2008'12.13 (Sat)

魔王の瀧と由岐神社

気温1度。風はないものの、しんみりと冷え込んでいます。
仁王門から少し行くと、静けさの中、心地よい水の音が聞こえてきます。

IMG_1286.jpg

10mほどあるでしょうか。高いところから、瀧の水が落ちています。
これが「魔王の瀧」。

IMG_1292.jpg

瀧の上の赤い祠(ほこら)には魔王像があり、瀧の下には、魔王の碑。
そしてその横には龍がいました。

IMG_1290.jpg

魔王のエネルギーは、天使や妖精などの聖霊のエネルギーとは違い、
大地のエネルギーといわれるだけあり、力強く重厚なものでした。

そこから少し歩くと、由岐神社があります。

IMG_1294.jpg

ここは、毎年10月22日に行われる「鞍馬の火祭り」で有名です。

お寺の境内に神社がいくつもある鞍馬山は、それだけでも不思議です。

IMG_1298.jpg

由岐神社の鳥居をくぐると、樹齢800年の大杉があります。
ちょうど義経の時代ですね。義経のお手植え杉だったりして。

大杉からパワーを頂き、由岐神社参拝、さらに進みます。

IMG_1304.jpg

そこからさらに歩を進めると、源義経が7才の頃から住んでいたといわれる
「東光坊」の跡地に源義経供養塔があります。

7歳の時から山寺に幽閉された義経の、子供ながらの気持ちはどんなだった
だろう、と考えます。だからこそ学問や兵法にも身が入ったのかも知れません。

さて、ここからつづら折りの山道をくねくね上がり、本殿金堂、尊天降臨の
磐座(いわくら)へ向かいます。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓下記のランキングに参加しています。^o^
 皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】 Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 鞍馬 義経 魔王 エネルギー てんごく

23:48  |  鞍馬山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

Organoさん

ありがとうございます。

これからさらに深く鞍馬に分け入ることになります。

さて、尊天のパワーはいかに。
てんごく。 | 2008年12月14日(日) 17:14 | URL | コメント編集

あきさん

ありがとうございます。

流星群は、今日を極大日として、
前後一週間くらいは見られますから、
まだまだ大丈夫です。

昨日見られたのも、ふたご座流星群ですね。

横浜も雨が上がり、空が見えてきました。
てんごく。 | 2008年12月14日(日) 17:04 | URL | コメント編集

すごい場所ですね!

大杉の写真、見てるだけでも圧巻です!
義経の時代から色んな時間の流れを見てきてるんだなぁ
・・・と思うと、何だかすごく不思議な感じがします。

2枚目の写真も、すごく素敵です!
Organo | 2008年12月14日(日) 13:44 | URL | コメント編集

ありがとうございます

てんごくさん、こんにちは!
いつも、素晴らしいお話有難うございます。色んなことが知れて嬉しくて次のお話は何だろう?とぉ、心まちにしています。
それから、14日の双子座流星群楽しみにしていたのに雨でした残念…
でも、13日もお月さん見ようとベランダから夜空眺めていたとき、お月さんの近くを あっ、流れ星!多分あれが双子座流星群だったのかなぁ~(2コ)
とぉ、思っています。この日の夜は、お月さんもすごく綺麗で本当に今、思い出してもステキな夜でした。これもてんごくさんのおかげですね!有難うございます。
これからも色んなお話、楽しみにしています。
あき | 2008年12月14日(日) 10:37 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/297-2ac50aa1

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |