てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。


★9月16,17日土佐高知、トーク&ライブツアー★

詳細、お申込みはこちらから。間もなく【早割終了】





●レムリアの愛×シャスタの龍【W】ヒーリング●

詳細はこちらから。限定特典間もなく終了です。




★神秘的な夜のルクソール神殿、オベリスクから光が!

IMG_9190.jpg


カイロ空港からの夕陽。

エジプト、カイロから空路約1時間。

古代の都、ルクソールへ。

日本で言えば東京から京都へ、

距離感はちょうどそんな感じでしょうか。


今回、エジプトに来た目的はたった3つだけ。

そのうちのひとつ、目指すは「王家の谷」。

ツタンカーメンをはじめとする数多くのファラオが眠るその場所。

次の日の朝一で、ナイルを渡って。


IMG_9288.jpg


ルクソール神殿の参道。


IMG_9320_20170107173818c84.jpg


ライトアップされた神殿もまた神秘的。

中央にそびえたつのが「オベリスク」。


いろんな時代のいろんな理由で(略奪とか贈呈とか)

エジプトのオベリスクは海外へもあちこち持ち出されて

いろんなところに立ってたりするよう。


IMG_9211.jpg


象徴的なラムセス2世の巨像。

あちこちに巨大像を作らせたラムセス2世は

ナルシストやな~。(^-^)

でもこうやって権力を形で見せないと、怖かったんだろうなー。

心配と不安が伝わって来ます。


IMG_9276.jpg


圧倒的な存在感。いや~、素晴らしい。


IMG_9248.jpg


アメン・ラー神を中心に、いろんなストーリーが刻まれ、

壁画が歴史を物語ります。


IMG_9233.jpg


ゲートをくぐる度に、エネルギーが変わります。


IMG_9270.jpg


ロシアからやって来たスピリチュアルな人たちが

無言で立ち尽くしたり、神聖な時間を過ごしています。


IMG_9249.jpg


ここが神殿の一番奥の神聖な場所。

多分昔は、神官とかしか入れなかったんでしょうね。


入口に戻って、、、。


IMG_9296.jpg


これが巨大なオベリスク。

右下に人がいますから、大きさを比べると

圧倒的な大きさ。25mだそうです。

これが一枚岩で作られているとは、恐れ入ります。


作ろうと言った人もだけど、作って、建てた人もまたすごい。

当時の建築技術がいかにすごかったか。

今から3000年以上前のことです。


Place-de-la-concorde.jpg
(c)Wikipediaより


もともとルクソール神殿には左右に2本オベリスクがあったんですが、

そのうち1本は今、パリのコンコルド広場に建っています。

どうやって運んだんでしょうね~。

途中で折れたら、怒られるど~。(;´Д`)


IMG_9310.jpg


オベリスクが気になって撮り続けたんですが

先端から上空に向かって、光が出ていますね。


それはいいんですが、さらにさらに、とんでもないものが

写り込んでいました。カメラのブレとかではないです。

明らかに、何かいる!!


こりゃ、「月刊ムー」だな。笑笑

次回はそちらに迫ります。



次の記事が見たい方はブログランキングも

ぽちっとクリック頂くと飛び上がって喜びますっ!!\(^o^)/

2017年も運気を上げて行きたい人はポチっとね。
   ↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます。 <(_ _*)>



★先行情報メルマガはこちらから。

220ページ電子書籍・光の画像【無料】プレゼント
   ↓
真善美☆アセンションワールド


★新月・満月のアストラルムーンヒーリング(R)
   ↓
http://tengokuworld.com/moon/


★次元上昇でカルマ解消 「龍音シンギングボウル」
   ↓
http://dragonsinging.com/


★上位版ブログ「エターナルワールド」はこちらから
   ↓
http://may1.biz/s/15/


★聞くメルマガ~ブログに書けない裏話~5次元問わず語り
   ↓



日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング
関連記事

★エジプト | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<★なんじゃこりゃー!オベリスクからフライングDNA! | HOME | ★内なるトランプとヒラリー、ギザのピラミッドのダイヤと地下室の秘密>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |