FC2ブログ

2020'02.07 (Fri)

★スターシードは選ばれし魂

originalPP.jpg


銀河の果ての遠い星より

自らの使命を果たそうと

この地球を選んで来たあなた。



この3次元の世界はいかがでしょうか。



辛いことが多いでしょうか。

苦しいことが多いでしょうか。



あなたの魂は今輝いていますか。



この世界にはどうしても避けられない

苦しい出来事、辛い出来事

悲しい出来事が存在します。




どちらかといえばそんなことの方が

多いかもしれません。



しかしこれだけは知っておいてください。



あなたの魂をおとしめるためのものではなく

あなた自身がその苦しみや悲しみの中から

未来へと繋がる一筋の光を見いだし

その光に向かって歩みを進めていくための

気づきなのです。



私たちの本質としての崇高な魂は

「ヒトという愚かな存在の強いエゴにより

 このユートピアという星が崩壊していってしまう」

という

その星に起こる悲しい未来の

ストーリーを聞いた時

あなたも私と同じように


「その星を救いたい」


そう思って

自らこのユートピア(地球)という美しい星に

魂の転生を願ってやってきたのです。




この地球が波動の低い星だという人もいますが

実際に、周波数帯、次元、

そういった側面からみれば確かにそうかもしれません。



しかしこの地球に

生を受けることができる人間というのは

その中でも本当に魂が清らかで純粋な

自らの強い意志によって転生を具現化した

ほんの一部の魂だけなのです。




選ばれた存在なのです。



今どんな苦しいことがあっても

辛い状況であっても

あなたの魂の輝きは衰えることはありません。




ネガティブな思いでその輝きを

曇らさないでください。



あなたの魂はまばゆいほどの

光を放ち続ける

美しい高次の光なのです。




しかしこの3次元の波動のベールに包まれ

あなたはあなた自身の魂の本来の輝きを

見ることさえできなくなっている。



それだけなのです。



その3次元の重いベールを脱いだ時

あなたの清らかな魂は本当の輝きを取り戻すのです。



2020年3月20日春分

私はスターシード!そう思うあなたの

魂の覚醒を加速させるヒーリング
   ↓
https://starseed.xyz/




クリックして宇宙とつながってね。
  ↓↓↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking



龍音シンギングボウル講座の音声解説
  ↓↓↓


龍音シンギングボウル講座の
詳細・お申込みはこちら。
  ↓↓↓
https://ryuon-kouza.pro/

****************************

taga.jpg

3月7~8日 奉納見学に来ませんか?
   ↓↓↓
http://tengokuworld.jp/blog-entry-2418.html

**********************************

safe_imlkage.jpg

2020年3月14日は仙台青葉神社トーク&ライブ
   ↓↓↓
https://ryuon.info/

**********************************

82605323_1241278552928053_7678859105238253568_n.jpg

4月7~13日ギザのピラミッドとルクソール
トレイシー&てんごくと行くエジプトリトリート
   ↓↓↓
http://tengokuworld.jp/blog-entry-2424.html

**********************************

8大特典プレゼント中公式LINE

友だち追加

または @tengokuito で LINE検索

必ず@をつけて検索してね!

****************************

新月・満月のアストラルムーンヒーリング
   ↓↓↓
https://astralmoon.com/

龍音奉納プロジェクトオフィシャルサイト
   ↓↓↓
https://ryuon-project.com/

龍音シンギングボウルオフィシャルサイト
   ↓↓↓
http://dragonsinging.com/

**********************************

LINEスタンプ発売したよ!

デカ文字♪龍とてんごくん☆

LINEスタンプはこちらからアクセスしてね。
   ↓↓↓
http://ryuon.biz/s/stamp/


14:06  |  ★スターシード  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top
 | HOME |