FC2ブログ

2018'09.25 (Tue)

★北陸白山トーク&ライブ、またもやミラクルからの~

写真 2018-09-23 7 03 29


9月22日(土)

北陸 白山市でのトーク&ライブ

無事に終了しました。


写真 2018-09-21 13 03 55


白山ひめ神社での奉納の翌日とあって

とても神聖な気分でのスタートとなりました。


会場いお越しになられたお客さんが

とても良い人ばかりで、

なんだか自然と打ち解けて

とっても話しやすいトーク&ライブでした。


写真 2018-09-22 11 56 48


今回も、不思議写真展を同時開催しました。

いつもはお寺とか神社の参集殿とか

畳の和室でのトークライブが多いのですが

たまにはこんなライブシアターでの開催も良いですね。


写真 2018-09-22 13 19 23 (1)


初めてのスタイルでしたが、会場の大きさもちょうどよく、

とてもやりやすかったです。


今回は、当初、金沢での会場を探していたのですが

しっくりくるところがなくなかなか決まらず

白山市で探してみたところ、一発で決まったというのも

まさに白山比咩大神の思し召しだったのでしょう。。。


と思っていたら、本当にそうだったのです。



実はこのライブシアターのある所は

松任金釼宮のかつての表参道だったのです。


写真 2018-09-22 11 56 10


菊理媛さまは

「あなたはスサノオを連れてきてくれるから」

「スサノオの剣で悲しみを癒しに来てくれるから」

「私があなたを呼んだのです」


そう言われました。


写真 2018-09-22 11 58 51


前日、スサノオノゆかりの神社を探していたのですが

結局、廻ったところにはなく、

いまひとつピンとこなかったのですが

なんとトークライブ会場自体が、

スサノオの宮の表参道に位置していたのです。


それを教えられたのは、なんとトークライブの

休憩時間だったのです。


写真 2018-09-22 21 34 50


そして会場に面する通りの向かいは

松任城址公園。

またもや城址のすぐ目の前。



土佐の時もそうだったな~。

土佐の桂浜で行ったライブの会場は

なんと、関ヶ原で豊臣方についた長曾我部氏に

とってかわって土佐を治めることになった

山内一豊が入場することになった浦戸城の址だったのです。



今回の白山のライブでは、演奏が始まると

ラップ音のような音が鳴っていました。


写真 2018-09-23 7 03 51


城址からやって来たたくさんの癒されていない

御霊が天に還って行ったそうです。


まあ、裏ではこんなことがいつも起こっているのですが

実際には、とても楽しく最後までお話ができた

トークライブでした。


写真 2018-09-22 21 35 05


あ~、富士山のことも、龍のことも

もっと話したかったけど、2時間、

トークの時間はあっという間に終わったのでした。



北陸の話はまだ続きます。



次回は広島トーク&龍音ライブ、

10月28日、開催。
   ↓
http://tengokuworld.jp/blog-entry-2088.html



地球の新たな次元移行に向けて

白山比咩大神とスサノオノミコトのご神威を受けるべく

クリックをお願いします(*^-^*)
   ↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


第26回 国際波動インストラクタースクール in TOKYO

10月12~14日開校、講師を務めます。
   ↓
http://tengokuworld.jp/blog-entry-2086.html
    

**************
LINE@はこちら
**************

http://may1.biz/s/63/

友だち追加
クリックしてQRコードを読み取ってね!


または @tengokuito で LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


220ページ電子書籍・光の画像【無料】プレゼント
   ↓
真善美☆アセンションワールド


日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング
関連記事
15:14  |  龍音シンギングボウル  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/2114-8a9d6ddd

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |