2008'10.29 (Wed)

新月の別れとスタート

IMG_0159.jpg

今日は新月ですね~。午前8時14分。

この新月の1日はいつも以上に、精神性に重点を置き、光の存在を感じて過ごそうと思います。

私たちの身の回りには、良い事、良くない事、出会い、別れ、日々さまざまな事が起こります。
しかしそのいずれにも、学びとして現れる深い意味と、それを支えてくれる光が存在します。

今日は、今まで共に学んだ身近な同僚との別れがありました。

彼は近年稀に見る真面目な好青年。

ただ、もう新しいステージへの旅立ちの時がやって来ていました。

私は、この新月を彼の転換点と位置付け、それまでに区切りをつける選択をしました。
新月までにいったんリセットして、新たなる道へ進む形を作る必要性を感じたからです。

事はすべてスムースに進み、彼は旅立っていきました。
彼の新しいスタートにとって、この選択がベストな選択となれば幸いです。

これで縁が切れてしまうわけではなく、お互いにとって新たなる人生のスタートラインと
いうわけです。

まだまだ彼にも乗り越えなくてはならない課題もあり、それは試練でもあります。
それは、体験しながら学ぶ他ありません。


私も、人生振り返れば、生まれてからこれまでに出会い、別れた人、幾千人。
これまで、その人達にどれほどの愛を伝えることができたでしょう?

こんな風に考えるようになったのもここ10年くらいのことですから、
もっと昔のことは考えるだけでもぞっとします。苦笑

愛とは優しさだけではなく、また、厳しさだけでもありません。
その尺度や、感じ方は人それぞれ違います。

自分が愛だと思っていても、相手にとってそれが愛情と感じてもらえなければ、それは
愛とは言えません。

自分が、常に愛と感謝を感じていると思っても、それが行動に移せなければ、それも
意味を持たないものとなってしまいます。

友の新たなる門出に際し、もう一度原点に帰るきっかけを与えて頂きました。

ありがたい事です。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓多くの方にお伝えできるよう下記のランキングに参加しています。^o^
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】 精神世界ランキング

こころより感謝いたします。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : 今日の出来事 - ジャンル : 心と身体

00:49  |  徒然日記  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

夢つむぎさん

コメントありがとうございます。

いつもながら、ほんわかエナジーをありがとうございます。
まさに、天上界からやってきた吟遊詩人ですね~。

自分の意識が、こだわりを捨ててすべてを許した時、
時空を超えて過去の波動も変わるといいます。

つまり、今が良ければすべて良し、と。

想いの世界、宇宙の神秘に感謝です。
てんごく。 | 2008年10月29日(水) 21:42 | URL | コメント編集

サマンサさん

ありがとうございます。

本当にこの10月は今までに経験したことのないほどの
エネルギーを感じた1ヶ月でした。

UFOたちも来ていたようですし。^^

ますます1ヶ月が足早に過ぎて行きます。

どんな時でも、生を受けたことに感謝し、ありがとうの気持ちを
忘れず生きて行きたいと思っています。
てんごく。 | 2008年10月29日(水) 21:36 | URL | コメント編集

ありのまんま 愛のまんま

ぞっとする 過去の自分を 許して あるく
ぜんぶ 素晴らしい体験だったと言える様に
なれたらいいな・・・
ありのまんま 愛のまま

てんごくさん いつもありがとうございます。
夢つむぎ | 2008年10月29日(水) 16:45 | URL | コメント編集

天空でのイベントが盛りだくさんだった10月も、もうすぐ終わりますね。地上に暮らす私にも様々な出来事があり、忙しくも充実した日々でした。そして色々と学ばせていただきました。今日から新月。気持も新たに新しい月を迎えたいと思います。

今日も、心に響くメッセージをありがとうございました。
「過去のことは考えるだけでもぞっとします。苦笑」
まったくもって同感です(汗・笑)
サマンサ | 2008年10月29日(水) 09:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/265-8c775b86

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |