てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


★9月16,17日土佐高知、トーク&ライブツアー★

詳細、お申込みはこちらから。間もなく【早割終了】





●レムリアの愛×シャスタの龍【W】ヒーリング●

詳細はこちらから。限定特典間もなく終了です。




★12の数霊で宇宙とつながろう♪

IMG_0224_20131203212116849.jpg

間もなく12月12日ですね。


何かいいことがあるかもしれませんね。

おめでとうございます。



???



「あ~あ、今日も何もいいことないな~。」

と思って過ごす1日は、何も起こりません。


そうです。



あなたの潜在意識が

「何もいいことない」と思っているから

いいことも起こりようがないのです。



しかし、


「いいことがあるよな~」と思って過ごす1日は

潜在意識の中に「いいこと」に対する

アンテナが立っていますので、

いいことが起こりやすくなるのです。




その場では「いいこと」と思えないようなことでも

後になってみると、あの時のあれ、かな~りいい経験だったな、

なんてことも往々にしてあります。




だから、12月12日はいいことがある日なのです。

(と勝手に決めることが結構大切なんですね!)




ちなみに【12】は宇宙の基本数であり、

宇宙とつながるキーワードの数字なのです。



12時間、12ヶ月、十二支、などなど

12という数字は何かと宇宙の基本になっています。



世の始まりといわれる「ひふみ(123)」

これも初めの始めは12ですね。



つまり誕生から生成発展に向けての

エネルギーも12で始まっています。



だから12月12日は宇宙とつながり、

あなたにとって素晴らしい日になるわけです。



こんな風に、自分にとって都合の良い解釈はとても大切です。



都合よく生きる。



それは自分勝手とは違い

宇宙のエネルギーを自分のサポートに

使っていくおまじないのようなものです。



良いことが続いている人はより良くなるように。

良いことがあまりない人は、

ここで切り替えて、良いことが起こるように

この12の数霊を使っていきましょう。



では明日は【1212】です。

12月12日12時12分12秒に宇宙とつながってみましょう!笑

(そんなに暇じゃないですよね!(;^ω^))

でも、ここの時空は強力ですね!




以下、上位版blog「エターナルワールド」目次です。


*********


☆★☆タイトル☆★☆

アシュタールによって明かされた驚愕の前世と
転生の秘密を全公開!

◆12月の太陽系惑星配列ほか天文現象
◆12月、2015年1月、2月の朔弦望(月の動き)

◆アシュタールより私に伝えられたこと
◆11次元のアセンデッドマスター、アシュタール

◆世界各国の統治者としての過去世!?
◆今回の転生の目的は

◆アシュタールとの出会い、アダマのサポート
◆シリウス会議での議題「ユートピア地球の崩壊」

◆スターシードの埋め込みと地球への転生の約束
◆数百万本の光を持つスターシードとは

◆「水からの伝言」著者ドクターEMOTOとアセンション
◆アシュタールが伝えたドクターEMOTOのメッセージ

◆熊野での過去世、占星術と戦士
◆処刑台で打ち首になる瞬間起こった天の奇跡

◆近畿の五芒星は神の意図によって配置された
◆私のもうひとつの前世、空海の○○

◆トーク?波動?アート?アシュタールが奨めた仕事は
◆7色のオーラは星の種だった?

◆全国、行ってみようかな?トーク&波動セッション
◆新月と満月のアストラルムーンヒーリング

*********

上位版blog「エターナルワールド」はこちらから。
      ↓
http://mron.biz/s/212/




今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>

クリックであなたの心から世界に愛を♪
  ↓↓↓
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。



★blogに書けない話、裏話はこちらで。iPad他、豪華景品当たります。
       ↓
メルマガ:真善美☆アセンションワールド


関連記事

★言霊・音霊・数霊 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<★ここにも空海の庵があった(明星跡) | HOME | ★天空のサロン12月最後の個人セッション募集!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |