2009'06.18 (Thu)

夏至「光の柱の瞑想」 と プレアデス食

2009_06_21.jpg

6月21日未明、月がプレアデス星団と重なり、プレアデス食となります。

プレアデス星団と、新月に近い月の食は、地平線より下で起こりますが、
その後地平線より上って来ますので、食の瞬間は見えません。

仕事の帰り道、夜空を見上げ、天上にプレアデス星団が見えていた時を思うと
あれから半年が過ぎ、夏が近いことを実感させられます。

そして6月21日、コンジャクションの領域にあった火星と金星が最大接近します。
まさにコンジャクションの瞬間ですね。


そして、もうひとつ、6月21日は夏至。お陽さまが一番長く見られる日です。

春分、秋分は、十字の瞑想をお伝えしましたが、夏至の日は光の柱の瞑想が
効果的です。

今回は日曜日ですから、ゆっくりと夏至の一日を感じることができますね。
日曜=太陽の日=夏至にふさわしいです。


今回の瞑想はシンプルです。「光の柱の瞑想」

1.呼吸を落ちつけて、意識を胸の中心を、ハートの奥深く、位置でいえば
  心臓のあたり、脊髄に近いところに小さな光をイメージします。

2.背筋を伸ばし、ハートの奥の光から仙骨を通って、地球の中心の高次元
  クリスタルにまで、光の柱をどんどんと伸ばし、つなげます。

3.次に、ハートの光を、頭頂のクラウンチャクラからはるか頭上に伸ばし、
  天上の太陽をイメージし、太陽につなげます。
  このイメージの太陽は物質太陽ではないので、夜の瞑想にもでも有効です。

4.私のハートを経由して、地球の中心と太陽を結んだ光が、一本の
  光の柱になります。その柱がどんどんと太くなり、体全体を包み込みます。

5.その時、脳裏に浮かんだヴィジョンを大切にしましょう。それはきっと素晴らしい、
  かつ重要なメッセージです。
  
イマジネーションの世界ではスーリヤ・ナマスカーラ(太陽礼拝)と
同じ目的意識と言っても良いでしょう。


スピリチュアルな夏至の日のあと、神秘のイベントは、間もなく訪れる新月、
上弦、七夕の満月、下弦、そして7月22日、屋久島以南、トカラ列島での
皆既日食(日本中で部分日食)へと続きます。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング ブログランキング【くつろぐ】 FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング
人気blog Ranking Air Ranking JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事
23:09  |  大宇宙の神秘  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

サマンサさん

ありがとうございます。

お天気は良くないみたいですけど、そんな時でもこの瞑想は
有効ですから、光の柱を立てましょう。

現在、琵琶湖上より。笑
てんごく。 | 2009年06月20日(土) 09:00 | URL | コメント編集

てんごく。さん、こんにちは。

夏至の日の「光の柱の瞑想」、どんなビジョンが浮かぶか楽しみです☆

サマンサ | 2009年06月19日(金) 09:08 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/431-575a81f3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |