FC2ブログ

2009'02.23 (Mon)

太古の日本について

IMG_0624_20090222125000.jpg

2009年2月1日、ひふみともこ先生に下ろされた、神から人へのお伝え。
今日は、「太古の日本」についてお伝えします。

******

神から人へ、人から神へ。
多くの伝えし真実も、過去の歴史も、成り立ちも、全ては人の次元を超えし、
神の世界の出来事なり。

今の地上の三次元、物質世界の狭き眼には、見せども見えず、教えどわからず。

なれど人は、知りたき者。知りても無駄な知識なれども、多くを望みて、さらに欲する。
なれば本日、地上に最初に現れし、人の祖先の元を教えむ。

人の太古の始まりは、ことばも持たず、立つこともなし。サルにも近く、野生に等しき。
そこへ神は現れて、人にことばを授けたり。
始めのことばは、言霊なり。一音一音、働きを持つ、神の仕組みを表わすもの。

宇宙の創生、進化の法則、星の運行、自然の循環、全てを秘める、厳かなるもの。
なれば始めの人類は、言霊の持つ霊力を、恐れ、畏(かしこ)み、崇(あが)めぬる。

やがて人は、言霊を、神とも敬(うやま)い、尊(とうと)びて、祝い、祀(まつ)りを始めたり。
その後、人は分化して、地上の各地に散り広がり、始めの元の言霊より新たな言語と
発達させぬる。

日本のことばは言霊を 最も多く残せる言語。
なれば人は言霊を、今なお信じ、重んじる。

日本の民は今の地に、定まり住みて、幾万年。
多くの民も移り住み、始めの御魂(みたま)と交われど、ことばは守られ、語り継がるる。

日本の民の霊性は、ことばと自然の恵みによりて、森羅万象に神を見いだし、
八百万(やおよろず)のもの、神と呼び、その身に近く、神と親しむ。

日本の元なる太古の日本は、今の日本と異なれど、今も尊き言霊をことばに宿し、
伝え、継がるる。

ことばは人の霊性を、育(はぐく)む神の恵みなり。
正しく使い、用いなば、人は尊き霊性を、高め、清めて、進化を求めむ。

野性の残れる御魂を清め、人は己の霊性を、神にも近き神性に、高めてゆくが務めなり。
人はことばを手に入れし後、己の損得、利害に囚(とら)われ、かえりて御魂を傷つけ、
汚(けが)せり。

我欲の充足、利益の追求、欲に眩(くら)みて、迷えるほどに、人は御魂を汚しぬる。
始めの清き言霊は、地上の穢れし、欲の波動に、侵され、乱され、衰退せるを。

神のことばに、始めに戻れよ。
御魂の奥に、光を与える、言霊こそが、神なれば。

幾度(いくたび)、人は苦難を迎え、言霊さえが、危うきときも、真のことばの力によりて、
救われ、乗り越え、さらに栄えり。
今は人の試練の時。地上の混乱、危機なれど、今こそ、人の進化の好機。

神のことばは、宇宙の声なり。宇宙の意思の呼びかけならむ。
神のことばを言霊として、その言霊を、声にせよ。

人のことばの表わすは、物質次元の現象のみなれ、その元となる言霊を、
声に発して、次元を超えよ。
神の次元を、高次の宇宙を、神のことばで、言霊で、物質次元に表わせよ。

宇宙の波動に近付くには、言霊の力に頼むがよからむ。
己の御魂の次元を上げて、さらにも神に、近づく努力を。

まだまだ低き次元なるとも、波動は広がり、地上を覆わむ。
さにて本日、太古の言霊、日本について、語り伝えり。良く読み御魂に響かせよ。

さにて。

以上です。******


深いですね。

今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング ブログランキング【くつろぐ】 FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング
人気blog Ranking Air Ranking JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : ひふみ 言霊 ことだま コトダマ 日本 宇宙 言葉 ことば

22:38  |  神から人へ・神誥記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

シンゴさん

ありがとうございます。

まさにおっしゃる通りですね。同感です。
一人ひとりが良い言霊を紡いで参りたいものです。
てんごく。 | 2009年02月28日(土) 21:57 | URL | コメント編集

慶次郎さん

コメントありがとうございます。

屋久島自適塾ですか!
私も自適さまの名前やサイトは存じ上げていますが、
今回そちらからのご来訪ということで、びっくりしました。

まさか自適塾で私のblogの紹介をして頂いているとは
思ってもみませんでした。

呉羽山は、もともと高祖皇太神宮があったところでもあり、
竹内文書など、深い歴史の謎を秘めた場所です。

私が惹かれる場所には、自分で考えた理由はなく、
ただなんとなく惹かれる、ということも多くあります。

今回、たまたまのご縁も不思議ですね。

今後ともよろしくお願いします。
てんごく。 | 2009年02月28日(土) 20:49 | URL | コメント編集

てんごくさま、こんにちは
今、世界中が揺れていますが、その国々の言葉・言霊で、世の中に“うれし”が広がるよいなぁとしみじみと感じています。日本の政治家の言葉の乱れにはちょっと心配しています。
言葉は心の写し鏡、心は神様の分け御魂、御魂磨きの為に言葉を磨くことも重要となのですね。
併せて、自分の言葉は自分の心の鏡にもなるから、常によい言葉を使うようにしなければとも再認識しました。

シンゴ | 2009年02月27日(金) 09:19 | URL | コメント編集

てんごくさんへ
初めまして。
屋久島自適塾からのリンクでたどりつきました。

スピリチュアルについては理解、知識が浅いのですが興味・関心を熱く抱いております。
てんごくさんの価値観、ご興味などとても通ずるものを感じています。

これから、拝見させていただき勉強したいっと思ってます。よろしくお願いします。

さて、私は実は富山の呉羽山のふもとに住んでおります。興味の山に呉羽山があるのは特別な何かがあるんでしょうか・・・・・?
慶次郎 | 2009年02月26日(木) 23:16 | URL | コメント編集

サマンサさん

ありがとうございます。

日本には「書道」という文化もあり、美しい文字を
書くことの大切さを学びます。

これも古くから伝わる、言霊の学びなんですね。

私も、丁寧に字を書くようにします。

ハイセンスなギャグ(笑)と気付きをありがとうございます。
てんごく。 | 2009年02月26日(木) 09:47 | URL | コメント編集

てんごく。さん、こんにちは。
ひふみ先生に降ろされた神様からのメッセージ、重く深く心に沁みました。ありがたいことです。

「言霊」は大切です。乱暴な言葉遣いは聞くだけで不愉快になりますね。それと同じように、「バランスを欠いた字」も大変気になります。書道を学んできたせいか、そうした「バランスの欠けた字」を見るたびに、そこから乱れた気が出ているように思えるのです。上手、下手ではなく「バランスのよい字」を書くことも大切だと思います。

と、偉そうなことを言ってみましたが、手帳を見て、つくづく汚い字だなぁと反省しております(笑)。
サマンサ | 2009年02月25日(水) 10:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/362-7c9f91fb

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |