FC2ブログ

2018'12.07 (Fri)

★国歌「君が代」はヘブライ語だったのか!?

写真 2018-12-01 13 00 33


淡路国一之宮 伊弉諾神宮。

古文書にある国生み神話の中心地、淡路島。

もう6年ぶりでしょうか、淡路島。


写真 2018-12-01 13 02 27


伊弉諾神宮に行き

鳥居をくぐると、さざれ石があり

君が代の碑があります。


そうそう、せっかく淡路に来たので

普段はあまり触れない

日本とユダヤの謎について少しだけ。


ここ淡路島はかつて、ユダヤの失われた十支族が

日の出ずる東の国を求めてやってきた

ところとも言われています。


この後訪れますが、実際にユダヤの遺跡も存在しますし

数々の地名や風習にも色濃くユダヤの色が残っています。


淡路島ツアー 池田_181207_0143


不思議なことに


国歌「君が代」を日本語とヘブライ語でひも解くと・・・


日本語    ヘブライ語     意味 

*********************************************************

君が代は   クム・ガ・ヨワ   立ち上がれ

千代に    チヨニ      シオンの民  

八千代に   ヤ・チヨニ     神の選民

さざれ石の  ササレー・イシィノ  喜べ 残された民よ 救われよ

巌となりて  イワオティ・ナァリタ  神の預言が成就した

苔のむすまで コカノ・ムーシュマッテ 全部あまねく宣べ伝えよ

*********************************************************

となり、ほとんど発音が一緒。

本当にユダヤと日本が深い部分で

繋がっているかのように思えます。



君が代をヘブライ語で発音するとこうなります。
  
※音声ボリュームににご注意ください。
   ↓
http://www.historyjp.com/audio/kimigayo.mp3


君が代の歌詞を見ながら聞いてみると

ヤバいくらい、ほとんど一緒なのです。


「きみがよは(クムガヨワ)

ちよに やちよに(チヨニヤチヨニ)

さざれ いしの(ササレーイシィノ)

いわおとなりて(イワオティナァリタ)

こけのむすまで(コカノムーシュマッテ)」



そして、一説にこんな意味もあります。


イザヤの意味は神の救い、ナギッドの意味は王子。

「イザ・ナギ」は、神の救いの王子。神の子。

という感じになります。



また、イザヤ神の救い、ナミは慰み。

「イザ・ナミ」は神の救い、慈悲の存在。



こんな感じになるのでしょう。

淡路島は古事記・日本書紀にも歌われる

国生みの地。



そんな根幹のところにユダヤと日本の関連性が

ちらほらと見え隠れするのもまた興味深いですね。



日本かユダヤか、とそういう小さな料簡ではなく

宇宙根本の国生みのエネルギーは

根本的に地球のこの東と西の聖地に降ろされた

宇宙の叡知であるという捉え方の方が

宇宙的で良いのではないでしょうか?



ちなみに日本は日の丸。太陽のイメージは昼であり、陽。

j.jpg


イスラエルは六芒星。星のイメージは夜であり、陰。

y.gif


陰と陽、星と太陽。

今こそ再び陰陽統合の時代なのかもしれません。


これからまだまだ日本の国生みの地である淡路を進み

ユダヤと日本の謎めいた歴史に触れることになるのです。



君が代はイザナギ・イザナミの世。

クリックして国生みのエネルギーを受けてください。
    ↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


**********************************
☆ 8大特典プレゼント中 LINE@はこちら
**********************************

http://may1.biz/s/63/

友だち追加
クリックしてQRコードを読み取ってね!


または @tengokuito で LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


★220ページ電子書籍・光の画像【無料】プレゼント
   ↓
https://canyon-ex.jp/fx6853/3


日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング


関連記事
00:13  |  淡路島  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/2171-2adb42ed

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |