2014'09.28 (Sun)

★崇神天皇と元伊勢伝説

�B-L--�B 1

黒塚古墳から崇神天皇陵へ。

ほんの数百メートル先のようです。


数々の天皇の歴史の中で、もっとも古代に、その力を顕わした天皇が

崇神天皇だったと私個人的には思います。

そして、何かしらその昔、その大和に縁があったのかとも思います。

通りに出て信号を渡ると、ありました。

�B-L--�B 4 (6)

すごくきれいに整備され過ぎていて、なんだか現代風な感じがします。

�B-L--�B 2 (6)

確かに「崇神天皇陵」とあります。

何年も気になっていたのですがやっと訪れることができました。

�B-L--�B 3

階段を一歩一歩上がります。

お濠の向こうが、陵(みささぎ)です。

崇神天皇こそが、天照大神との同床共殿(どうしょうきょうでん)をやめて

元伊勢伝説が作られるきっかけになります。

�B-L--�B 2 (4)

それまでは皇居内に祀られていた天照大神の御霊が、

崇神天皇によって皇女豊鋤入姫命(とよすきいりひめのみこと)に

その神霊を託され、倭国笠縫邑(現在の桧原神社)に「磯堅城の神籬」を立て、

そこから更に理想的な鎮座地を求めて各地を転々とし二十数箇所、

後に倭姫命がこれを引き継いで、およそ90年の年月をかけて

現在の伊勢神宮内宮、五十鈴川畔に遷座したといわれています。

�B-L--�B 4 (5)

ここにいると時が止まるような感覚にとらわれます。

やはり、ここに来ることに意味があったのだという感応が降りてきます。

しばしの時間、言葉もなくこの地にたたずみ、在りし日の大和を偲びます。

�B-L--�B 3 (3)

天皇陵を後にして振り返って、崇神天皇陵の全景をパチリ。

山の手前の小高い部分が前方後円墳を横から見たところです。

それにしても、きれいに整備はされていますが、

周りの風景は昔のまま、というような静かな田園風景でした。


今日もこうしてお読み頂ける方がいるので

頑張って書くことができています。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>

ランキングに参加しています。

1クリックで応援お願いします。(*^^*)
  ↓↓↓
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。
関連記事

タグ : 船井メディア 舩井幸雄 崇神天皇 倭姫命

19:20  |  三輪山大神神社  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/1186-b62ad7f9

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |