てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


★9月16,17日土佐高知、トーク&ライブツアー★

詳細、お申込みはこちらから。間もなく【早割終了】





●レムリアの愛×シャスタの龍【W】ヒーリング●

詳細はこちらから。限定特典間もなく終了です。




★高次元リトリート in 空海生誕の地 善通寺

IMG_3833.jpg


4月13日、空海生誕の地、善通寺を行く

アシュタール高次元ツアーを企画させて頂きました。

またもや今回もミラクル続出の1日でした。


前日の予報では、雨の確率午後80%。

前日はことあるごとに何とか高松から西に龍を飛ばし、

「頼んだぞ!」雨を少し遅らせてくれ!

そう願って夜になると、雨が少し後ろにずれていました。

(かなり働いてくれてありがとうね)


IMG_3852.jpg

雨の確率夕方60%。よし、行ける。

まあそうはいっても曇りのち雨だろう。

そんな感じで朝を迎えた13日。

予想を覆して、朝は穏やかに晴れていました。


空海生誕の地。かつてその昔、

私もこの地で生まれたとアシュタールはいいます。


IMG_3857.jpg

空海生誕から幼少の頃過ごした場所、

当時の記憶に迫るアシュタール高次元ツアー。

私自身の前世の記憶をたどる旅でもあります。


IMG_3842_20160419225128753.jpg

お参りしている時、本尊の薬師如来さまから薬壺をいただいた本堂。


IMG_2952_201604192235591d0.jpg

幼いころ、ともに遊んだであろう楠(くす)の木。


「一緒にこの木に登ったり、周りでおいかけっこしたり

 石をけったりして遊んだね。」

空海の一言ひとことに、涙しそうになります。


12961256_610364815783555_7336641509720854031_o.jpg

アセンションの白鳩が異次元から現れた五重塔。

いろんな不思議な体験をした善通寺。


ここまで不思議なことが重なると

本当に深い因縁があったのだなと思わされます。


各所で、アシュタールからその秘密が語られました。

今回は、すべての場所で空海からのナビゲートがあり

私たちは空海から直接、いろんな話を聞きました。

尊いことです。


善通寺で空海の話が終わった瞬間、

時間を見たらびっくり。思わず画面を保存。


IMG_0969.jpg

テリーさんいわく、チベット数秘術では

1111はカルマ解消を達成したという意味の数字だとのこと。


1111=1+1、1+1で 22 空海の数霊にもなります。


IMG_0770_201604092303075e4.jpg

そういえば、善通寺に来る前、

大阪で泊まっていたホテルの部屋も1111でした。


IMG_0731.jpg

高野山は22号室だったし。


IMG_0971_201604192231132b0.jpg

雨模様どころか空を見上げたら、日輪が。


IMG_3865_20160419234251d4f.jpg

そして彩雲。太陽の上の方に美しい虹色が。

カルマ解消の1111。

祝福以外の何物でもありません。


こうして縁して再び集った

1200年前の御魂の再会を本当に歓迎してくれました。


ありがとう、アシュタール。

ありがとう、空海。


IMG_3858_2016041922360853d.jpg

空海が話し終わると、人々がぞろぞろ現れるという展開。(^-^)

すべての場所で、お人払いが行われたのでした。


熊本に愛と光を。


「新月・満月のアストラルムーンヒーリング」
  ↓↓↓
http://tengokuworld.com/moon/


「龍音シンギングボウル」 オフィシャルサイト
  ↓↓↓
http://dragonsinging.com/


ご興味のある方は、下記リンクよりご覧ください。

上位版blog「エターナルワールド」
    ↓
http://mron.biz/s/243/


220ページ電子書籍・光の画像【無料】プレゼント。
  ↓↓↓
真善美☆アセンションワールド



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>

こちらの3つのランキングバナーをクリックお願いします。
にほブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング
いつもクリックありがとうございます。

関連記事

★讃岐・善通寺 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<★北海道神宮周辺 空海の謎&札幌セッション日程追加! | HOME | ★天空セッション、満員御礼となりました>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |