FC2ブログ

2010'08.03 (Tue)

草薙の剣はここにあった

光

氷上姉小神社は、熱田神宮の元宮です。

祭神は、宮簀媛命(みやすひめのみこと)。

その宮簀媛命がお住まいになった館の址が、実際にあります。

実は、そこを訪れるまで、私は、その場所が、神がお住まいになった
館址であることを知りませんでした。

そこは、東征を終えた日本武尊が、草薙の剣を持ち帰り、しばしの間
住んだ場所でもあります。

森の中の小路をしばし進むと、小高い丘の上に出ます。

元宮

そこには小さな祠があり、その隣には、宮簀媛館址の碑がありました。

ここが宮簀媛命のお住まいになった場所。

この丘から見る風景は美しく、当時であれば遠く、海までも見通すことが
できたでしょう。

宮簀姫館址

元宮の前は、自然のたたずまいの中に整地されており、本当にここに館が
あったんだ、と思えます。

ここにあの有名な草薙の剣があったのか。

そう思うと遠き昔に、歴史のロマンを感じずにはいられません。

光2

日本武尊は、伊吹山に発つ時、なぜ草薙の剣を持って行かなかったのか。

伊吹山の戦いで傷を負い、そのまま旅先、現在の三重県で日本武尊は命絶えて
しまいます。

武尊亡き後、妃であった宮簀媛命は、武尊の遺した剣をこの館で大切に護り、
最終的に熱田の杜に剣を祀りました。

それから今日に至るまで、草薙の剣は熱田神宮のご神体として崇められています。



今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 熱田神宮 ひふみ祝詞 氷上姉子神社

22:55  |  氷上姉子神社  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

つばささん

ありがとうございます。
氷上山の波動はステキですね。蝶は神の化身と言われています。

88感謝祭in富士でも、祭壇の周りをモンシロチョウが飛んでいました。
モンシロチョウって真夏にもいるのかな~?

関ヶ原、ひと山越えたら伊吹山ですね。
てんごく。 | 2010年08月10日(火) 00:45 | URL | コメント編集

先日、私も氷上姉小神社に行ってみました。
元宮のあった場所(まさに上の写真の所)で2羽の黒アゲハが舞っているのをみました。その光景がとても神秘的でした。v-353

こんな素敵な場所に導いてくださった、てんごく。さんに感謝・感謝です^^

ちなみに、その翌日は関が原へ行ってきました。
あとで気付いたのですが、関が原の近くに件の伊吹山があったのですね。(実は、あの辺りで道に迷い大変でした^^;) 


つばさ | 2010年08月09日(月) 16:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/595-482adea3

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |