FC2ブログ

2009'07.06 (Mon)

オリオンの3つ星と 聖なる七夕

7月7日10時東南の空
↑7月7日22:00の東南の空、クリックで拡大してください。

7月7日は七夕です。
織姫と彦星が年に一度、出会う日。ロマンチックですね~。

いつもなから織姫(ベガ)がどの星で、彦星(アルタイル)がどの星か、
改めて見ることは少ないのかも知れませんが、お天気月良かったら、
織姫と彦星を探してみるのも良いかもしれません。

今年は、近くに満月がありますから、明るくて、観測にはちょっと向かない
かもですね。天の川も見えにくいと思います。

今年の七夕は特にオリオンのエネルギーが強く、また遠くエジプトを
感じさせてもくれます。先だって、「真夏のオリオン」なる映画が公開
されたのも、単なる偶然ではありません。

エジプト、ナイル河のほとり、ギザの巨大ピラミッドの3基の並びは、
オリオンの3つ星を地上に表現したといっても良い、精緻な配置と
なっています。

新たなる星たちを次々と生み出す、星の生産領域であるオリオンも
宇宙の母として神聖視され、地上に、そのひな型が造られました。


海の神・・・住吉三神・・・オリオン3つ星・・・ピラミッド・・・ナイル川・・・天の川


そこに流れるのが「水」のエネルギーです。

当時、アフリカにはシリウス(水の星)のエネルギーが身近な存在として
現れていました。

アフリカの原住民族ドゴン族は、巨大恒星シリウスAの回りを周回する、
小さなシリウスBの存在をも確実に捉えており、その周回軌道も、肉眼で
はほとんど見えないにもかかわらず、その様子を絵に描いています。

七夕は、アジアでは天の川を意識するイベントとして定着していますが、
7月7日、8月8日、9月9日は天の川に限らず、いずれも宇宙の意志と
つながるには相応しい日です。

この時期、シリウスやオリオンはほとんど見えませんが、確実にその
エネルギーは降り注いでいます。

聖なる七夕 7月7日は、18時21分、皆既日食前の今年最後の満月です。
次の新月になる7月22日は日本では46年振りの皆既日食(トカラ列島など
南西諸島の一部以外は部分日食)です。

その日に向けて、宇宙に意識を向けながら、この半月を過ごしたいですね。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking Air Ranking
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : オリオン シリウス ピラミッド 住吉三神

21:58  |  大宇宙の神秘  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

しろさん

ありがとうございます。

「海の」エジプト展、その名前にも、今年のエネルギーが現れています。

私は、カノ―プスの石像のひとつに、とても意識の通う像がありました。

天の川、それは星であり水の象徴ですね。
てんごく。 | 2009年07月07日(火) 21:40 | URL | コメント編集

てんごく。 さん
こんばんは。

シリウス・・・
古代エジプトではナイル川の氾濫をしらせてくれる星、女神イシスの星ですね~。
先日「海のエジプト展」で、長い間海の底に眠っていた女神イシスの像を見てきました。
ドゴン族のお話も、興味深いですね。
不思議なことは、いっぱいいっぱいありますね。

水と星のエネルギー。
大事にしたいです。

素敵なお話を今日もありがとうございました。
しろ | 2009年07月07日(火) 02:59 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/446-43ceb76c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |