FC2ブログ

2018'12.23 (Sun)

★新春元旦DNA覚醒ヒーリング☆彡

熊野本宮大社


連休をいかがお過ごしでしょうか。

私は、冬至と、満月と、ヒーリングに明け暮れる日々。



あとは、来年のCD発売イベントの準備などしながら

地方イベントの予定がないのに忙しい日々を送っています。



さて、先だってお知らせしておりました

2919年元旦★DNA覚醒ヒーリングですが

まだ悩んでいる方は、値上げ前のタイミングで

ぜひ滑り込んでください。



ご家族へのプレゼントもOKです。



いつも感謝をなかなか口にできない

身近なご両親、お子様、ご主人様、奥様に

言葉にできないけれど、祈りと感謝のヒーリングを

プレゼントするなんてのはいかがでしょうか?



ご家族様のヒーリングは、何人でもOKですので

人数が増えれば増えるほど

おひとりさまあたりの価格はお値打ちになります。



今年から始まった「スサノオノミコト」のご神託。

いよいよ光と音での世直しは始まったばかりです。



2018年春。

出雲と富士を往復し「龍音」奉納を行ったことで

近畿の五芒星と出雲・富士の太陽の道レイラインが

完成した時、まさかのご神託が始まったのです。



「千代の御魂(みたま)の行く末、

 人知れず我の思いをその手に託して、

 はばからんとする思いと命、

 魂の行く末は我に託せよ」



「言の葉のまこと 信じて疑わねば、

 さらに進みて千代の国、

 久しく安堵ののち 

 晴れやかに冴え渡る」



「ゆえに我を連れ行き諸国を巡れば、

 やがて真実の道へと辿り着く。

 さすれば我を連れて巡ったのちに、

 諸国は安泰安穏となりゆく」
 


「御魂はもう気づいておるであろう。

 先の時代からの命のまことを。

 剣(つるぎ)を持ちて導かれし

 土地の守り神とともについて参れ。

 けっして怖がらずともよいぞ。

 我らの安泰の世を見せてつかわす」



「あめの岩戸 大海原 全土にわたり 清き音のしらべ」



「道がひらく 我を連れて  西から始まる みちしるべ」



2018年4月以降このような高次元からの言葉が

次々と届けられるようになりました。



この声の主は誰なのか、最初、名前が分かりませんでした。



ある時「スサノオノミコト」と名乗られたのです。

その後も、この声の主からは言葉が降ろされているのです。



2019年は再び世直しが始まります。



今このブログを読まれているあなたの中にも

光の剣を打ち立て、DNAを目覚めさせ

新しい年、そして御代替わりの新しい時代へと

歩みを進めてみてください。



1月1日は文字通り、1年365日の始まりです。

誰もが1年の初めは素晴らしい光に包まれて

始動したいものです。



オリンピックや陸上競技を見てもわかるように

スタートのコンマ1秒のつまづきがメダルの色を分けるように

元旦のスタートダッシュエネルギーの差が

1年の動き・結果に直結します。



御代替わりの新年のスタートダッシュを決めたい方。

元旦のヒーリングのバックアップサポートは

文字通り「スサノヲノミコト」です。




時間がありません。お急ぎください。


★2019新春★光の剣DNA覚醒ヒーリング
   ↓↓↓
http://healing2019.com/



クリックしてスサノヲの力を受け取ってください。
   ↓↓↓
愛と感謝を世界へ
FC2blog ranking


**********************************
☆ 8大特典プレゼント中 LINE@はこちら
**********************************

http://may1.biz/s/63/

友だち追加
クリックしてQRコードを読み取ってね!


または @tengokuito で LINE検索
必ず@をつけて検索してね!


★220ページ電子書籍・光の画像【無料】プレゼント
   ↓↓↓
https://canyon-ex.jp/fx6853/3


日本ブログ村  精神世界ランキング  FC2ランキング

関連記事
22:48  |  龍の岩戸ヒーリング  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/2187-39c44e77

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |