FC2ブログ

2010'08.04 (Wed)

マコト と コトナリ

宮簀媛館址碑

宮簀媛館址の碑をじっくりと見ると、その表面に「誠」という光の文字、
その下に「代」という文字が見えました。

これはどうやら、

「これからは誠の時代になる。そしてその世は言葉によって開かれる。
人が切り開いた世の礎を元に、新しい誠の(神の)世へと進み行くのじゃ。」

ということのようです。

光3

そして、誠は真言(まこと)であり、真事(まこと)でもある。

誠は「まこと」、または「コトナリ」とも言い、言葉の波動が世の中の
現象を引き起こす、という意味もあることを教えられました。

なるほど~。

光4

神様の教えは深く、いつもながらに感心させられます。

私にとっては、非常に意味深い場所やエネルギーとの出会いとなりました。

いつの日か、また、訪れてみたいと思います。

氷上山

氷上山全景。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。


ブログランキングに参加しています。
下記の3つのバナーをそれぞれクリック頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 スピリチュアルランキング FC2blog ranking
クリックいただけると、とっても喜びます。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : ひふみ祝詞 いりはにほへと 氷上山

23:42  |  氷上姉子神社  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

カムナさん

ありがとうございます。
言葉は、人間が作ったと思われがちですが、それは神の手によって作られ、
人間が利用するようになったとのことです。

また、漢字からひらがなが作られたと言われていますが、正しくはその昔、
ひらがなが日本から大陸に渡り、漢字が作られる基となったそうです。

言葉は、本当に奥深く、それこそが神と言われる所以ですね。
言葉を読み解くと、いろんな謎が見えてきます。
てんごく。 | 2010年08月06日(金) 22:25 | URL | コメント編集

誠→言成→ことなり

これは深いですね。
カムナ | 2010年08月05日(木) 19:30 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/596-44677692

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |