てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。

新・龍神の岩戸アクセスヒーリング
88名様限定 募集開始!
お手軽分割対応いたしました。



★本音つらつら、龍の音が降りる時

3734b75b878cdfc67cbb505e3d30e648_s.jpg

ちょっとスタンス変わってますが

書きたいもの、書く。

書きたくないもの、書かない。

そんなスタンスでよろしくお願いします。



こっちの方がお互い楽でいいですねー!

おーーー、筆がスラスラ進みます~♪



まあ、筆が止まっちゃったら

その日の記事はそこまででジ・エンド。

そんな感じで。



この方が圧倒的にパワフルなので、

こんな感じで行かせていただきます。



先日の続き、ブログ書く書かないって話の続きをちょこっと。

まあ、今、答えは書いたのですけれど。。。



すべてを言葉にするのは難しい。

そう思います。



特にもう8年も書いてきてわかるんですが

本質的にそう思います。



言葉には力があるし、エネルギーもある。

でも私が最近書いてきた言葉には

エネルギーがあまりのってませんでした。


「書かなきゃ~」って感じで「書きたい~」って感じでは

なくなっちゃってたんですね、いつの間にか。



それでも文字にすることは大事だし、

ブログの存在にも意味はあるので否定するものではありません。



文字があるから社会が成り立っているのも事実。

法律の条文がなくて、音楽だけだったら

それはそれで大変なことになっているでしょう。



でも、縄文時代とか昔の人たちは、六法全書なくても

それで充分、生活していたんです。



ですから、言葉にすることも大事だけれど

言葉にしにくいものはそのまま伝えることも大事。


そういうことです。


特に見えない世界のことは

自動書記なんかを別にすれば

ほとんど文字では伝えられない世界です。



密教の奥義にしても口伝(くでん)というのがありますね。


私が3.11 東日本大震災で両足を骨折して

歩けなくなって、仕事も収入も、マンションの天井も(汗)

普段見ていた世界を何もかも失った時

見えない世界からは新しい音がやって来ていました。


そこから私は、以前とは全く違う人生を歩み始めました。


そして、内なる衝動に従って2012年12月、

自らの人生を変えることをこの3次元で決意し、行動したのです。

それこそがリアルアセンション。



マヤの長期暦は終わっても

人類滅亡は来ないし、大きなどんでん返しもない。


「目の前の現実を変えること」


まずは自分で自分の人生が変えられなければ

世の中の変化や世界の平和、戦争の撲滅、

理想をかかげても何もできるはずがない。


そう思いました。


そしてそこから3年、見えない世界からの音は

それを具現化させるべく、私にチベット法具を与え

その法具を奏でることで「龍音」として形になりました。



見えない世界が見えちゃうちょっとヘンテコな(ごめんなさい)

目を持っている人が見ると、私の「後ろ」には

巨大な龍、2体の龍、祈る人々、岩窟寺院、龍の軍団、

そのようないろいろなヴィジョンが見えるのだと言います。



これは高次元のアシュタールという存在から

私の友人の見えちゃう人までみなさん同じように、

同じようなヴィジョンを見たと告げてきます。



私は前を向いているので「後ろ」は見えません。笑



演奏が始まると、私はすぐに「僧侶の姿」になると

見えちゃう人たちは皆さんそのようにおっしゃいます。

あ、今は、髪の毛ありますからね!

意外とふさふさよん~。



ちょっと横道にそれましたけど、そんな見えない世界の音を

この世界に降ろす必要があったようですね。



それもこの2015年にやる必要があったようです。

時空は複雑に絡み絡まって、今日、この時を作り上げています。



たったひとつの現象だって、プラスに取る人もいれば

マイナスに取って、自分の目の前の現実を

マイナスの世界として具現化する人もいます。


「何がしたいの?」


「幸せになりたいです。」


でも、選択して作り上げて行く世界の「因」は

「恨み、悲しみ、憎しみ、愚痴、競争、比較」といったマイナス。



因果応報に例外はないんです。



宇宙は混沌としていますけど、その奥には

厳然たるひとつの法則があって

その法則に従って結果が生み出されますから

先ほど書いたようなマイナス思考から幸せな現実は生まれませんし

人のことをとやかく言っている状態から

平安な世界は訪れないのです。



音には良いも悪いもありません。

あなたがそれをどう感じて、

どう世界を作り上げて行くかしかないのです。



私が感じた世界、受け取った音、

私はそれを自分の中を空にして伝えて行きます。


ですから、演奏中は手を動かしてはいますが

ほとんどトランス状態なのです。


「今日の音は、次はこれだよ」「次はこっち」

と指示されるまま自動操縦。笑



そんな音を通じて、出逢った人に幸せになって頂きたい。

出逢ってない人にも、できれば幸せになって頂きたい。

そう思います。



だってせっかく生まれてきたんだもの。

「死」という瞬間に向かって生きているんだもの。

今あるこの時間で、私に何ができる?

とまあ、そんな感じ。


なんかもう、空っぽなんだな~。


そんな空っぽの何もない私の「龍音」のサイトができました。

「龍音シンギングボウル」オフィシャルサイト
    ↓
http://dragonsinging.com/

CDも購入できますけど、生の音にはかなわないです。

CDは場の浄化とヒーリング、集中、瞑想、入眠用にどうぞ。

cdjacket.png


新しく生まれ変わった私の本音と

時空を超えた本当の真実を、

ブログじゃなくて、あなたの目の前でお話します。



もちろん「龍の音」も奏でます。

ということは龍たちもご一緒に、ということです。



今年はこの2ヶ所でファイナルです。


ちょっと遠くても、魂がなんだかそわそわ

気になるようならぜひお越しください。


あなたが「本当に行きたい」「行こうと思うかどうか」

それだけなのです。



だって私は横浜から行っていますからね。笑

言っておきますけど、交通費とか宿泊費とか自腹ですから。



かつての故郷、讃岐、善通寺。
   ↓
http://tengokuworld.blog96.fc2.com/blog-entry-1418.html


そして大阪。

実はこの大阪は、熊野、三輪山とつながるのです。
   ↓
http://studio-kara.com/news/24618


地球を取り巻く異次元の世界がエネルギー吹きまくりですから

このイベントに限らず、意識を高めて行動してみましょうね。



今日も思わず長くなっちゃった!



でも、こんな感じの内容でもいいよ~!っていう方

またはこういう感じの方が断然いいよっていう方は

こちらのランキングを3ポチお願いします。
にほブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング


関連記事

龍音シンギングボウル | コメント:1 | トラックバック:0 |
<<★何それ?新月のアストラルムーンヒーリングって? | HOME | ★心より愛と感謝をこめて>>

この記事のコメント

話は苦手で はがき一枚でも書くのが億劫

人がすらすら話せるさまが驚異のように
思えていました

ところがさまざまな行き違いから本当に
言葉が出なくなった(口がきけなくなった)とき
のこされたのは書くこと 文字だけでした

そんなこんなでブログもはじめたので
書けない あらわせない悩ましさというのは
分かる気がします
といっても 本質はてんごく。さんとは
違う感覚に存在するのではと観じますが(汗)

それでも 哲学や詩にたずさわるかたの
ことばから 書くことは決して無駄じゃない
時に無力だと思えても あきらめてしまわずに
いようと感じています

なので 感情や感覚をごまかしていたり
気持ちがきちんとかみあっていなかったり
するときには書けないですし 書きません
それによって 記事を出したり引っ込めたり

人にはそれぞれ お役目があるのですよね

肩書きのようなものばかりではなくて
織物のなかの ひとつひとつの糸のように
せかいをかたちづくっている 生命

たくさん書くことはないけれど
そのときそのときで ことばを語りかけることを
意識しはじめてから
なにかが変わってきている感触があります

私は 画 から音へ そうしてようやく
文字 からことばに 進化したのかもしれません

そう 考えてみると
てんごく。さんのブログにもいろいろな表情
(かお)があっていいのではないかなと
思いました

なんとか動いてみないと
そこに想いがあることさえ伝わらない


愛にこたえなくてもいいけど
愛を受け取ったことだけこたえてほしい
という歌があったなあ。。。


書いてくださって有り難うございます
てんごく。さんの書きたいものを書いてください
とりとめなく全文はいりきらなかったらご容赦を

これでも無口なんですよ 私(涙)
2015-10-13 Tue 15:57 | URL | ゆずりは #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |