FC2ブログ

2010'07.28 (Wed)

熱田神宮の元宮、氷上姉子神社

氷上姉子神社碑

当初、まったく訪れる予定もなかったのですが、ほんの一本の糸にたぐり寄せられ、
導かれるように、ここへの道は繋がっていました。

まだ早朝6時前。

氷上姉子神社(ひかみあねごじんじゃ)。約2000年の歴史のある古い神社です。

鳥居

三種の神器のひとつ、草薙剣(くさなぎのつるぎ)を祀る、熱田神宮
※熱田神宮では、草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)と言います。
ここはその熱田さんの元宮です(実は、さらにその元宮があるのですけれど…)。

その存在はあまり知られていません。

草薙剣(くさなぎのつるぎ)は、天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)とも言われ、
今でこそ、熱田神宮のご神体として有名です。

あの八岐大蛇(やまたのおろち)の尻尾から、素戔嗚尊(すさのおのみこと)
取り出した有名な剣ですね。

神社立札

その昔、日本武尊(やまとたけるのみこと)の妻となった宮簀媛(みやずひめ)が、
日本武尊亡き後、ここに草薙剣を祀り、その後、剣を熱田神宮に剣を納めた
ことから、ここは熱田神宮の元宮として崇められています。

姉子(あねご)とは、宮簀媛(みやずひめ)のことです。
※熱田神宮では、宮簀媛命(みやすひめのみこと)と言います。

拝殿を望む

桶狭間の戦いでも、徳川家康の城として使われていた大高城からほど近い
ところにあります。

氷上(ひかみ)も大高(おおだか)も、昔は、それぞれ火上(ひかみ)、
火高(ほだか)と言われていましたが、この辺りは火事が多く、氷上姉子神社が
火災にあったことから、それぞれの地名から「火」という字を消して、地名が
氷上(ひかみ)、大高(おおだか)に改められました。

拝殿額

拝殿は近代の再建の感じですが、この宮の結界は、はるか2000年の歴史を
感じさせる神気が満ちており、とても名古屋市内とは思えない落ち着いた
雰囲気でした。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : 神社仏閣 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : スサノオ ヤマトタケル ミヤズヒメ

23:18  |  氷上姉子神社  |  TB(0)  |  CM(4)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

べんてんさん

ありがとうございます。

それは、きっと、魂の記憶です。
神々のすばらしい波動をストレートに感じ、懐かしさがこみあげて
きたからだと思います。

熱田さんは、これからの時代、ひとつの中心となるでしょう。
草薙の剣も表に出てくるということですね。
てんごく。 | 2010年07月31日(土) 14:46 | URL | コメント編集

読んでいるだけで胸が熱くなり
何かがこみあげてきました。
なんだろう?
わからないままコメントさせていただきました

どこかの熱田神社へ行った記憶があるからかな~?
べんてん | 2010年07月30日(金) 20:29 | URL | コメント編集

nobu-rin さん

こんばんは。
コメントありがとうございます。

氷上姉子神社が産土様とは、恐れ入りました~。
ホント、まわりの喧騒から、結界が張られているのを感じますね。

桶狭間といい、なんだかご縁を感じます。

今後ともよろしくお願いいたします。^^
てんごく。 | 2010年07月29日(木) 22:54 | URL | コメント編集

こんばんは(^^)

こんばんは(^^)

この神社は、私の産土神社でございます。
車のとおりの多い道が近くにあるのに、この神社はその喧騒を他所に、まるで別世界。
昨年、初めて参拝させていただいたのですが、奥ゆかしい佇まいに、熱田神宮とはまた違った感覚を覚えました。

近々、再度参拝に訪れようと思っています。

ちなみに、実家が豊明の桶狭間古戦場近くなので、前回の日記に思わず反応してしまいました。懐かしかったです。
nobu-rin | 2010年07月29日(木) 19:20 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/593-7f23a17c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |