2017'08.09 (Wed)

★スピリチュアルサミット3 『響』 人生の鍵は波動のチューニング。

spisami3.jpg


今日はこの秋から始まる新企画

「スピリチュアルサミット3」のお知らせです。

各界のすごい方々との前代未聞のコラボ!



スピリチュアルサミット3 ✨『響』✨

あなたの人生の鍵は波動のチューニング。



◆第1回目==

<龍>が降りてくると評される22個の<シンギングボウル>で

その「龍音」を全国で奏で、

様々な不思議な現象を引き起こしている

伊藤てんごく。さんと

ガンを薬なしで克服し<大愛>とキーワードが突然降ってきて

奇跡が起きると言われる<瞑想法>を確立した

BENIRYU(べにりゅう)さんによるアナザー・ワールド・セッション!



◆第2回目==

色の専門家として長年研究を続け

独自の<ソウルカラーセラピー>の体系を構築し

その著書も累計で12万部という佐々木仁美さんと

人は心も体も周波数(エネルギー)であるという観点から

個から調和の世界へと導く<ミュージックセラピー>を展開する

KABUTO(かぶと)さんによるワンネス・ワールド・セッション!



◆第3回目==

音に光の波が視える<共感覚>を持ち<13のチャクラ>が見え

<クリスタルボウル>による倍音の響きによって

癒しと気づきをもたらす和泉貴子さんさんと

その声に<祓い>の力があり元気になると評され

長年国内外問わずアニメソング界のビックスターとして

活躍する奥井雅美さんによる光を感じる女神トークセッション!



◆第4回目==

循環呼吸、倍音、密息を自在に操り、虚無僧尺八をライフワークとし

国内外で活躍する超絶技巧の尺八奏者・中村明一さんと

3歳から17歳まで英語圏で育ちサイケデリック文化を幼児時代に体験

イギリスのロック・アーチストと多くの作品を作って来たAyuoさんによる

アートパフォーマンス・セッション!



◆最後はスペシャル・セッション==

伊藤てんごく。さん、BENIRYUさん、佐々木仁美さん、KABUTOさん

奥井雅美さん、和泉貴子さん、中村明一さん、Ayuoさん、

8名によるトークセッション

ということで、この秋10月から始まります。

詳細は、こちらから。無料動画を見てね。
  ↓
http://ryuon.biz/s/22/


20668876_1491100960982880_2059132068_n.jpg




◆9月16日~土佐高知トーク&ライブツアー

※88箇所霊場札所にも行きます。

今なら早割りです(*^-^*)
   ↓
http://ryuon.site/



◆9月9日「レムリアの愛×シャスタの龍ヒーリング」

特典は先着33名限定です。
   ↓
http://lemurian.info/



ブログランキングもぽちっとクリックして

あなたの中の龍の力をさらに目覚めさせてください(^O^)
   ↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


**********************************
LINE@友だちで8大特典プレゼント♪
**********************************

http://may1.biz/s/63/

友だち追加
クリックしてQRコードを読み取ってね!


または @tengokuito で LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


★龍音音源、220ページ電子書籍・光の画像【無料】プレゼント
   ↓
http://tengokumail.com/


★次元上昇でカルマ解消 「龍音シンギングボウル」
   ↓
http://dragonsinging.com/


★新月・満月のアストラルムーンヒーリング
   ↓
http://tengokuworld.com/moon/


★上位版ブログ「エターナルワールド」
   ↓
http://may1.biz/s/15/


★聞くメルマガ「5次元問わず語り」
   ↓
https://regimag.jp/magazine/5jigen


★共鳴磁場研究所オフィシャルサイト
   ↓
http://heavenrise.co.jp/


関連記事
22:52  |  スピサミ響  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/1894-9a7344fc

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |