FC2ブログ

2009'06.02 (Tue)

龍が教えてくれた、レイライン

Image1821.jpg

今日は早朝から、天空に龍神さまが五体ほど現れ、とてもスピリチュアルな
エネルギーに包まれた一日の始まりでした。

Image1822.jpg

ふと訪れた大國魂神社。
なにか不意に突き動かされただけあって、その意味を考えていました。

なぜこの地に来て、緑に誘われケヤキ並木を歩き、神社へ向かったのでしょう?

そして、私にインスピレーションを与えてくれたのは、小さな祠の水神社の
龍神さまでした。

Image1808.jpg

*********

私は龍神である。よくぞこの小さな祠に気づいてくれた。

なぜそなたがここに来たか分かるか。

この龍のエネルギーは地下の水脈を通じて江ノ島とつながっておるゆえ、
その神界の領域のエネルギーは同じである。

*********

と言ったとか、言わなかったとか。

そこで、ちょっと気になり、グーグルアースで、大國魂神社と江ノ島の
位置関係を調べてみたら。。。

江ノ島と大國魂神社

※黄色のピンの位置がそれぞれ、江ノ島、大國魂神社です。

今回はわかりやすく、緯度と経度を書き入れてみたのですが、なんと、
江ノ島の経度と、大國魂神社の経度がぴったり一致したのです。

つまり、江ノ島の中心からまっすぐ北へ線を伸ばすと、大國魂神社の本殿に
突き当るのです。

言い方を変えれば、大國魂神社をそのまま南にずーっとずらすと、ちょうど
江ノ島の中心にすっぽりおさまる位置関係なのです。

江の島は龍神の島でもあり、龍宮(わだつみのみや)があります。また、
辺津宮には白龍さまの、銭洗い弁財天もあります。

龍のエネルギーに教えられ、もしや、と思ったことがその通りだったのです。

大國魂神社と江ノ島は、正確に測られた南北のレイラインの上にあり、
そのパワーを共有していたのですね~。


昨夜はわがスタッフのお誕生日でもあり、誕生会を行っていたのですが、
主役も含め、そこに集まった全員が、この1ヶ月に江ノ島にご縁があり、
神仕組みの不思議なご縁に改めて驚かされたのでした。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング ブログランキング【くつろぐ】 FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング
人気blog Ranking Air Ranking JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 江ノ島 大國魂神社 レイライン てんごく

23:00  |  レイ ラ イ ン  |  TB(0)  |  CM(9)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

あかるさん

ありがとうございます。

ホント日本の神社の位置関係は不思議です。
てんごく。 | 2009年06月07日(日) 18:18 | URL | コメント編集

ふう~ん、そうだったのね!!

5月23日の江ノ島以降も

ご縁ある皆さま、各地で動いていらっしゃるみたいですね~。

てんごくさん、ありがとうございます。
あかる | 2009年06月06日(土) 12:42 | URL | コメント編集

makimakiさん

ありがとうございます。
わたしもmakimakiさんと一緒です。^^

日々のたくさんの情報や現象をどう捉え、どう感じて行くか、
ということが大切なのだと思います。
てんごく。 | 2009年06月05日(金) 00:10 | URL | コメント編集

こんばんは。
やはり、てんごくさんのブログは凄いです!

いろいろな体験や出来事には意味があるのですね。
その世界に興味はあっても自分にはそんな力も何もありませんが、てんごくさんのブログを通して発見出来て感動してます。
makimaki | 2009年06月04日(木) 22:48 | URL | コメント編集

A.Aさん

ありがとうございます。

学ぶべき最高のタイミング、時と場で、その答えは
気付きとして、ひとつひとつ明らかになって来ます。

そのプロセスが大切ですね。
てんごく。 | 2009年06月04日(木) 21:39 | URL | コメント編集

ありがとうございました

お忙しいところを早速のお返事ありがとうございました。
あまり何やかんやと頭で考えてはいけないんですね。
神社仏閣が大嫌いだった私が今では定期的ではないけれど少しずつあちらこちらに行ってお参りをしている・・・それが頂いたご縁みたいなもので、それだけでいいんですね。
何かスッキリした気がします。
本当にありがとうございました。
A.A | 2009年06月04日(木) 14:48 | URL | コメント編集

A.Aさん

ありがとうございます。

龍神さまについても諸説ありますね。
神様の世界は、神様の名前がいくつもに代わるように、その答えが
ひとつではないことも往々にしてありますから 、あまりひとつの意味に
捉われずに、まずは感じられるかどうか、 ということを大切にされたら
良いと思います。

私が知るところでは、太古の昔、国祖 国常立尊(くにとこたちのみこと)が
この地上を作られた時に、龍神さまは盛んに活躍されたとのことです。
日本の国も、北海道を頭とした龍体と、九州を頭とした龍体と、2柱(頭)の龍が
日本の国土を造っています。
今は国造りの役目も終わられ、 雨を降らしたり風を吹かしたりといった自然の
現象を司っておられるようです。

てんごく。 | 2009年06月03日(水) 23:52 | URL | コメント編集

管理人のみ閲覧さん

ありがとうございます。
素晴らしい発見ですね。
てんごく。 | 2009年06月03日(水) 22:37 | URL | コメント編集

龍神様・教えて下さい

初めまして。毎日拝見させて頂いております。(だから更新されていないときちょっと寂しくなります)

教えて頂きたいことがありまして今回送らせて頂いたのですが、こういうことに不慣れなものでこちらに質問を書き込ませて頂いて良かったんでしょうか?違ったらすいません。

龍神様が何となく気になってしまうのです。
そんな折りに今回のようなすごいお話を聞かせていただいてとても嬉しいのですが、その龍神様がいったいどなた? なのかが分からないのです。
平成19年に急に滝が見たくなって京都の愛宕山にある 空也滝 に行ったのですが、(滝壺で遊ぼう感覚でした。そしたら大違いで・・・)そこに 八大龍王 とかかれた鳥居がありました。それが初めての事でした。どなたかと調べたら アマテラスオオミカミとスサノオノミコトが高天原にて行った誓約の時に産まれた五男神三女神 と書かれてありました。ですが、最近もう一度調べると 八色の龍神様方 と書かれていました。龍王神社、八大龍王、龍神様、龍王様 のことをもしご存じなら教えていただきたいのです。
よろしくお願いします。
もし、失礼なことを書いていたらすいません。そして長々とすいません。
A.A | 2009年06月03日(水) 14:04 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/422-f0f06312

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |