てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。

「龍音」音源など特典多数
【無料メルマガ】真善美☆アセンションワールド



★双頭龍つなぎ完了! 10月末の危険な天体バランス、宇宙の調整は入るのか?

IMG_8488_201510031304264ee.jpg

今日もクリック応援ありがとうございます♪
    ↓
にほんブログ村スピリチュアル  精神世界ランキング  


10月の上位版blogエターナルワールド

更新しました。


タイトル
************************************************
双頭龍つなぎ完了!
10月末の危険な天体バランス、宇宙の調整は入るのか?
************************************************


◆双頭龍のつなぎ、龍神の祝福を受けて

◆血の入れ替えは、地の入れ替え


◆いよいよやって来る10月末の危険な天体バランス

◆宇宙からの「シグナル」を生かす方法


◆意識とつながり・場のエネルギーのもたらすもの

◆緊急入院した父の容態とスーパームーンの関係


◆10月の惑星直列他天文現象

◆10月、11月、12月の朔弦望

◆10月のムーンボイドタイム(感情コントロ―ルタイム)


***


くくりの9月を終え、

今年も残すところあと3ヵ月をきりました。

締めくくりです。


大きく地球を取り巻くエネルギーが上がり、

ますます時間の経過は早く感じることでしょう。


九州糸島から双頭龍のエネルギーをつなぎに

北海道洞爺湖町へと入り、祝福のもと、

奉納演奏を行いました。


そしてその後の札幌のキーワードは

なぜか「大浄化」とのこと。


雨風、雷がついて回った北海道ツアー。


思い起こせば6月の夏至前、

空海の誕生日を挟んで北海道入りした時

洞爺湖に現れたUFOからは

地上に向けて虹が降り立ちました。


台風直撃の8月の九州糸島から、

9月のスーパームーンに向けて

再び北海道入りし、奉納演奏で龍の音を奏でると

直後に突然の風雨が。


北海道での一通りの働きが終わると

今度は爆弾低気圧。

札幌を離れ得る直前、実はここにも

UFO軍団が現れていました。


今回の浄化の雨風も、偶然でないことがわかります。


そしていよいよ

地球を取り巻く太陽系のエネルギーが

一気にひずみをおこしそうなこの10月。


何もなければいいのですが、

これまでもかなりあれこれ起こっていますから

注意するに越したことはありません。


そして父が8月13日に肺炎で緊急入院してから47日。

その間に私がやってきたこと。

そしてこの満月が引き起こした現象は

いったい何だったのか。


その他、10月に起こる太陽系の惑星配列。

月の動き、感情に作用するボイドタイムを一挙公開!


ご興味のある方は、下記リンクよりご覧ください。

***************************************

●上位版blog「エターナルワールド」
    ↓
http://mron.biz/s/243/

***************************************

レジまぐがリニューアルして、

上位版blogが見やすくなっています。



他にも面白い記事がたくさんのスピリチュアル。
    ↓
日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング



●新月・満月のアストラルムーンヒーリング
    ↓
http://tengokuworld.com/moon/



●220ページ電子書籍無料プレゼント。

光の壁紙もこちらからもらえます。
    ↓
メルマガ:真善美☆アセンションワールド



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>

関連記事

★徒然日記 | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<★今年も10月17,18日は舩井フォーラムへ | HOME | ★北の国から帰国しました>>

この記事のコメント

視線ぎょろりの龍神様


水墨画 というか
筆や墨でどんな画が描けるのか
興味をもちはじめたころ
本屋さんですごく氣になる龍神さまの画を

あとで調べたらその画集の在庫は
ないようだったので
書店さんの系列店に問い合わせをして

発送いただけることになったときは
嬉しかったですねえ。。。。


ご縁が結べた と
むちゃくちゃよろこびました(泣)
2015-10-07 Wed 13:17 | URL | ゆずりは #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |