FC2ブログ

2011'04.14 (Thu)

太陽核爆発 神の領域とは



太陽黒点の増加や、太陽フレアの上昇は異常気象を引き起こし、地球の地磁気や
電磁波に影響を与え、私たちの生活に必要な環境を変化させて来ました。

これまでにも地球は、太陽の働きの活発化によって、そのような経験をたくさん
積み重ねて来ました。

それがどれくらい私たちの生活に影響を与えるか、わかっていたはずでした。

しかし、いつの間にか、忘れてしまいました。


神の国といわれた日本に押し寄せた地震と津波の被害。

その被害によって、街を流されてしまった被災地も復興に向けて歩み出している中、
引き続き、大きな問題を抱えているのが、福島の原子力発電所の放射能汚染。

原発は大まかに言えば、太陽と同じ、核融合施設。

神と崇(あが)めた太陽のなせる業(わざ)、それは神の領域であったはず。
なのに、人間は神の領域まで踏み込んでしまいました。

なぜ、太陽を神と崇めながら、神=太陽のなせる業を人間が行ってしまうのか。

人間は神ではありません。しかしそのことを忘れてしまったのです。

人間の欲は留まることを知らず、どこまでも果てしなく広がっていきます。

私たちは気づかなければなりません。

人間にはできないことがあることを。そしてまた人間には踏み込んではいけない
領域があることを。

原子力発電。

宇宙の根本であり、全ての物質の源である原子を人工的に作用させることは、
やめなければなりません。

なぜ原子力発電が、人間の領域ではないと言えるのか?

それは、原子力発電所から漏れ出る放射性物質を人間の力でコントロールできない
からです。放射性物質に打ち勝てる人間はいないからです。

どうにもできないようなものを、作ってはいけないのです。簡単なことです。

核戦争(原子爆弾)に反対といいながら、なぜ核(原子力)発電は容認されるのか。

少し考えれば、これは人間が手を出してはいけない領域であることが誰でも理解
できるはずです。

私たちに与えられた時間はわずか。今、この震災を受けて、この原子力災害の
対応の無力さを再認識し、もう一度考え直さなければならないのです。

逃げる必要のない、安全な発電方法に切り替えるべきです。


神の領域を侵してはなりません。

これまで、私たち人類が住まわせてもらって来た地球。

その地球から、私たち人類は、自分たちの都合で、石油や、宝石や、いろんなものを
エゴと我欲のために搾取し、値段をつけて販売してきました。

そこには大きな利権も発生しました。

もう、そろそろ目を覚まさなければ、本当に人類は、最後の時を迎えなければならない
時がやって来ます。

これまでも、ムーやアトランティスといった、高度に進化した文明が、ある日突然、
終焉(しゅうえん)を迎えました。

もう、私たち人類は犯罪者として神に裁かれなくても良いように、改心して生きる。

そして神の分け御魂として、新しい、自然と共生して発展して行ける世界、地球を
作らなければならないのです。

少し前の生活に戻って、自然と共生しながら、自然に感謝して生きる、そんな本来
人類が持つべき、普通の、当たり前の生活に戻ってはどうでしょうか。

それ以外、私たちの生きる道は、ありません。


上位版blog 更新しました。

■4月18日の満月も地球に大接近
■満月の夜の光の祭典【ウエサク祭】について
■2011年5月17日20:09の満月(ヴィジュアル)
■今年のウエサク祭で祈らなければならないこと
■大地震の夢と2009年に始まった火山の噴火ライン
■大地震の夢と中央構造線ライン
↓↓↓
てんごく。さんのエターナルワールドはこちら


今日もご覧いただき、ありがとうございます。
1日も早く被災地の復興が成し遂げられますように。
そして、訪れて頂いたみなさんに、銀河の中心より愛と光が届きますように。

下記のランキングに参加しています。
皆さんの1クリックがこのblogのエネルギーになり、次の記事へとつながります。^o^
にほんブログ村 スピリチュアルランキング Air Ranking 人気blog Ranking 【トレミー】人気ブログランキング
FC2blog ranking 癒しのスピリチュアルサイトランキング PINGOO!メンタルヘルスランキング
ブログランキング【くつろぐ】 ブログランキング blogram投票ボタン
ブログセンター メンタルヘルスランキング
こころより感謝いたします。ありがとうございます。 m(_ _)m

【携帯メルマガ】ちょいスピ通信byてんごく。
関連記事

テーマ : 宇宙・科学・技術 - ジャンル : 学問・文化・芸術

タグ : 太陽黒点 太陽フレア 原子力発電

20:05  |  神の計らい  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  ↑Top

Comment

コメントを投稿する


 管理者だけに表示  (非公開コメント投稿可能)

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://tengokuworld.jp/tb.php/709-cb2e0d4b

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲TOP

 | HOME |