FC2ブログ

2009'08.08 (Sat)

ペルセウス座流星群 極大は13日

Perseids.jpg
(c)Fred Bruenjes

光の夜空を飛び交う癒しの流れ星。ふたご座流星群、しぶんぎ座流星群と
並んで年間三大流星群と言われるペルセウス座流星群がいよいよやって
来ます。

今年のペルセウス座流星群はすごいですね~。

放射点は、北東の空から上がって来る、カシオペア座の近くにありますから
カシオペアを探してみましょう。

12日は夜9時半ころ、13日は夜10時過ぎに月が上がって来ますから
月の明かりで、観測条件は最高とは言えませんが、月とカシオペアの
間(カシオペア寄り)がペルセウス座ですから、そのあたりから四方八方に
流れる感じです。

放射点が高く上がって来る(つまり月も高いところに上がる)深夜が、
たくさん見やすいと思われます。


流星群の極大日は、8月13日。
1時間に50個程度は見られます。大流星群となれば1時間に100個くらいに
なるかもしれませんね~。しかし、これはその時にならないとわかりません。

毎年この時期に流れる流星群なので、一見、何も変わらないようにも見えますが、
今年は、昨年までより強いエネルギー帯を通り、光が放出されますから、精神性の
高まったスピリチュアルなヒーリングスターズとなるでしょう。

魂の段階によって、わかる人にはわかる、ということのようですね。

普通、流星と言えば一瞬で闇に消えますが、ペルセウスの流れ星はだんだん大きく
なって長く流れるものもありますから、それもひとつの楽しみですね。

ゆっくり願い事を唱えても叶う、ということです~。笑


お盆の季節でもありますから、田舎に帰省などされて、普段は見られない
流星を見られる方もいらっしゃるでしょう。

わたしは、いつものように、田舎の大地に大の字に横になって、星空を
見上げます。地球の大神さまに身を委ね、天を仰ぎ見ます。

ペルセウス座流星群は、極大日の前後1週間は数は極大日ほど多くは
ありませんが、そこそこ見られそうですから、お天気のよい日は、夜空を
見上げてみましょう。

高速道路1000円の日も多いですから、帰省されない方も、避暑を兼ねて
星のきれいに見える山里へ足を伸ばしてみるのも良いかもしれませんね。

とにかく、1年でいちばんたくさん流星を見ることができる流星群、それが
ペルセウス座流星群なのです。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
みなさんにペルセウス座流星群の光があまねく降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。クリック頂くと、とっても喜びます。 ^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログランキング【くつろぐ】
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ペルセウス 流星群 ふたご座 カシオペア

00:50  |  流 星 群  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/461-ffdf54e8

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |