらから。
↓↓↓
銀河のスペシャルハーモニーin天川村




blogで書けない濃い内容を知りたい方、

てんごく。の動画を見てみたい方、

独自展開中のメルマガ限定企画の確認はこちらからどうぞ。
  ↓↓↓
無料メルマガ「真善美☆アセンションワールド」




「てんごく。さんのエターナルワールド」

【タイトル】私の前世と五芒星・六芒星。
      遷宮後日本はどうなる!?

■10月の太陽系惑星直列、天文現象
■10月、11月、12月の朔弦望(月の状態)
■アイソン彗星情報

■私の前世
■五芒星と六芒星
■今回北へ、仙台から札幌へ入った意味は

■最重要神事 伊勢神宮遷御の10月
■遷宮に見る時代の変化、これからの20年どうなる
■ヘブンライズファミリーについて本音を暴露
 (1期メンバーより)

ご確認、ご購読はこちらから。
↓↓↓
上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」



★てんごく。オフィシャルHPはこちら。
↓↓↓
リアルアセンション 人生光転.jp



今日もこうしてお読み頂ける方がいるので頑張って書くことができています。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。
人生光転メソッドでリアルアセンションbyてんごく。 m(_ _)m
福 岡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

★福岡上空にUFO出現!いざ金印の島、龍宮の社へ

IMG_9049.jpg

糸島の桜井神社、大神宮を後にして

志賀島(しかのしま)に向かいます。


金印が出たということから誰もが学校で習う有名な島です。

そうはいってもあまり行ったことがない人が多いのではないでしょうか。

いざ、目指せ志賀島!


途中福岡の市内にさしかかると前方上空に白っぽく光るUFOが登場!

福岡空港も近くにありますが、明らかに空港に離発着する

飛行機とは軌道航路も違えば形も違います。


白く銀に光る楕円形の円盤。

飛行機だとこの距離なら、完全に尾翼や主翼がわかりますので

明らかに違います。

数分は出ていたと思いますが、後半、光がだんだんなくなり

ただの白い楕円になり、ほぼ同じ場所にとどまっています。


首都高速を運転している手前、残念ながら

カメラに収めることはできませんでした。

そうこう言っているうちに、市内を通過してインターを出ます。


「海辺の龍神様を祀っている社」はここではないのか?

そう思い、島へ。


志賀島につながる道は、

今はずっと島と陸続きで渡れるようですが

その昔は、満潮になると道が海中に水没し、

干潮になると道が現れるということで

道が現れた時にしか渡れない島だったようです。


それは、神様が選んでいるのだと。

IMG_9000.jpg

島に入り、島の南側に志賀海神社がありました。


志賀海神社略記由来書には以下のようにあります。


***********

志賀海神社(しかうみじんじゃ)は、

福岡県福岡市東区志賀島の南側に位置する神社。

龍の都とも呼ばれ、表津綿津見神(うはつわたつみのかみ)、

仲津綿津見神(なかつわたつみのかみ)、底津綿津見神

(そこつわたつみのかみ)の三柱を祀る。

全国の綿津見神社の総本宮である。

代々阿曇氏が祭祀を司る。


歴史

* 創建は明らかではないが、現在の志賀島北部の
勝馬地区に古くは三社が建てられていた。

*筑前国風土記に神功皇后が三韓征伐の際に志賀島に
立ち寄ったとの記述があり、阿曇氏の祖神である
阿曇磯良が舵取りを務めたとされる。

*2世紀から4世紀の間に底津綿津見神を祀る表津宮が
島南部の勝山に遷座され、それに併せて仲津綿津見神と
表津綿津見神も祀られる。


*貞観元年(859年)に従五位上の位を賜る。

*康保4年(967年)に施行された延喜式神名帳には名神大社と記載。

*中世、末社375社、社領50石、奉仕する者百数十名と繁栄した。

*豊臣秀吉、大内義隆、小早川隆景、小早川秀秋、黒田長政等が寄進。

*今から約350年前、現在の社殿が再興。

*大正15年(1926年)、官幣小社となる。

*平成16年(2004年)、平成の大改修。

*平成17年(2005年)、福岡県西方沖地震により一部損壊する。


施設

* 本殿・拝殿

 本殿の左殿に仲津綿津見神、中殿に底津綿津見神、
 右殿に表津綿津見神が祀られる。
 左殿には併せて神功皇后を、中殿には併せて玉依姫命を、
 右殿には併せて応神天皇をそれぞれ祀っている。

* 石造宝篋(ほうきょう)印塔

 貞和3年(1347年)の日付がある。

* 鹿角堂(ろっかくどう)

 拝殿前の広場の隅にある建物。狐格子がはめられ、
 奉納された鹿の角が建物を埋め尽くしている。

* 亀石

 神功皇后の三韓征伐のおり、阿曇磯良が亀に乗って
 皇后らの前に現れた故事にちなんで後世奉納されたもの。

* 摂社

 沖津宮(勝馬地区)、仲津宮(勝馬地区)、
 今宮神社(境内)、弘天神社、大嶽神社

* 末社(20社)

***********

IMG_9003.jpg


現在の末社は20社らしいですが、かつては末社が375社もある

巨大勢力を誇る神社だったそうです。


ちょうどこの日は「龍宮祭」が行われていました。

空にそびえる菊のご紋。

数々のご神宝。

IMG_9012.jpg

後で調べたら、この「龍宮祭」はなんと旧暦の9月9日に行われる

とあって、訪問したその日が、旧暦9月9日であったことを

帰って来てから知ったのでした。

IMG_9011.jpg

恐るべし龍神の宮。




【受付中!間もなく締切】

★11月9、10日 ニコニコ☆けいこ&てんごく。

銀河のスペシャルハーモニーin天川村 

宮司さんのスペシャルトークもありますよ。


イベントのお申し込みはこちらから。
↓↓↓
銀河のスペシャルハーモニーin天川村




blogで書けない濃い内容を知りたい方、

てんごく。の動画を見てみたい方、

独自展開中のメルマガ限定企画の確認はこちらからどうぞ。
  ↓↓↓
無料メルマガ「真善美☆アセンションワールド」




「てんごく。さんのエターナルワールド」

【タイトル】私の前世と五芒星・六芒星。
      遷宮後日本はどうなる!?

■10月の太陽系惑星直列、天文現象
■10月、11月、12月の朔弦望(月の状態)
■アイソン彗星情報

■私の前世
■五芒星と六芒星
■今回北へ、仙台から札幌へ入った意味は

■最重要神事 伊勢神宮遷御の10月
■遷宮に見る時代の変化、これからの20年どうなる
■ヘブンライズファミリーについて本音を暴露
 (1期メンバーより)

ご確認、ご購読はこちらから。
↓↓↓
上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」



★てんごく。オフィシャルHPはこちら。
↓↓↓
リアルアセンション 人生光転.jp



今日もこうしてお読み頂ける方がいるので頑張って書くことができています。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。
人生光転メソッドでリアルアセンションbyてんごく。 m(_ _)m
福 岡 | コメント:0 | トラックバック:0 |

★桜井神社、岩戸宮の並々ならぬご神気

IMG_8987.jpg

今回の福岡入りの目的は大きく分けてふたつ。

ひとつは、

海辺の龍神の社に行くこと(それはどこかわからない)。

そしてもう一つは宗像大社につながる女神の宮の参拝。


桜井二見ヶ浦の夫婦岩から5分10分走ったところに

桜井神社があります。


今回の糸島入りは、この桜井神社、そしてそこに

隣接する桜井大神宮が目的です。

IMG_8996.jpg

桜井神社は、筑前二代藩主黒田忠之公により

創建された神社で、神代の昔というほど

古いわけではないですが、かなり重いというか

荘厳なエネルギーを今に残す神社です。


桜井神社略記によると

慶長15年(1610)旧暦6月1日から2日暁にかけ、

桜井の里を中心に雷鳴轟く大豪雨の中、岩戸神窟の口が開き、

霊験あらたかな神さまが出現されたとのことで

与止妃宮(よどひめぐう)とも称されていましたが

なぜか明治に入るとその名前は「桜井神社」と

フツーの名前に書き換えられています。


明治政府が、徳川の歴史を消しにかかったのか

その理由は定かではありませんが

日本全国で同じような改名や改神の動きが

あったのは事実です。

IMG_8926.jpg

この日は、お日柄もよく、境内では結婚式も行われており

ほとんど人がいないひっそりとした神社という前評判とは

まったく違い、賑やかな桜井神社でした。

IMG_8887.jpg

先日、伊勢の猿田彦神社に行ったからか

神社境内にある摂社(末社?)の猿田彦大神が

非常にお喜びで、七色の光となって

何度となくお姿を顕現になられました。

IMG_8908.jpg

桜井神社の拝殿のすぐ後ろに回ると

岩戸開きの逸話が残る横穴式石室の円墳の

扉があったところが「岩戸宮」とされ、

固く門が閉ざされています。


やはりこの場所は何かしらあったのでしょう。


現在は封印されているようにも感じますが

ここは周辺とは違う、明らかに重い感じの

エネルギーが充満しています。

IMG_8921.jpg

扉が開くのは正月三日間、そして

年に一度の「岩戸宮」の岩戸開き神事は

7月2日の午前4時からのみ行われ、扉の奥には、

四方を大きな岩に囲まれた空間があり

奥には、祭壇があるそうです。


いや~、ここは強い。


ここ「岩戸宮」は強烈に引き付けられる、

他とはちょっと違う時空の場所でした。





【受付中!間もなく締切】

★11月9、10日 ニコニコ☆けいこ&てんごく。

銀河のスペシャルハーモニーin天川村 

宮司さんのスペシャルトークもありますよ。


イベントのお申し込みはこちらから。
↓↓↓
銀河のスペシャルハーモニーin天川村




blogで書けない濃い内容を知りたい方、

てんごく。の動画を見てみたい方、

独自展開中のメルマガ限定企画の確認はこちらからどうぞ。
  ↓↓↓
無料メルマガ「真善美☆アセンションワールド」




「てんごく。さんのエターナルワールド」

【タイトル】私の前世と五芒星・六芒星。
      遷宮後日本はどうなる!?

■10月の太陽系惑星直列、天文現象
■10月、11月、12月の朔弦望(月の状態)
■アイソン彗星情報

■私の前世
■五芒星と六芒星
■今回北へ、仙台から札幌へ入った意味は

■最重要神事 伊勢神宮遷御の10月
■遷宮に見る時代の変化、これからの20年どうなる
■ヘブンライズファミリーについて本音を暴露
 (1期メンバーより)

ご確認、ご購読はこちらから。
↓↓↓
上位版blog「てんごく。さんのエターナルワールド」



★てんごく。オフィシャルHPはこちら。
↓↓↓
リアルアセンション 人生光転.jp



今日もこうしてお読み頂ける方がいるので頑張って書くことができています。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。
人生光転メソッドでリアルアセンションbyてんごく。 m(_ _)m
福 岡 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| HOME | NEXT