FC2ブログ

2009'01.10 (Sat)

1月11日鏡開きの意味は

IMG_1960.jpg

1月11日、ひふみ満月。

ちょうど昨日、火+水=神と書いていたら、「木花咲耶姫(このはなさくやひめ)様からの神示」
のブログにも同じ話が出ていましたね。なんだかシンクロです~。

1月11日、この日は「鏡開き」でもあります。

「鏡開き」、地方によってその日にちは若干違いますが一般には1月11日で定着しています。
お正月に年神さまにお供えした鏡餅を頂き、一家の円満、繁栄を願う行事です。

もともとは武士の風習であり、男性は鎧(よろい)や兜(かぶと)などの具足にお供えした
「具足餅(ぐそくもち)」を、女性は鏡台に供えた「鏡餅」をそれぞれ食したことが始まりとも
言われています。

「鏡開き」の「開き」は、鏡餅を「割る」の忌み言葉として、縁起をかついで「鏡割り」と言わずに
「鏡開き」としたようですが、この「開き」にも実は大きな意味が隠されています。

改めて見てみると「1」が並ぶこの日が「鏡開き」となっているのは非常に興味深いです。
1月1日と並んで、1月11日は重要なゲートが開くときでもあるのです。

で、今年は111並び+火風水+最大満月+鏡開きということで、かなり「キテマス(笑)」。


一般に神社などでは神事の最後に、神事に参加した人達でお神酒を戴き神饌を頂く行事を
「直会(なおらい・なほらひ)」と言いますが、鏡開きは家で行う直会でもあるのです。

お正月に神様にお供えしたお餅を、111ゲート開きの日に神様とともに頂き、神界へと近づこう
という願いがあるのかもしれませんね。

単なる偶然のようにも聞こえますが、これもまた神仕組みと思えば、なるほど~、という事に
なってしまうのです。

「お腹すいた~」「おもちパクパク」だけでは3次元コース(笑)ですから、せめて「鏡開き」は
神様と一緒に頂く「感謝の食事」でありたいものです。

また、「直会」は人間は神様の分け御霊(わけみたま)を頂いた存在であることを再認識し
感謝する、「素晴らしくもありがたい場」ということになるのです。

簡単にいうと、神様と「直」につながる「会」=「直会」であるということですね。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

↓下記のランキングに参加しています。
 ポチッ!と応援よろしくお願いいたします。喜びます。^o^
FC2blog ranking にほんブログ村 スピリチュアルランキング ブログランキング【くつろぐ】 blog Ranking Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 木花咲耶姫 このはなさくやひめ なおらい 満月 ひふみ 直会 鏡開き 鏡餅

17:43  |  徒然日記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

373さん

ありがとうございます。

すべて繋がっているのですね~。
まさに神仕組み、すべてが明らかになるようで
ならないようで。。。

お教え頂いてありがとうございます。

今年もよろしくお願いします。
てんごく。 | 2009年01月12日(月) 14:40 | URL | コメント編集

111

あけましておめでとうございます(^^)
1月11日は鏡開き=ゲート開きなのですね。
エンジェルナンバーでも111は、「エネルギーの通り道が開きました」という意味なんですよ~
なんかおもしろいですね☆
今年もステキなお話、楽しみにしております(^^)
373 | 2009年01月11日(日) 00:12 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/322-7d9514d7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |