2018'02.15 (Thu)

★新月から春分へ、龍の岩戸開きの話

0321a.jpg


まもなく新月ですね。

立春、バレンタイン、イベントが続いて

あれこれ言っている間に

旧暦でいえば今日は大晦日。

明日の新月は午前6時5分です。



みずがめ座の時代、

みずがめ座の新月がやって来ます。

明日は旧暦の新年なのです。



ここ数日を振り返ると

2月 8日には月と木星が接近。

そして2月12日には月と土星が接近。



私たちは、この一連の流れの中で

地球からは、春のエネルギーとして

芽生えのエネルギーを受け取りました。



その上で、木星からは大いなる目標と

発展繁栄につながるエネルギーを。



土星からは試練に立ち向かうための

強く険しいエネルギーを受け取りました。



新しい陰陽バランスを大前提として

再出発するに相応しい後押しが目白押し。



天と地はどこまで私たちを

押し上げてくれるつもりなのか。



私たちは着々と、アセンションへの道のり、

進歩と進化をうながされ続けています。



しかし、度々話題に上がることではありますが

ここまで前進と変化を続ける勢いが止まらないと

どうしても新たな問題が浮かび上がってきます。



私たちの心の中には、小さい頃に受けた心の傷や

人前に晒したくない恥の部分などが存在するため

無意識のうちに、それを避けて先に進もうとします。


トラウマは向き合いたくないもの。



その結果、向き合いきれていない問題が

自分を足を止め、首を絞めてしまうという事態が

往々にして起きてくるのですが

何せ無意識の問題なので

把握することがしづらいのがネック。



「思うようにならない」と気づいてはいながら

それが何故かというところにまでは到達しない

というパターンが増加していきます。



それでも、この問題に対する答えもまた

陰陽のバランスで出すことができます。

理想という陽に対して

お金という陰がセットであるように。



理想という陽に対して

欲や執着をはじめとする陰もセットで

そこまで含めて「自分は自分」と

認めることが必要なのです。



これまでの世界の流れでは

「不要なものは切り捨てる」のが

一般的な流儀でしたが。



今の流れの中では

「全てひっくるめて昇華する」のが

レベルアップのコツであり

リアルアセンションに必須の視点です。



目をつぶっていればやり過ごせる時期は

もう終わってしまい

何事にも気楽に気軽に、

でも真面目に向き合い

あらゆる要素を自分にとって有用な

あるいは無害なものへと変換するように

認識を変えていかなくてはなりません。



そんな時に、

今一度大切に考える必要がある時。

それは春分です。



今年の春分は3月21日。

立春に行なわなかった「龍神の岩戸開き」

今年は春分にバリバリ集中して行ないます。



そして、レムリアとのつなぎも。

今すぐ、新しい年の最後の幕開けを

豊かに受け取ってください。



あなたが明るい未来を信じれば

それは現実になるのです。


この3月の大きなイベントで、高次元のエネルギーは

それを必要とする人の元へ確実に届きます。


そして私は4月、出雲大社へ、正式奉納の旅に出ます。


あなたの望むものをフォローの風でサポートする

龍神の春分岩戸開き。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

 龍神の春分岩戸開きヒーリング」

 本日公開いたします。
   ↓
 http://dragonresonance.com/

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


すでにお申込みされた方は、

楽しみにお待ちくださいね。

いつもありがとうございます。




ブログランキングものぞいてみてくださいね。
   ↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


★LINE@
   ↓   
http://may1.biz/s/63/

友だち追加
クリックしてQRコードを読み取ってね!


または @tengokuito で LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


★共鳴磁場研究所オフィシャルサイト
   ↓
http://heavenrise.co.jp/


日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング
関連記事
23:12  |  龍の岩戸ヒーリング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/1987-d766a3f8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |