2008'12.19 (Fri)

逆境の教え。日々の奇跡に感謝(番外編)

torii.jpg
(C)KAZUKI OKADA          無断転載はご遠慮下さいませ。



貴船神社を後にする頃には、左膝の痛みはかなり増してきました。
左足をかばいながら引きずるようにして、貴船の里を後にします。

この後、右膝も痛くなり、夜にはついに歩けなくなってしまいました。
10センチくらい足を出すのがやっとで、コンビニからホテルまでの200mを、
タクシーを拾おうと真剣に思ったほどでした。

今日、悠々ひと山越えてきたのに、今、100mが進めない。

こんなことは初めてでした。

でもそのおかげで、五体満足であることへの感謝、健康であることへの感謝、
「普段当たり前と思えることが実は奇跡の連続であり、感謝に値すること」を
改めて再認識することができました。

なんとありがたいことでしょう。


 「神も仏も元つ神はひとつなり。

  求める心と現れの必要性によってその時と場に顕現するなり。

  また己の内側に神の鎮座する魂の宮殿のありしことを認め、
  その深意を読み取らん。

  神の心、仏の心、いずれも偉大なる宇宙の法則なり。」

1日いちにち、1歩いっぽが学びです。
両足をひきずりながらも、いよいよ神の島 宮島へ出発、弥山山頂を目指します。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
心より御礼申し上げます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓下記のランキングに参加しています。^o^
 皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになります。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 哲学・思想ブログ スピリチュアル・精神世界へ ブログランキング【くつろぐ】 Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 宮島 貴船 鞍馬

23:23  |  鞍馬山  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

yukiさん

ありがとうございます。

足はもう大丈夫です。
ご心配おかけしました。

駅のホームの階段が大変で、エレベーターやエスカレーターを探すことで、
いつもこんな風に大変な思いをしている方もいるんだという事に
体験を通して気づかされました。

良いも悪いも考え方次第で、宇宙からの恵み、学びなんですね。

心の在り方が大切ということですね。

宇宙に感謝です。
てんごく。 | 2008年12月20日(土) 11:06 | URL | コメント編集

てんごくさん、こんにちは
パワフルで深ーい旅のブログ読んでいますよー
足大丈夫ですか?
大丈夫ですよね。

神の心、仏の心、いずれも偉大なる宇宙の法則なり

宇宙って壮大!

計り知れない・・・・

私の願いもちゃんと届いている・・・
宇宙からのたくさんのギフトを
大感謝で受けとめていける自分でありたいと
強く思いました。

1日いちにち1歩いっぽですね。

いつもありがとうございます。
yuki | 2008年12月20日(土) 09:20 | URL | コメント編集

Organoさん

ありがとうございます。

「平凡」な生活が続けられることがどれほどの奇跡か。

家族があり、泣いたり笑ったり。
65億人の中から、いまこうして家族でいることの出会いの尊さ。

朝が来て、太陽の光を浴びます。
水からいただく生命があります。
食事をいただき、仕事があり、住む家があります。

どれも平凡で、いつの間にか「当たり前」。
人は、それらを失くした時、初めて大切さに気付くのです。

今回の体験は、とてもありがたい天からの思し召しでした。
てんごく。 | 2008年12月20日(土) 01:06 | URL | コメント編集

心に沁みました・・・

「普段当たり前と思えることが実は奇跡の連続であり、感謝に値すること」

確かに・・・。
いつも健康で暮らせてるのが当たり前・・・とついつい思い込みがちですが、
それは「当たり前」ではなく、「奇跡」であり、
色んな恩恵を受けているからなんですよね。
自分の身の回りの事をもう一度振り返って、
再度ありがたさを実感させて頂きました。
ありがとうございます。m(__)m
Organo | 2008年12月20日(土) 00:50 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/303-028c772c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |