FC2ブログ

2013'07.28 (Sun)

★熱田神宮を見守る断夫山古墳

IMG_6843.jpg

熱田神宮から1km程度道沿いに北に上がると

熱田神宮公園があります。

ここは以前から訪れたかった場所のひとつで

「断夫山古墳」がある公園です。

通常「だんぷさん」またはたまに「だんぷやま」と呼ばれています。


なぜこう呼ばれているかというと、その昔、

日本武尊を亡くした後、宮簀媛命が日本武尊を最後の夫とし、

「夫」を「断」ったところから、この名がついたそうです。


IMG_6841.jpg

現在では、5世紀から6世紀に影響力を持っていた

尾張族の首長尾張連草香(おわりのむらじくさか)の

墓ではないかと言われていますが

熱田神宮の社伝では、日本武尊の妃である宮簀媛命

(ミヤズヒメノミコト)の墓されています。

IMG_6839.jpg

もう一度言います。


熱田神宮では、ここ断夫山古墳は、宮簀媛命

(ミヤズヒメノミコト)の墓とされています。


5世紀から6世紀ということになると、

時代背景が今一つ合わないのですが

それはあくまでも後世、現代までの出土品などから

研究されそのようにいわれているだけで、

それが本当に正しいのかどうかわかりません。


日本武尊が亡くなったのは、今から1900年前になりますので

時代背景から行くと1世紀から2世紀くらいの墓と

いうことになります。


日本武尊が氷上山(火上山)に置いていった草薙神剣

(くさなぎのみつるぎ)に尊の思いをのせて熱田祭祀場に祀り、

熱田神宮を創始した宮簀媛命(ミヤズヒメノミコト)。

IMG_6844.jpg

どうやら私はこの魂と因縁が深いようで、

まるで媛が尊を追うかのように、日本武尊の足跡に

引き寄せられるのです。


このすぐ近くには、白鳥古墳という古墳もあり、

そこが日本武尊とも言われていますが、

これは後に伝説によってその様にされたらしく

実際にはそうではなさそうです。


本当の日本武尊の御陵は三重県亀山市の能褒野にあります。


ただこの断夫山古墳は、氷上山のエネルギーとも

通ずるものがあり、私は宮簀媛命の御陵だという風に

感じています。

IMG_6837.jpg

いずれにしても、古のロマンを駆り立てる

熱田神宮と日本武尊、宮簀媛命の御魂は

今も熱田神宮を取り巻き、お守りしています。



上位版ブログ:
てんごく。さんのエターナルワールド

■7月の太陽系惑星(恒星含む)直列
■7月、8月、9月の朔弦望(月の状態)

■新屋まりさんコンサートin名古屋(7/14)

■夏至からの二極化について
■私はどっち?
■どうすればいいの?

■月は太陽の反射体ではない

■なぜあなたはお金持ちになれないのか
■多くの人が反対することの中に宝がある
■ヘブンライズファミリー始動3ヶ月が経過

興味のある方はこちらからどうぞ
↓↓↓
http://regimag.jp/b/sample/list/?blog=122



てんごく。オフィシャルHPはこちら。
↓↓↓
http://jinseikouten.jp


今日もこうしてお読み頂ける方がいるので

頑張って書くことができています。


今日も最後までお読みいただき、

ありがとうございます。 <(_ _*)>


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。
人生光転メソッドでリアルアセンションbyてんごく。 m(_ _)m
関連記事

タグ : 断夫山古墳 熱田神宮 神宮公園

23:56  |  徒然日記  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/1027-d71b4f8d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |