FC2ブログ

2011'04.04 (Mon)

地球と土星の直列に隠された真実

地球と土星の直列(オポジション)

連日のように重要なアスペクト(星の配列)が続いています。

今日4月4日は、太陽と地球、土星の直列の日です。

つまり、太陽が沈んだと同時に土星は東の空から上がってきて、夜中に南中、そして
夜明けとともに西の空に沈んでいきます。
土星の運び(天体の動き)としては、満月のようなイメージですね(昨日は新月です)。

昨日の新月を起点、つまりスタートラインとして、今週末10日の日曜日まで、
毎日のように惑星の直列現象が続き、宇宙と地球、地球と人類、すべての生命の
連鎖を考えると、この1週間の生き方がとても大切であることを教えてくれます。

それに加えて、若干ずれますが許容範囲内、ということで、太陽をはさんで
2月下旬に直列した木星と土星が、引き続き大きくみると直列をなしています。

木星と土星の直列は、試練と努力を乗り越えて新しい秩序に向かって社会が発展、
安定変わって行くような配列。

またその中に地球が挟み込まれて直列現象となり、試練→繁栄の具現化となりますから、
今こそ原子力発電の今後の方向性がそろそろ固められて、動き出していかなければ
ならない時期に来ているともいえます。

昨日の新月まで大きく考えて含めると、木星-太陽-月-地球ー土星 という配列に
なります。

月の裏側に土星

昨日UPしたこの画像の中心にある大きな月の裏側には、土星がすっぽり隠れており
今日、太陽、地球、土星の直列になっています。

いずれにしても、試練の中から学び、新しい気付きを得て、新しいスタートを切って
行かなければならないこの配列は、どう考えても原子力発電を暗示しているように
見えてしまいます。

しかし、それは単純に原子力発電所の問題を暗示しているだけではなく、私たち人類の
思考や行動、そして近代の新しい暦の普及によって、完全に忘れられようとしている
「時間のシステム」を再び蘇らせなければならない、そんな気がしています。


【NEW!! 4月、1回目更新しました!もっと知りたい限定blog】

■大震災はなぜあのタイミングで起こったか、その4つの理由
■新燃岳と東北関東大震災の関連
■今こそ私たちが進めなくてはならないこと
■4月末までの惑星の直列一覧
■4~6月の朔弦望(月のカレンダー)
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら

今日もご覧いただき、ありがとうございます。
訪れて頂いたみなさんに幸せの光が降り注ぎますように。

一日も早く被災地の復興が成し遂げられますように。
原子力発電所で復興作業に当たられている皆さんに心より敬意を表します。


下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking 【トレミー】人気ブログランキング
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング PINGOO!メンタルヘルスランキング
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング blogram投票ボタン
ブログセンター メンタルヘルスランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。
関連記事

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 原子力発電 13の月の暦 マヤ文明 土星が衝

19:21  |  惑星の配列  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/701-42b23ed5

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |