2010'06.29 (Tue)

鬱病(うつびょう)についてのお伝え

神雲

ひふみともこ先生に、神界から下ろされた お伝え をお届けします。
今日は、鬱病について。 「神誥記」より。


******

(なぜ鬱病のような苦しみがあるのでしょうか。また、どうすればそうした
病気を治せるのでしょうか。お教えください。)

では教えん。病気というは、病気にあらず。神の与えし苦しみならず。

己の御魂の行を進めて、さらに昇華(しょうげ)の機会とせんと、
自ら求めてかかるものなり。

なれば鬱病、躁(そう)病も、同じ心の表裏。嬉しきときの昂揚と、
悲しきときの沈滞と、交互に現れ、自らの均衡保つ必要悪。

無理に治すは誤りなり。周りの心配、気遣いあらん。なれど先ずは、
自ら気付きて、己の欠けし均衡を、先ずは保ちて、鎮めんとせよ。

そもまた今は、困難ならん。己の意志には致し方なし。

なれば心を外に向け、己の心の瑣末(さまつ)な動きに、いちいち囚われ
こだわるなかれ。

心の隅に魔も入らん。小さきことに目を奪われて、大きな真理を見失うなよ。
最も大事な修養は、心の平安保つこと。外の世界に惑わされず、内の世界に
囚われず。

神のみ見つめて、従わばよし。神を信じて、導かれよ。
己のなすべき日々の行い。それのみ打ち込み、ひたすら動けよ。

よそに目を向け、比べるなかれ。己の道のみ、歩みを進めよ。
何も憂(うれ)いて悲しむなかれ。この世に生れし尊き命を、神に感謝し喜べよ。

この世の短き生ある今を、時間を惜しみて働けよ。
人への感謝も怠るなかれ。己を生かす全てのものに、素直に感謝し、謙虚に生きよ。

思い悩みは不満の証。神への感謝の足らざる証拠。
神への感謝に心を砕けよ。感謝できぬをまずは悟れよ。

神への不遜(ふそん)、人への傲慢(ごうまん)、よく見回して戒めよ。
心の苦しみ葛藤は、己の内より生まれるものなり。

人への感謝と神への感謝。それさえあらば恐るることなし。
必ず訪れ、保たれん。心の安寧(あんねい)、平安は。

さにて本日、すべての人への教えなり。
なれど自ら身近に感じて、己に向けし言葉と思えよ。さにて。


****** 以上です。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログの殿堂
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング ブログセンター ブログランキング【くつろぐ】
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : 神から人へ - ジャンル : 心と身体

タグ : 鬱病 うつびょう 躁病 躁鬱

22:57  |  神から人へ・神誥記  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

サマンサさん

ありがとうございます。

身近な人こそ、その存在は「いて当たり前」になりすぎていて
感謝を忘れがちですね。

自然でみても、太陽の光、雨、空気、といった「当たり前」の存在。
でも、それらがなかったらどうなることか。

そんな身近な存在に気付き、感謝すること。
そんな中にこそ、魂の昇華(しょうげ)のヒントがあるように
思います。
てんごく。 | 2010年07月02日(金) 01:33 | URL | コメント編集

てんごく。さん、こんにちは。

神様のお言葉は心に響きますね。
今回の記事も、なるほどと頷きながら読ませていただきました。

>人への感謝と神への感謝。それさえあらば恐るることなし

時々、夫へ感謝を忘れることがありますので、肝に銘じておきます☆
サマンサ | 2010年07月01日(木) 15:28 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/581-2e6099df

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |