FC2ブログ

2010'01.06 (Wed)

2012年12月21日、銀河エネルギー遮断!?



7日19時39分、下弦(太陽と月が90度)となり、そこから新月へと向かいます。

さて、以前blogにも書きましたが、温暖化は地球だけの問題ではないようです。

2009年、昨年も多くの人が感じ取ったように、太陽の光が強くなって来ました。
これは、私たちの魂の本体である「光」が強く大きくなったともいえ、ある意味
喜ばしいことでもあります。

2010年に入って、初日の出、満月の光などを観ると、その光が明らかに強く
なっているのを感じます。特に朝の太陽の光は強力です。

水星、金星の輝きも実際に増し、地球はもとより、火星、木星など、惑星の
ほとんどに温暖化現象が現れていると言われています。

木星の温度上昇は8度し、火星の北極の氷も溶け、温暖化しているそうです。
聞いたところによると天王星や海王星ではかなり大規模な磁場の変化が起こり
ポールシフト(地軸の移動)も起こっているといいます。

つまり、地球だけではなく、太陽系全体において、磁場が大きく変化し始めて
いるということです。

地球の自然現象をみても寒暖の差は急激に激しくなっており、今日のニュースでは
北海道での積雪が24時間で77㎝、吹雪で停車していた車がそのまま屋根まで雪で
埋まってしまい、111人が救助されたとのことです。

また、富士山の地下のマグマだまりも活動しており、桜島の噴火などをはじめ
日本以外でも活動が活発化しています。

ここ数年のスマトラ沖地震、四川大地震なども関連がありそうです。

やはり、太陽系の軌道がなんらかの高い磁場空間に突入しているというのは
事実のような気がします。これがフォトンベルトの影響なのでしょうか。

明らかに、10年20年前、その風情を楽しんでいた頃の日本の四季の緩やかな
移り変わりとは違う、極端な変化を感じます。


2012年には太陽系の惑星がすべて一直線に並ぶとかいろいろ言われていますが、
現段階の個人的な見解では、太陽系の惑星がすべて一直線に並ぶということは
起こらないと思います。

しかし、2012年12月21日前後に、銀河の中心と、太陽、地球が一直線になり、
銀河の中心からのエネルギーが遮断される、ということはどうやら実際に起こる
可能性がかなり高いと想われます。

その瞬間には他次元の壁が接近し、いわゆる次元のポータルが開き、異次元との
コンタクトができることになるようですね。

また、銀河のエネルギーが遮断されることにより、予想される影響は少なからず
ありますが、それはまた別の機会にします。

2012年の前後、11年周期で太陽の黒点が活発化する時期がちょうど重なるとも予測
されており、それが実現すれば、さらに大きな変化が訪れるとも言えるでしょう。

あと2年、もうカウントダウンが始まっています。

だからといってその時だけが重要なのではなく、今日、今、どう生きるか、その日
その時までの生き方のプロセスが、ひとりひとりにアセンションを呼び込むのです。

日和見(ひよりみ)主義、では、その上昇に乗ることはできません。
主体は私たち ひとりひとり なのです。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログランキング【くつろぐ】
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : アセンション 2012 マヤ歴 銀河 太陽系 温暖化 地球暦 ヘリオ

23:41  |  次元上昇  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/527-44b66092

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |