FC2ブログ

2018'05.02 (Wed)

★古代琉球の王が降りてきた首里城の御嶽(うたき)

写真 2018-01-26 7 29 48


首里城では、まずは守礼の門をくぐり

園比屋武御嶽石門(そのひゃんうたきいしもん)へ。


写真 2018-04-21 9 22 44


最初訪れた時、ここでは靴を脱いで

壇上に上がり、正座をしてお祈りした。



この御嶽は琉球石灰岩で造られた石門で、

琉球王が外出するときに安全を祈願をした

重要な御嶽(礼拝所)。


写真 2018-01-26 7 33 15


突然、琉球の王がやってきた。


「私がここに来ていたのは

ここが神聖な場所であるということを

知っていたからです。

私の神への門がここにあります。

私は何度もここへ足を運びました。

ここは私の家です。

皆さんを歓迎します。

私の大地をやさしく扱ってください。

そして敬い、すべての存在を敬ってください。

気が付いてください。

あなた方は私のゲストです。

私はあなた方を歓迎します。

私とともに歩んでください。

私はあなたたちを導きましょう。」


写真 2018-01-26 8 04 01


そして次の重要箇所が龍樋(りゅうひ)

龍の水が出るところ。

王国時代には王の飲む水として使われたらしい。

ここにいる龍は約500年前のものらしい。

ここはパワフルです。


写真 2018-01-26 8 04 31


そして場内の重要な御嶽

首里森御嶽(すいむいうたき)を訪れました。

琉球琉球開闢(かいびゃく)神話によれば、

この御嶽は神が作った聖地であるとされています。


写真 2018-04-21 9 43 01


城内には10の御嶽があり、

首里森御嶽では国王が祈りを捧げるたびに

ノロ(祝女)が多くの儀式を執り行いました。



ノロは神人(かみんちゅ)とも呼ばれ

琉球王国による宗教支配の手段として、

祭祀において神を憑依させる依代となるノロが

沖縄本島の信仰を元に整備されて

王国各地に組織的に配置されました。


写真 2018-04-21 9 55 47 (1)


今回集まったメンバーは遠い昔、

王のゲストとしてここにやって来ていたらしく

今回も、再び、王の歓迎を受けて

この首里城にやってきたのです。



私も、何回かの前世で何度か

ここ首里城にやって来たことがあるようです。


写真 2018-01-26 8 31 19


琉球王朝は第一王朝、第二王朝がありました。

第一王朝は悲しいかな、王が久高島へ渡り、

美しい祝女に惚れて同棲を始め王宮を離れている間に

クーデターによる転覆の憂き目にあったと言われています。



そして時代は第二王朝へと変わります。



琉球はそのような歴史の上に立ち

また島津藩の支配を受け、

それからも琉球王国として様々な歴史を乗り越え、

沖縄として今に至るのです。


写真 2018-04-21 10 05 20


神人(かみんちゅ)になりたい人は

こちらもぽちっとクリックして

高次元のエネルギーを廻しましょう。
   ↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


**********************************
LINE@友だちで8大特典プレゼント♪
**********************************

http://may1.biz/s/63/

友だち追加
クリックしてQRコードを読み取ってね!


または @tengokuito で LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


★220ページ電子書籍・光の画像【無料】プレゼント
   ↓
真善美☆アセンションワールド


日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング



02:38  |  沖縄・久高島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |