FC2ブログ

2008'09.14 (Sun)

中秋の名月 月見うどんと123の不思議

今日は旧暦8月15日、中秋の名月。十五夜ですね。

日本は、大自然の恵みによって豊かに育てられた国であり、自然を慈しみ
自然に感謝する風習も多く残っています。

十五夜のお月見もそのひとつですね。

今宵、月を感じて、祝詞などを奏上してみるのも良いかもしれません。
自然の恵みに感謝しながら、しばし天津祝詞をお聞きください。



忙しい日々の中では忘れかけている何かに気付かせてくれます。
宇宙、自然、生命、すべて尊い恵みです。


さて、話は飛びますが、お月見といえば「月見うどん」。
(ほんとに飛びましたね~。笑)

今では、うどんに卵がのっているものを「月見うどん」と言いますが、これは
本来の月見うどんの形ではありません。

本来の形は、うどんの上に海苔(のり)を乗せ(これを夜空に見立てます)、
その上に卵をのせて、夜空に浮かぶお月さまを器の中で演出しました。

いつの間にか、時代の流れと共に粋な風情は忘れ去られ、卵が入っていれば
「月見うどん」となってしまいました。

卵だけなら「卵うどん」でいいですよね~。

今度月見うどんを食べる時があれば、ぜひ海苔をトッピングしてみて下さい。


最後になりましたが、昨日、ひふみ先生の記事を書きました。今日確認して
ビックリだったのですが、昨日のblog最終アクセス数が123(ひふみ)だったんです。

access.jpg

こんなこともあるんですね~。まさに神仕組み。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
みなさんに十五夜の癒しの光が降り注ぎますように。

え~、ランキング2位ですか!こんなことあるんですね~。^^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ 精神世界ランキング ブログランキング【くつろぐ】

いつもありがとうございます。心より感謝いたします。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : ひふみ 名月 十五夜 月見

21:23  |  徒然日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

HALさん

ありがとうございます。

小さい頃の出来事や想い。辛かったことや嫌だったこと。

すべてがあって、今の想いがあります。

私も振り返れば、いろいろありましたが、今思えば
すべてが感謝の対象でもあります。

まだまだ、本当の学びはこれからですけどね。^^
てんごく。 | 2008年09月14日(日) 20:58 | URL | コメント編集

ごちそうさまです♪

日本にしかない、独特な感性…
私、小さい頃は嫌なことばかりで、(日本なんかに生まれてきて最悪!)辛かったけど、ゆとりが出てきたこの頃…
ああ、日本人の感性は美しいんだなって思えるようになりました。
月見うどんの芸術もそう。
お腹、空きました…(笑)(´ω`)
HAL | 2008年09月14日(日) 17:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/191-1c49ac10

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |