FC2ブログ

2010'10.25 (Mon)

諏訪の依代 御柱(おんばしら)

諏訪の空

訪れた日の諏訪の空。

諏訪大社を全国的に有名にしているのは、なんと言っても 御柱祭 ですね。

御柱HPによると、

信州・諏訪大社では七年に一度の寅と申の年に宝殿を新築し、社殿の四隅にある
モミの大木を建て替える祭りを行います。この祭りを「式年造営御柱大祭」、
通称「御柱祭」と呼び、諏訪地方の6市町村21万人の氏子がこぞって参加する
天下の大祭です。

諏訪大社は上社と下社に分かれ、諏訪市に上社本宮、茅野市に上社前宮があり、
下諏訪町に下社春宮と下社秋宮があります。祭神として建御名方神と八坂刀売神
を祀り、東国第一の軍神として坂上田村麻呂や源頼朝、武田信玄、徳川家康らの
崇敬を集めました。現在では全国に1万社以上の分社があるといわれています。

御柱祭がいつから行われているのか定かではありませんが、室町時代の『諏方大明神
画詞』という記録に、平安初期の桓武天皇(781~806)の時代に「寅・申の干支に当社
造営あり」とあるのが最初の記録で、起源はさらに遡るともいわれています。

祭りでは、長さ約17m、直径1m余り、重さ10トンを超える巨木を山から切り出し、
人力のみで各神社までの道中を曳いて、最後に社殿を囲むように四隅に建てます。
柱を山から里へと曳き出す「山出し」が4月に、神社までの道中を曳き、御柱を
各社殿四隅に建てる「里曳き」が5月に、上社・下社それぞれで行われます。

諏訪の人々は氏子として全精力を注いで16本(4社×4本)の柱を地区ごとに担当する
のです。秋には諏訪地方の各地区にある神社(小宮)でも御柱祭が行われるため、
一年を通して盛り上がります。

とあります。

御柱は4つの宮に各4本ずつ、全部で16本。この諏訪大社上社前宮 にも4本の御柱が
あります。

     一之御柱
     前宮一之御柱。

神社本殿を囲むように、周辺の四隅に、各1本ずつ御柱が立てられます。
一之御柱は本殿に向かって右手前の角。直径1.2m、高さ17m。

二之御柱
前宮二之御柱。
同じ大きさの御柱。本殿に向かって左前の角。

三之御柱
前宮三之御柱。

本殿に向かって左奥の角。

四之御柱
前宮四之御柱。

本殿に向かって、右奥の角。

4本の御柱は、神社の結界を作ると同時に、神の降りる依り代でもあり、
諏訪大社のパワーの源を感じることができます。

テレビなどでは良く見るものの、こんな風に神社の四隅に建てられて
いるというのを知っている人は意外と少ないですね。


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking ブログの殿堂
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング ブログセンター ブログランキング【くつろぐ】
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m
関連記事

テーマ : 歴史雑学 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 御柱祭 諏訪大社 上社前宮

23:06  |  諏訪大社 上社  |  TB(0)  |  CM(2)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

木村太郎さん

ありがとうございます。
御柱祭、7年に1度の壮大なお祭り、ご神事ですね。
こういった祭りを大切にして行くことが大切なんですね。
てんごく。 | 2010年10月30日(土) 14:21 | URL | コメント編集

なるほど!

TVでは一部を見ますが、細かいところは
分からないですよね。
勉強になりました。有り難う!
木村太郎 | 2010年10月26日(火) 23:21 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/636-f660ea5c

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |