2009'06.13 (Sat)

あの日の「真夏のオリオン」



今朝、インターネットで、何の流れか、昭和20年8月15日正午、ラジオ放送された
天皇陛下の玉音放送(ぎょくおんほうそう)を聞きました。

「堪え難きを堪え、忍び難きを忍び」という、昭和天皇直々に国民に向けた、
戦争終結の放送です。


最近、本当にひとつひとつの事柄が意味を持つようにシンクロした流れでひとつの
方向へ向かうことがあります。


今日午後、久し振りに映画を見に行こうと思い、いろいろ探してみましたが、
思い立ったらすぐ観たい性格なので、時間の合う映画を探しました。

ちょうど良い時間の映画があり、その映画に決めました。
そのタイトルは「真夏のオリオン」。

するとその映画は、日本海軍の潜水艦の映画で、ちょうど終戦のタイミングの
昭和20年8月の映画だったのです。


数日前に読んだ本の中にも、ちょうどオリオンの話が出ていたので、なんだか流れに
乗っているな、と思い、その映画を見ました。

それもちょうど今日公開だったんですね。 

HPはこちら⇒ 「真夏のオリオン」  

冬の星座と言われるオリオンが夏の空に見えるのは、夜明け前のほんの少しの
時間しかありません。

1945年8月15日未明、物語の舞台となった沖縄近郊のオリオン座は深夜3時頃、
明けの明星(金星)と共に、東の空から昇り、午前5時には夜明けの薄明りで
見えなくなりました。

金星に少し遅れて土星も現れ、またオリオン座のすぐ上では火星と天王星が
コンジャクションになっているなど、スピリチュアルな配置になっていました。

ほんの2時間しか見られない真夏のオリオンは吉兆を運ぶと言われています。

オリオンの中心の三ッ星は、住吉三神として祀られている 底筒男命 (そこつつのを
のみこと) 、中筒男命 (なかつつのをのみこと) 、表筒男命 (うはつつのをのみこと) で
あると言われています。

どんな時も、夜空の星は私たちを見守ってくれています。

今の私たちが幸せに生きられるのも、過去の先達の苦労や悲しみがあり、その上に
築き上げられてきた歴史もたくさんあります。

私たちはその想いがあることを、決して忘れてはならないのです。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事
22:29  |  徒然日記  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

ビセンさん

ありがとうございます。

おたまじゃくし、ついに東北や静岡でも降ってますね。

ベテルギウスでは、何かが起こっているらしいですね。
白色矮星とかになっちゃうんでしょうか~。

オリオンがひとつのキーワードになっていることは
確かなようですね。
てんごく。 | 2009年06月15日(月) 20:29 | URL | コメント編集

おたまじゃくし

オリオン座のベテルギウス謎の縮小が気になっていましたがまたオリオンv-267 「真夏のオリオン」観てみたいです
石川県のおたまじゃくし・楽譜が相手に渡ったこと・辻井さんv-266つながりv-198
ビセン | 2009年06月15日(月) 10:33 | URL | コメント編集

夢姫☆☆さん

ありがとうございます。

潜水艦に乗るには、ユーモアが一番大切なんですね~。

確かに、狭い空間に長い間いるわけですから、そういったことが
重要になってくるのかも知れませんね。

いろいろ学びをいただきき、ありがとうございます。

てんごく。 | 2009年06月14日(日) 18:54 | URL | コメント編集

ゆーみんさん

はじめまして。コメントありがとうございます。

ひとつひとつのシンクロもそこに深い意味があります。
偶然と言ってしまえばそれまでですが、必然と捉えるかどうかで、
その持つ意味の捉え方が変わって来ます。

6月13日の映画の公開の裏には、それを支える大きな力が働いているようで、
昭和の戦争で日本が失った多くのものをもう一度考え直させることで、
その縁にある魂に呼びかけられたものと言えるかもしれません。

なぜ、「真夏のオリオン」というタイトルになったのか、そこにも深い
お働きがあるようですね~。
てんごく。 | 2009年06月14日(日) 18:49 | URL | コメント編集

てんごくさん、こんにちは♪
私もシンクロです。

ラジオから潜水艦の船長さんのお話がありまして潜水艦に従事するのに一番大切なことは、ユーモアだと。吉元の芸人さんみたいな方が多いそうです。
夢姫☆☆ | 2009年06月14日(日) 16:55 | URL | コメント編集

こんにちは。はじめて書き込みしますが
シンクロに驚いています。
昨日私は彼と、東京立川の昭和記念公園にいき、
昭和記念館を見てきました。
昭和記念館は昭和天皇の記念館です。
書かれていた「玉音放送」
についても展示がありました。
ただ公園に入るのにセットになっていたので行っただけなのです。
でも先月9日にも公園に来て
記念館にはいる時間がなく
チケットは3ヶ月有効だというので記念館には昨日行ったのです。
また今思い出したのは先日大國魂神社に行ったことを書かれていましたが
同じ日に私は府中駅にいたのです。

なんのシンクロかわかりませんが思わず書きたくなりました。
いつもブログを楽しみにしています。ありがとうございます。
ゆーみん | 2009年06月14日(日) 11:51 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/429-edb7fcd7

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |