FC2ブログ

2010'02.04 (Thu)

日月の神と三輪山満月の奇跡

卑弥呼の墓と言われる箸墓(はしはか)古墳から少し歩くと、三輪山を
ご神体として祀る大神神社の大鳥居があります。

大神神社とかいて おおみわじんじゃ と読みます。

三輪山と大鳥居

大鳥居の後方左にあるのがご神体 三輪山 です。

宮島の大鳥居と同じくらいかな~、とにかく大きな鳥居です。

夕暮れになり、夕日がとてもきれいです。夕日に向かって祈ると
なんだか不思議な雲が立ち上るように現れました。

太陽とひふみ

なんだか、神様のおしるしのようですね。いつも神様はいろいろな形で
示して下さって、大変感動的です。

そろそろ日暮れも近づき、暗くなって来ました。

大神神社

インスピレーションに任せて、大神神社の正面から参道には入らず、
左に折れて、道なりに狭井神社(さいじんじゃ)の方に行ってみました。

狭井神社は、三輪山登山の申請をする神社です。明日の早朝から三輪山
登頂を計画しているので、まずはその場所だけ下見して戻ろうとしたところ、
高台になったとても見晴らしのいい展望台を見つけました。

日没と大鳥居

ちょうど夕暮れ、日没時で、西の空を見るとうっすらと夕焼けが空を染め、
眼下に町が一望でき、先程間近で見た大鳥居が小さく見えます。

日が沈んであたりがだんだん暗くなって来ました。

振り返って三輪山を見ると、山頂付近に明りがあり、神社でもあって、
明りがともされているのかと思ったのですが、どうやらそれはまったく
違って、三輪山の山頂から満月が上がってくる瞬間だったのです。

西に日が沈むと、同時に東から月が上がって来るのが、満月時の特徴です。
ホントこのタイミングと言い、この場所と言い、大いなる力を感じざるを
得ません。

三輪山山頂から満月

大神神社は別名 三輪明神とも言います。 三輪明神を分解してみると

「三輪(みわ)」=大神(おおみわ)  「明」=日+月  「神」=神社

となり、日月の神様も現れてきます。

そしてこの日たまたま満月。西に日が沈み、東に月が現れました。

また1月29日~1月30日、この2日間は

129=ひつく=日月の神  130(30)=みわ=三輪山  となります。

そこで、三輪山を挟んで、太陽の日没と、三輪山から上る満月を見ることが
できたのです。

本当に神仕組みは粋な計らいであり、また、背中がぞっとするくらいの完璧な
神仕組みの中に感動を与えてくれますね。 日々、驚きと感謝に堪えません。

こんなところにこんな抜群な風景を見られる展望台があったのも、そこに
誰ひとり他の人がいなかったのも偶然と思えません。

ありがたや、ありがたや。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログランキング【くつろぐ】
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング JRANK
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : スピリチュアル - ジャンル : 心と身体

タグ : 三輪山 大神神社 桜井 狭井神社

00:27  |  三輪山大神神社  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

飯干さん

ありがとうございます。

眼下の大鳥居や大和盆地が一望でき、太古の息吹が
聞こえてくるようでステキでした。

大鳥居の向こう側に日が沈み、振り返ったら三輪山から
満月が上がってきて、ホントびっくりしました。

書籍の紹介ありがとうございます。
てんごく。 | 2010年02月08日(月) 23:07 | URL | コメント編集

はじめまして。
大神神社の展望台大好きです。
包み込まれる感じですごく癒されます。

「生きて意識ある地球はこうして生まれた」
「ガイアその愛その光」
という本が五次元文庫から出ています。
てんごくさんくらい経験豊富であれば
すぐにビビッとくるのではないでしょうか。
是非々々お読みになってください。

飯干 | 2010年02月07日(日) 16:06 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/538-1cb6f43a

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |