2009'06.06 (Sat)

封印された666とその持つ意味は



今日は6月6日ですね。今日は666について。


数の上からいくと、この6月6日も実はとても深い意味を持つ日です。
深く考えなくても、なんとなく感じ取っていただけると思います。


1月1日は元旦、3月3日は桃の節句、5月5日は子供の日、7月7日は七夕、他にも
あまりなじみはないですが、9月9日は重陽(菊の節句)と言われています。


奇数は「陽」ですから、こうして祝日など、表に出やすいわけです。


また、偶数は「陰」ですから、毎年毎年のようにあまり表には出ませんが、昨年8月8日には
北京オリンピックが開催され、また同じ昨年8月8日8時前、皇太子さまが霊峰富士山頂へ
登られています。


記憶に新しいのが、今年の2月2日深夜2時前、浅間山が爆発、富士のエネルギーが
活発化したことも日記に書きました。22=富士=不二です。

2月2日浅間山噴火

いつもながら、天体のサポートもあり、不思議というか、なるほど~ですね。


6月6日も、666と6が揃い、まさにミロクとなるとても大切な日です。
しかし、この数値は、ある時代、悪魔の数字というように置き換えられてしまいました。


私は一度も見たことがありませんが、映画などでも666といえば、、、と恐れられ、
知らずしらずのうちにこの数字から、一般の人々の心は離れて行きました。


しかし、そのような時代はもう終わりです。


はい、それでは算数のお時間です。 脳トレ開始!笑


666の持つ意味の深さは偉大なものがあり、0から666までの数のすべてを足した
数は222111となり、0から666までのうち偶数だけを足した和は111222となります。


222111+111222=333333 となり、3が6個現れます。
つまり、3が6個でミロクであり、3+6=9 となるのです。


3を6個足しても 3+3+3+3+3+3=18 になり 1+8=9 

3と6をかけても 3×6=18  1+8=9

どのようにしても、ミロクになってしまうのです。


そして、


222111=風風風火火火(ふうふうふうひひひ)

111222=火火火風風風(ひひひふうふふふう)

333333=水水水水水水(みみみみみみ)


つまり、666の中には、ひふみ = 火風水 がたくさんたくさん隠されているのです。

火+水=か+み=神 であり、そこに風が起こることで、エネルギーが発動します。


柏(かしわで)と同じです。

左=火足り=火、右=水極り=水、あわせて火水、パンと叩くと風が起こります。

ひふみ、です。


話は戻ります。


222111+111222=333333 は 風風風火火火+火火火風風風=水水水水水水
となり、ひふみ大合唱ですね。


そして
369=ミロク=弥勒 = ミロク=666 となり 万事めでたし、となるのです。

3次元で脳も鍛えられて、まさに最高、ということですね。笑



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。


なるほど~と思ったら、下のバナーをクリック頂けるととっても喜びます。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^

にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

09:31  |  言霊・音霊・数霊  |  TB(0)  |  CM(1)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

まことのこころ

ありがと。
千と千尋の神隠し | 2013年01月27日(日) 15:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/424-5b1113df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |