FC2ブログ

2009'01.01 (Thu)

想いと言霊を大切に(年初に)


(C)KAZUKI OKADA           無断転載はご遠慮下さいませ。

明けましておめでとうございます。

新しい年、2009年の幕開けです。
今年も昨年に増して2009年が「光」多き1年になりますようにお祈りいたします。


人は想いを抱き、言葉を使い、人生を創り上げて行きます。

言葉は言霊となり、そのエネルギーはこの世界の現実を創り上げて行きます。
厳然たる宇宙の法則は、仕組みとして働き、現象を呼び起こします。

このことを知ることで、とても人生は豊かになります。

私たちは想いをコントロールし、言葉を選び、良い波動でこの世界を満たして
行かなければなりません。

それがひいてはこの地球の波動の浄化、光への進化とつながるのです。
さあ、新しい時代へ。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
今年も1年よろしくお願いいたします。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓下記の5つのランキングに参加しています。^o^
 このblogの2009年スタートのランキングは以下の通りです。
FC2blog ranking にほんブログ村  スピリチュアルランキング ブログランキング【くつろぐ】 blog Ranking Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

01:01  |  宇宙の法則  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

yukiさん

ありがとうございます。

ステキな新年を迎えられたことと思います。

言葉の持つエネルギーが世界を創り出して行きます。
どのような人生を送りたいか、それは言葉によって
コントロールできるとも言えますね。

今年もステキな年にして行きましょう。

今年もよろしくお願いします。
てんごく。 | 2009年01月02日(金) 22:09 | URL | コメント編集

あけましておめでとうございます。

てんごくさんのブログに訪れると
いつも清らかな気持ちになります。

心・体・魂を美しく癒していきたいです。

言葉はほんとに大切ですね。
クリエイティブなエネルギーで
1日1日楽しく
大切にすごしていきたいと思います。

今年もよろしくお願いします。
yuki | 2009年01月02日(金) 14:59 | URL | コメント編集

Organoさん

ありがとうございます。

当たり前のように使っている言葉。
社会全体を見ても、最近は本当に乱れて来ています。

言葉を浄めることが、すべての根本なんです。

今年も意識して行きたいものです。

今年もよろしくお願いします~。
てんごく。 | 2009年01月01日(木) 17:27 | URL | コメント編集

いよいよ2009年ですね♪

明けましておめでとうございます。
とうとう新年を迎えましたね♪
去年てんごくさんのBlogにて、言霊の大切さを改めて知る思いをしました。
言葉を気をつける・・・これは誰でも心がけて出来るすごく小さなスタートですが、それを実行するだけでもてんごくさんがおっしゃるように、人生が豊かになると思います。
その輪が少しでも世界中に広がりますように・・・。

今年もどうぞ宜しくお願いいたします。m(__)m
Organo | 2009年01月01日(木) 15:34 | URL | コメント編集

わのりさん

コメントありがとうございます。

本日の画像は写真ではありません。

私のお気に入りの、岡田和樹さんのヒーリングアートです。

ご本人の許可を頂いて掲載しています。

癒しの波動がとても心地良いですね~。

今後も時折掲載させて頂く予定です。
てんごく。 | 2009年01月01日(木) 13:21 | URL | コメント編集

素晴らしいお写真

新年おめでとうございます。
時々伺って素通りしていました。

あまりの素晴らしい写真を拝見しましたので
あしあとと思いまして投稿いたしました。
富士山の天辺は太陽と思いますが、
まわりに3つ。森の中には無数の神の光が
うつっていますね。
写真の説明がお聞きしたい気分です。

わのり | 2009年01月01日(木) 11:26 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/316-2dafd25d

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |