てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。

「龍音」音源など特典多数
【無料メルマガ】真善美☆アセンションワールド



★御嶽山噴火と10・8皆既月食、ここからどうなるのか

SnapCrab_NoName_2014-9-28_17-27-5_No-00.jpg

御嶽山噴火の被害に遭われた方のご冥福をお祈りし、

関係者の方にお見舞い申し上げます。



今年もあと3ヶ月。立て替え立て直し真っ最中。

どちらに進むのか、決断を迫られる10.8 皆既月食。



御嶽山の噴火。

桜島、御嶽山、浅間山のつながり、そして富士。



裏では白山のくくりのエネルギーが増大。

イザナギ、イザナミ、龍王、龍神「4」の暗示の統合とは?



久々に、こんな話を中心に、

上位版ブログ「エターナルワールド」更新しました。

今回は、内容が濃いのはもちろん、

どれも本質にアクセスしていますのでかなり重要です。



◆御嶽山噴火で国常立尊発動、龍宮の謎解き


9月27日、神の山として厚く信仰されてきた

御嶽山が噴火しました。


神様に陰も陽もないのですが、

あえて現象の陰陽でいえば

今回の爆発は陽の現象、これが今回の

大立て替え立て直しの中心です。



地球であり、大地であり、

山である国常立尊(くにとこたちのみこと)の

陰陽合わせの姿が龍であり、

波であり、海である、龍宮の龍神の働きなのです。



◆10月の太陽系惑星配列他 天文現象

◆10月、11月、12月の月の動き(皆既月食他)


今回はなんといっても10月8日の皆既月食。

なんと今回はかなり大きな暗示がなされています。


その暗示を紐解くと、この時代の大きな変革と

ここから私たちがどこに進むのかが

見事なまでに素粒子の場から見えてくるのです。




◆生か死か、10月の皆既月食の持つ意味

◆10月からの3ヶ月、あなたはフルイにかけられる


今年は、暦上は19年に一度の大切な時になりますが

それは言い方を変えれば

リセットしてゼロスタートに戻るときでもあります。


そのリセットのためのフルイに掛けられた私たちは

いったいどのように生きたらよいのか?

お教えしています。



◆夜明けの晩、2014こそが開びゃく、時代の「明けの時」

◆facebookに「希望」の結晶写真をUPした秘密の理由


命がけの祈りの切なる願いを一枚の結晶写真

「希望」に託して、フェイスブックにUPした理由を

あからさまに述べています。



◆「おとひめカード」に隠された秘密

◆「あけのうた」大神神社の鈴振って唄ってみた



◆舩井SAKIGEKEフォーラムになぜ呼ばれたか

◆共鳴磁場エネルギー注入クリスタルブレス限定公開


クリスタルブレスは、舩井SAKIGEKEフォーラム

限定発売の製品です。



もうちょっと書ききれませんが、今回はこんな内容になります。

いや~、今すぐアクセスして内容をご確認ください。



御嶽山はすでに動き出しているし、

皆既月食まであと1週間しかないです!!!!



上位版ブログ「エターナルワールド」はこちらから。
   ↓
http://mron.biz/s/186/




「エターナルワールド」

10月8日皆既月食からの3ヶ月、あなたはフルイにかけられる!

◆御嶽山噴火で国常立尊発動、龍宮の謎解きはこうだ!

◆10月の太陽系惑星配列他 天文現象
◆10月、11月、12月の月の動き(皆既月食他)

◆生か死か、10月の皆既月食の持つ意味
◆10月からの3ヶ月、あなたはフルイにかけられる

◆夜明けの晩、2014こそが開びゃく、時代の「明けの時」
◆facebookに「希望」の結晶写真をUPした秘密の理由

◆「おとひめカード」に隠された秘密
◆「あけのうた」大神神社の鈴振って唄ってみた

◆舩井SAKIGEKEフォーラムになぜ呼ばれたか
◆共鳴磁場エネルギー注入クリスタルブレス限定公開


上位版ブログ「エターナルワールド」はこちらから。
   ↓
http://mron.biz/s/186/




今日もこうしてお読み頂ける方がいるので

頑張って書くことができています。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>

ランキングに参加しています。

1クリックで応援お願いします。(*^^*)
  ↓↓↓
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。
関連記事

★徒然日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<★地軸がぶれるほどのプラズマ大変革 | HOME | ★崇神天皇と元伊勢伝説>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |