てんごく。さんのリアルアセンションワールド

愛と感謝、内なる真実を具現化できる人生を送りたいものです。



 詳細はこちらから




★白髭神社、日輪、ライブ後に続々金粉現象現る

P6170851_20170622230154410.jpg


三井寺でのナイスショット!




写真 2017-06-17 14 44 36


パワードラゴンに見守られながら

三井寺から琵琶湖を湖沿いに北上して

次なる場所は白髭神社。


白いおひげのおじいさんが祀られている神社、、、

ではありません。笑


写真 2017-06-17 14 41 09


でもまあ、由来はそんな感じかな~。


ここは、宮島の厳島神社のように

水の中に鳥居が立っていて

湖の中から、神社を拝するような

そんな造りになっています。


写真 2017-06-17 14 46 44


祭神は、猿田彦大神。

お伊勢さんでも有名な道開きの神さまですね。



私も子供の頃から、親が、何かというと

「伊勢の猿田彦さんにお参りに」

みたいなことで聞いていた名前なので

なじみがあります。


写真 2017-06-17 14 41 56 (1)


この神社に来たら、

すぐに気になったのが神社の裏山。

大きく見れば、明らかにここがご神体。

と思ってみてみたら

なんとここに古墳があるという。


で行ってみると、やはりここのエネルギーが強い。


写真 2017-06-17 15 09 34


石室の入口が祠になっており

「岩戸社」となっています。

貴重な自撮り~!!笑笑



かつてこの地を治めた豪族の墓なのか

定かではありませんが、

古墳独特の雰囲気がありました。



湖の中から龍がやって来たとすると

ここ「岩戸社」が目的地になっているようです。


写真 2017-06-17 14 57 53


それが本殿の後方にあって

祖の岩戸社の横にはピラミッド様の磐座が鎮座。

ここで第2ミッション。


写真 2017-06-17 14 23 21


で、白髭神社を後にして、

一路、奥琵琶湖のホテルまで

バスは走ります。



移動中空の怪しげな雰囲気も

なくなって来ていたので

もう気にしなくなっていたのですが、

ホテルに着いてバスを降りたら

みんなびっくり!


写真 2017-06-17 16 29 40


またもや、日輪が。

こんな夕方、出ます?

半分、お山に隠れていて虹のように

弧を描いています。



今日も祝福の一日でした。

といいつつ、ここから第2ラウンド

ナイトバージョン!笑笑


写真 2017-06-17 17 29 42


この後、ホテルで、竹生島をバックに臨みながら

かな~り距離の近いぜいたくなトーク&ライブ。

最前列のひとしか映ってないけど。。。

会場は50畳くらいあったかな。


DSC09571.jpg


夜はお食事、お部屋でのお話会と

0時過ぎまで続いたのでした。。。


DSC09579_20170622233855435.jpg


2人、3人と金粉が現れ、だんだんと増えて行きました。

龍音だけじゃなくて、最近は、

お話してたり、お食事してても出てきまーす。




ブログランキングもぽちっとクリックすると

あなたの中の龍の力がアップします(^O^)
   ↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


アシュタール 札幌 グループセッションはこちらから。
  ↓
http://ashtar.info/



**********************************
LINE@友だちで8大特典プレゼント♪
**********************************

http://may1.biz/s/63/

友だち追加
クリックしてQRコードを読み取ってね!


または @tengokuito で LINE検索
必ず@をつけて検索してね!



★220ページ電子書籍・光の画像【無料】プレゼント
   ↓
真善美☆アセンションワールド


★次元上昇でカルマ解消 「龍音シンギングボウル」
   ↓
http://dragonsinging.com/


★新月・満月のアストラルムーンヒーリング
   ↓
http://tengokuworld.com/moon/


★上位版ブログ「エターナルワールド」
   ↓
http://may1.biz/s/15/
関連記事

★琵琶湖 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<★またもや日輪に導かれ最終ミッション竹生島へ | HOME | ★三井寺でも日輪、奥琵琶湖龍伝説ツアー>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |