てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


★9月16,17日土佐高知、トーク&ライブツアー★

詳細、お申込みはこちらから。間もなく【早割終了】





●レムリアの愛×シャスタの龍【W】ヒーリング●

詳細はこちらから。限定特典間もなく終了です。




★突然現れた ヤマトタケルゆかりの伊射奈岐神社

�B-L--�B 1

崇神天皇陵からほどなく、伊射奈岐神社があります。

崇神天皇の時代に祀られたとされるこの伊射奈岐神社の境内には

大和天神山古墳があります。

というか、古墳の一角に神社が建てられたというのが

正しい言い方かもしれません。

�B-L--�B (1)

この古墳もかなり古いようですが規模は大きく、

崇神天皇に次ぐクラスの人物ではなかったかと思われますが

道路工事で前方後円墳の後円部の半分ほどが削られてしまったことから

その形を一部残すにとどまっています。

道路工事で、古代の古墳を削るって、、、

許認可どうなってるのですか~? 疑問。

�B-L--�B 3

あまり人気(ひとけ)がないので境内の空気は正常に保たれており

空気感は良い雰囲気ですが、ここも政治の表と裏を

色濃く残すそんな神社でした。

�B-L--�B 5

その昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)も

弟橘媛(おとたちばなひめ)を嫁に迎え、東征の際に

ここで戦勝祈願をしたと伝えられています。


�B-L--�B 1 (1)

なるほど。。。



まったくこの神社の情報はなかったんですが

それで今回私がこの地に来て、ふと目の前に現れ

この伊射奈岐神社に立ち寄ることになったんですね。

�B-L--�B 3 (1)

それにしても、三重県の生まれの弟橘媛がなぜこの地に

そして日本武尊に嫁いだのか?とか謎は深まるのですが

そういえば弟橘媛の生まれた場所というのも

たまたま偶然、日本武尊の墓に行った帰りにふと立ち寄って

見つけたのでした。

�B-L--�B 4 (1)

神武天皇陵を遥拝する遥拝所。


本殿は格式ある感じではりますが、なぜか春日式。

これも意図的に造り変えられた感がありますね。

�B-L--�B 4

おっと先を急ぎましょう。

景行天皇陵!

こちらは、最後に見る、崇神天皇陵です。

�B-L--�B 2 (1)


さようなら~。さよう奈良~。

(奈良にはまだいますよ。笑)


******


10月19日、山岡さん&てんごく。

超右脳開発&人生光転コラボセミナーのお申込みは

残席わずか!こちらから。
   ↓
http://mron.biz/s/193/

セミナー概要はこちら。
   ↓
http://mron.biz/s/194/

お早めにどうぞ〜!






今回はかなり読みごたえがある濃い内容が連載!!

「エターナルワールド」

10月8日皆既月食からの3ヶ月、あなたはフルイにかけられる!

◆御嶽山噴火で国常立尊発動、龍宮の謎解きはこうだ!

◆10月の太陽系惑星配列他 天文現象
◆10月、11月、12月の月の動き(皆既月食他)

◆生か死か、10月の皆既月食の持つ意味
◆10月からの3ヶ月、あなたはフルイにかけられる

◆夜明けの晩、2014こそが開びゃく、時代の「明けの時」
◆facebookに「希望」の結晶写真をUPした秘密の理由

◆「おとひめカード」に隠された秘密
◆「あけのうた」大神神社の鈴振って唄ってみた

◆舩井SAKIGEKEフォーラムになぜ呼ばれたか
◆共鳴磁場エネルギー注入クリスタルブレス限定公開


上位版ブログ「エターナルワールド」はこちらから。
   ↓
http://mron.biz/s/186/




11月1日、2日はこちら。

2日間、会場で、生体共鳴磁場測定(アストラル、エーテル、肉体共鳴磁場)
の体験セッションを行っています。



船井メディアセッションブースでお会いしましょう。





今日もこうしてお読み頂ける方がいるので

頑張って書くことができています。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>

ランキングに参加しています。

1クリックで応援お願いします。(*^^*)
  ↓↓↓
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。
関連記事

★三輪山  大神神社 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<★景行天皇陵からビビビ、急きょ元伊勢 倭笠縫邑へ! | HOME | ★地軸がぶれるほどのプラズマ大変革>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |